kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

育毛剤を使い始める良い季節、抜け毛は減りました

4月 月桂樹

昨年の暮れ辺りから多かった 抜け毛の悩み から少しずつ抜け出しつつあります。12月から今日までの記事タイトルを観ていただくと分かりますが、いろいろと対策をしてました。それは物理的な方法ばかりだったのですが、今回の場合はメンタル的な部分からの見直し、自分の中のしがらみを取り除く ‘‘行動‘‘ によって抜け毛が減ったと言わざるを得ません。その ‘‘行動‘‘ とは 過去に使うことなど有り得なかった「育毛剤」の使用 です。

スポンサードリンク

●育毛剤は血流が促されやすい季節に使う

育毛剤を使い始める良い季節1

季節的にみても、この時期に対策を始めたことが良かったように思えます。3月~4月は気温も上がり、徐々に新陳代謝高まって血の巡りも良くなります。それによって髪を作る細胞の働きも活発になるのですが、これがもし寒くなる時期であれば、なかなかそうはいかないものです。

経験から確実に言えるのは、髪の発育は「全身の血行が良い状態でないと難しい」ということです。体の冷えが生じてしまう冬は育毛に適していない話をこれまで幾度か述べてますが、冬の間は育毛するよりも、抜け毛をいかにして少なくすることを常に考えてきました。

そして、髪の健康を述べていく上でのスキルアップとして、これまでに無かった「育毛剤」の使用。これは昨年から続いていた抜け毛の減少に役立ってくれていると、このごろ感じるようになってます。育毛剤を使い始めて40日 経ちましたが、抜け毛の量がかなり減ってきており、約半年くらい悩み続けた状態から抜け出せそうな感じです。なので今とても気持ちが高まっています。




●育毛剤が効くのにも理由がある

育毛剤を使い始める良い季節2

髪の健康は「全身の血行が良い状態」が維持されて髪にまで栄養が届くようになります。それは過去の育毛経験でみると100%明らかなことだと感じていて、それを伝えたく思い、このブログでは様々な方法を実践してきました。

そういったナチュラルな方法で育毛・抜け毛対策に良い結果を出してきたのですが、実際には長期の継続が必要で、結果が出るまでに時間がかかってしまうのがデメリットです。それだけに、今回の育毛剤の早い効果の表れには驚かされました。

育毛剤はチャップアップがメインとなっていますが、確実に作用している感じです。ただ、これを使用しただけで早急に抜け毛が減ったり、髪が生える・育つとは思えません。上記でも述べてますが、私の場合は 血流促進というのを強く意識して、実生活に取り入れていたため、育毛剤の効果もうまく作用した と自負しています。

産毛が濃くなったので、チャップアップに付属するサプリメントの効果もあったのではないでしょうか。ちなみに サプリメントにはフィナステリドに近い効果があるノコギリヤシが320mg配合 です。詳しくは公式サイトで確認されてみてください


注意:この記事を読まれる方へ
現在、管理人はチャップアップを使用しておりません。
詳しくはこちらの記事をお読みになってください。




●髪が増えた草彅剛さんが勧める方法を取りいれる

足湯3

抜け毛が著しく多かった数カ月前から強化していた‘‘血流促進‘‘をおこなう生活は、以下のことを意識しておこなうようにしていました。

・根野菜ばかり多く食べる、夏野菜は食べない
・冷えとり健康法を毎日おこなう(足を温める)
・アルコール、冷えた飲み物は一切とらない
・髪が育つ時間帯は必ず睡眠をとる(23時~3時)


これらの方法は以前から実践しており、過去の記事でも詳しく載せておりますが、今回は特に強く意識して取り組んでいたことが結果に繋がったようです。実はこういった方法は、健康マニアでもあるSMAPの草彅剛さんもおすすめしている方法 です。

草彅さんの髪が多くなったことは、たくさんの人がご存知だと思いますが、彼の髪が増えた理由は ‘‘冷えを取るようにして血流を良くしておく‘‘ ことにあります。それは実際に文化放送のラジオ「STOP THE SMAP」の中でよく語られています。そのことを知り、これまでの私の育毛法が間違いでなかった事がとても嬉しかったですね。

とにかく今は育毛剤を使用する、といった‘‘行動‘‘に踏み切って良かったと思っています。新しいことを始めるにも区切りとして良い季節ですし、ポジティブに行動しやすい。育毛をする・育毛剤を使い始めるにはとても良い季節なのではないでしょうか。

今回のような結果が出れば、とても清々しいですし、継続のモチベーションにもなります。冷えが生じやすい冬ではなく、暖かい今だから始めるべき事なのかもしれませんね。育毛剤使用は今後もじっくり取り組んでいきたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク