kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青汁の育毛・発毛効果を考える、体質によって副作用も

青汁1

青汁が健康に良いことから 育毛や発毛にも有効 だと思う人もいるのではないでしょうか。
実際には髪の毛の発育に直接働くことは無いようですが、決して悪いものではないと思います。
ただそれは普段の食生活や体質によって得られる効果も幾分変わってくるような感じです。
私の場合などは滅多に取るべきものではない といえますが、その理由を述べてみます。

スポンサードリンク


●青汁による髪への効果とは

ケール

青汁といえばさまざまなメーカーのものがありますが、基本は緑黄色野菜の搾り汁です。
多くみられるのがケール・大麦若葉・よもぎ・明日葉などを素材にしたものですね。
これらの素材は髪に良いビタミンやミネラルが豊富に含まれ、デトックスや血流促進効果のある
食物繊維も非常に多く含まれている訳です。青汁は血液をサラサラにするとよくいわれますが、
その辺は育毛や発毛に活かされるとは思います。決して意味のないものではありません。

青汁のデトックスや血流の促進効果というのを詳しく述べてみます。
青汁のデトックス効果によって体の中に溜まってしまった不要物(毒素)が排泄されるようになります。
そうすると体全体の血流の流れが良くなりますので、頭皮の毛細血管も活発になり、
毛母細胞に酸素や栄養が届きやすくなるため、髪の毛の成長が促される という感じです。
血流促進が大切であることは、過去に散々述べてきている訳ですが、本当に大切です。
例えいくら効果のある育毛剤を使っていたとしても、これが出来ていないと髪は育ちにくいのです。




●私が髪の為に青汁を避けている理由

ニンジン・ゴボウ きんぴら_z

ですが、そんなことをいう私は青汁が大の付くほど苦手なのです。
ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ミネラル・カルシウムが多く含まれ、
青野菜の中でも抜群の栄養があるとはいいますが、苦味や青臭さがとにかくまずいです。
それに加え、冷えやすいという体質上、青汁を飲むとお腹を壊す副作用が実際にあったので。
体の冷えにも青汁が良いという意見もありますが、私の経験ではそれはまずありません。

そもそも青汁は素材のほとんどが葉野菜ですから体を冷やすことは当然と考えられます。
私が何故、根菜類を多く食べて、葉野菜を避けているのかを知ってほしいと思います。

「根野菜は体を温める性質」があるので、それによる血流の促進の効果が得られる
「葉野菜は体を冷やす性質」があるので、根野菜とは逆の効果が作用してしまう


そういった事でいうと青汁ではなく、体を温める ゴボウ茶 の方が育毛や発毛に作用すると思うのです。




●冷える体質には× 冷えない体質には○

c_3.jpg

青汁は液体なのですが、さらにそれを冷やして飲むのですから、冷えを生む「陰」の強い食となります。
冷えはまず避けるというのが私の育毛スタイルなので 冷えてしまう‘‘青汁‘‘ は好ましくないのです。
ただそれは私の場合であり、私と同じような体質の人であればの話です。

冷えない体質・動物性食品を多く食べるような人の場合は青汁はとても良い とされています。
肉などの動物性食品は体を酸性に傾け、血流を滞らせる訳ですが、
その酸性を中和するためにアルカリ性の強い葉野菜を摂ればちょうど良いバランスになるのです。
そのために葉野菜を多く使った青汁を飲み、血流促進ができることは有効なんですね。
陽性に傾いた体質を陰性に戻してあげる ということです。私の体質でみればまったく逆なのですが。

なので、青汁での育毛・発毛効果は体質によって違ってくると思います。
髪の健康にも良いからといって闇雲に青汁を飲むことはあまりおすすめできません。
青汁など健康食品を摂るのであれば、私的にはクロレラ、もしくはスピルリナがおすすめです。
クロレラ、スピルリナは青汁と同じようにビタミンやミネラルも豊富ですし、髪に必要とされる
良質なたんぱく質も含まれています。錠剤で飲みやすいので、青汁よりもこちらが良いですね。



関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。