kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪にたんぱく質を入れる効果、ゆがみ対策にシャンプーを選ぶ

WS000020.jpg

健康的な髪を維持するために「たんぱく質」 はとても大切なものだと思います。
髪を綺麗にする効果は当然として、髪を育てるにも欠かせないものとされています。
なでしこジャパンの澤穂希(さわほまれ)選手は髪にたんぱく質を入れているそうですが、
激しいスポーツでもあるサッカー選手なのにとても髪がきれいなのです。

スポンサードリンク


●髪に過酷な環境でも髪がツヤサラな理由

負けない自分になるための32のリーダーの習慣


サッカー観戦が好きなこともあって女子サッカーもたまに観るのですが、
いつも思うのはサッカー選手のヘアケアについてです。男子サッカーについては薄毛ネタとして、
色々記事にしていますが、女子選手は何故、髪が健康的なのか不思議に思う所がありました。
そして特にそれを思うのが日本代表MFの澤穂希(さわほまれ)選手です。
常にピッチ上にいるという環境なので、紫外線の影響もあり、決して髪に良いとはいえません。
髪・頭皮への負担や、ヘディングをすればその衝撃による傷みだって当然にある訳です。

なのに何故、澤さんの髪は ‘‘つやさら‘‘ をキープしているのかと。
そこでいろいろ調べてみると澤さんは美容室で髪にたんぱく質を入れているとのことでした。
たんぱく質を髪内部に補充する「たんぱく質トリートメント」ですが、
髪の90%はたんぱく質で出来ている事を考えると効果はそれなりにある訳です。
通常、髪にたんぱく質を入れるのはパーマやカラーリングなど意図的な施しによって、
起こってしまった髪の傷み処置におこなう場合が多いです。




●アイロンやドライヤーで起こる「ゆがみ」

Hair iron2


ですが実際はそれだけでなく、髪が傷む要因はどんな行動にもある訳です。
例えばヘアケアに欠かせないドライヤーの使用でさえも多くの場合、髪を傷めている事が多いです。
そういった髪にかかってしまうストレスが繰り返されると艶が無くなってしまったり、
うねってしまうようになる訳ですが、これらは最近よく耳にする「ゆがみ」のせいともいえます。
例としてドライヤーを使用する場合でいうと髪の「ゆがみ」は特に起きやすいと思います。

髪の毛の主成分といえばケラチンというたんぱく質ですが、
このケラチンにはシスチンとよばれるアミノ酸が豊富に含まれています。
ですがケラチンというのは熱に弱く、急激な温度差に耐えることが出来ないので、
アイロンやドライヤーで急激に熱を加えるとたんぱく質がダメージを受けてゆがんでしまい、
流出するという事態が起こってしまう訳です。これが俗に言う「ゆがみ」ですね。

ゆっくり時間をかけて乾かせば「ゆがみ」は修復されるのですが、
急激に乾燥させると修復が追い付かず、
たんぱく質がゆがんだままになってしまいます。ここは注意すべき点です。





●キューティクルが浮くとたんぱく質が流れてしまう

Hair iron1


これ意外にもさまざまなパターンで「ゆがみ」は起こり得るといえるのですが、
普段の髪のお手入れが行き届いていて、キューティクルがしっかりした髪であれば、
そこまで心配はいらないのです。ただ私の場合でいうといつもしている石鹸シャンプーによって、
キューティクルがめくれあがったり剥がれてしまったりという事態はたびたび起こっている感じです。
そういった状態になるとキューティクルが浮いて、髪の毛の内部を守る事が出来ませんので、
たんぱく質が流出してしまって「ゆがみ」が発生してしまうということですね。

そういった場合、美容室でおこなう「たんぱく質トリートメント」は有効です。
髪の表面もコーティングしてタンパク質を髪内部に補充・浸透させますので、これ以上のダメージが
進まないように処置してもらえます。料金は私の住む地域で1000円程度です。
髪の傷みが気になる時はヘアサロンを利用する数回に一回してみると良いと思います。




●「ゆがみ」の対策としてシャンプーにこだわりを

HIMAWARI2


上記で述べたように「たんぱく質トリートメント」というおすすめもありますが、
「ゆがみ」の対策として何よりも大切なのは普段のヘアケアにあるといえます。
ここでは特にシャンプーの質にこだわってほしいと思いますが、
シャンプーで私がおすすめしたいのはアミノ酸系のシャンプーです。
さらにいえば成分中に 加水分解ケラチン・加水分解コラーゲン・トレハロース が入っていると、
たんぱく質がとても補われるようになり、髪の毛の修復がされやすくなります。

とはいってもそういったたんぱく質をケアできるシャンプーは少し高値でもあります。
そこでリーズナブルに済ませたい場合は、クラシエのHIMAWARI をおすすめします。
こちらは比較的安価でありながら、アミノ酸系シャンプーです。
「髪のゆがみ」に着目したシャンプーなのでそれなりに効果は期待できるように思えました。
使用してみましたが、ひまわりオイルが髪にうまく作用している感じでしたね。
→尾野真千子CMシャンプー・ディアボーテ HIMAWARIの口コミと解析




関連記事

スポンサードリンク

- 2 Comments

窓  

薄毛を治すのも髪の毛をきれいに維持するのも大変なのですね><
ドライヤーはなるべく遠くからかけたり、カラーを入れないようにしたりと努力はしているのですが…
アミノ酸系のシャンプーでゆがみを補正、覚えておきますね^^

2014/05/18 (Sun) 23:26 | EDIT | REPLY |   

管理人  

窓様、ご訪問とコメントありがとうございます。

髪に関するトラブルは色々あって大変ですよね;
髪の毛に優しいものは基本的に頭皮にも優しいといえますが、
そこに髪の毛があってこそ悩める問題なのかな、とも思えます。

この記事では、髪に直接たんぱく質が作用することを取り上げてますが、
髪の毛の存在というものを前提にすると体内に摂り入れる、
「たんぱく質」というものを重視した方が良いのかもしれません。

肌にしろ髪にしろ人間を覆うものはたんぱく質が一任しているので、
とにかく大切な成分であることは間違いないと思います。
そのたんぱく質を、いかにして吸収よくするのかがポイントですが、
その辺を考えて生活すると、知恵がつき、髪の健康に役立つようです。

経験でしか述べれませんが参考にして頂くとありがたく思えます。
ぜひまたご訪問くださいませ。ありがとうございました^^

2014/05/20 (Tue) 14:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。