kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

頭皮への紫外線、日焼けで抜け毛・薄毛にも その予防と対処法

紫外線3

少しずつ気温が上がり夏に近づいています。徐々に頭皮のケアも念入りになる訳ですが、ほとんどの時間、店内で過ごす私にすると外に出た時の紫外線がとても気になってしまいます。とはいっても紫外線で肌を傷めるのが気になるのではなく、頭皮への影響が非常に気になるのです。それを気にする人は少ないようですが、頭皮の日焼けは抜け毛や薄毛を招くこと もあるのです。

スポンサードリンク

●紫外線~炎症~皮脂酸化~抜け毛の悪循環

紫外線1

顔の日焼けを気にする人は多いのですが、意外と盲点になっているのは頭皮の日焼けです。
髪の毛に隠れている部分なので日焼けはしにくいと考えがちですが、
頭頂部などは実際に顔の2倍~3倍の紫外線を受けているといいます。
春から初夏にかけて肌は紫外線への抵抗力が鍛えられている状態なのでまだ強くはありません。
ここ数日の様に晴天で気温が高いときの日焼けは、頭皮にも大きなダメージがある訳です。

頭皮も体の皮膚と同様にたくさんの紫外線を浴び続けてしまうと炎症が起きます。
頭皮は確認しづらいので分かりにくいのですが、痒くなったり赤くなったりします。
痒いからといって引っ掻いたり、強くシャンプーするとますます炎症がひどくなる訳ですが、
それ以外にも 紫外線は頭皮のバリアである皮脂を酸化させてしまうこと が問題です。
暑くなると汗も多くなりますし、雑菌が髪や頭皮につきやすくなります。それが皮脂と混じってしまい、
強い紫外線があたると皮脂は過酸化物質となり、毛穴で炎症を起こすという感じです。
結果、そういった悪循環が髪の発育を妨げて抜け毛や薄毛の原因にもなる訳です。




●紫外線から頭皮を守る、おすすめの予防・対処法

紫外線2

皮脂の酸化を予防する為には、なるだけ紫外線を避ける事が好ましいのですが、
頭皮の場合は顔や肌のように日焼け止めクリームを塗ることはできません。
なので、頭皮用のUVケアアイテムをうまく活用します。
帽子を被るのも良いのですが、おすすめは頭皮用のUVカットスプレー です。
最近では頭皮を髪や頭皮への影響を考慮してノンシリコンのものが多くありますので。

その他の対処法としては、髪の分け目を変えるなどした方が良いと思います。
分け目がいつも同じだと、その部分の頭皮が常に紫外線にあたり続けることになりますので、
なるだけ同じ分け目にしないで、毎日少しずつ分け目の位置を変えるなどをおすすめします。
→前髪の分け目が薄いときの紫外線対策として分け目を変える
あとは抗酸化作用を持っている果物や野菜を摂るようにします。ビタミンEなどですね。
そして傷んだ肌の修復に有効でもあるタンパク質を摂るようにします。
ビタミン類とタンパク質の摂取バランスが良い状態であれば、頭皮の大きなトラブルは起きにくいです。

夏の皮脂量は冬に比べ2倍ほどあるとされており、男女問わずかなり分泌が多くなります。
それを理解した上で、今後の頭皮の日焼け対策に活かせてもらいたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク