kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

ドライヤーの冷風は頭皮に悪い?雑菌を避ける為の使い方

DSCN0284.jpg

入浴後、髪を乾かさずに過ごす というお客様に質問を受けましたので回答してみます。冬はドライヤーを使用するけど夏は暑いから使わない、ほぼ冷風のみの使用で温風は使わないということについて。気温が高い時期のドライヤー使用は暑苦しいのは理解できますが、頭皮に悪い影響があったりするのでちゃんと乾かせたほうが良いと思います。特に梅雨時期~夏は要注意。その理由を述べてみます。

スポンサードリンク

●高温多湿の時、頭が匂うと思ったら注意

ドライヤーの冷風は頭皮に悪い?雑菌を避ける為の使い方

女性の場合なら髪を乾かすのにドライヤーを使わない人はあまりいないと思います。髪を乾かさずにいると髪は傷んでしまいますし、何よりも濡れた状態が気持ち悪いので。

ですが男性の場合、髪は長くないのでそのまま 自然乾燥 させようとする人が結構いるのですが、そこはドライヤーの温風でしっかり乾かすようにされたほうが良いと思います。温風は暑いからといって自然乾燥しようとしたり、冷風ばかり使って乾かすのは良くないです。

夏にそれをすると体感的に涼しくて気持ち良いのですが、その状態は決して良いとは言えません。それは、髪や頭皮に必要以上の水分が残っている状態 で、その水分もいずれ乾ききって無くなるのですが、それまでの頭皮は蒸れた状態にあります。その状態は雑菌が繁殖しやすい状態で頭が臭くなることがあります。(酸っぱい感じ)

1年の中で梅雨の時期~夏にそれが起こりやすく、頭皮の臭いを感じたら要注意です。その匂いも自分では分かり辛かったりするので、対策がなかなか難しいですね。特に「枕がくさい」などの状態は避けたいと思ったりします。頭皮の臭いを自分で気付きにくいのは何かと問題で、他人にもちょっと迷惑をかけることもあります。
→ ノープーで臭いと言われる前に知っておく「過酸化脂質」の危険性



●頭皮のカビを避けたいのでユーカリオイルを使用する

ユーカリラディアータ5

高温、多湿、紫外線の影響などがあると「マラセチア」というカビの一種が増えますが、この時期に脂漏性皮膚炎が多くみられるのは、そのような頭皮のカビが原因だったりします。

脂漏性皮膚炎と脱毛症状を併発するケースがたまにありますが、育毛や抜け毛対策をおこなう上でそれだけは避けたいと思いますね。仕事上、脂漏性皮膚炎はよく目にするのですが、これになると育毛どころではありません。私個人の対策としては、ユーカリオイル が予防として有効なので、最近よく使うようにしています。



●いちばん良いと思う冷風の使い方

dr2.jpg

要は、髪・頭皮を傷めないように乾かしてしまえば何の問題もないのですが、ドライヤーの冷風を使う時は目的をしっかり理解しておいた方が良いと思います。冷風だけで乾かすという事に特にメリットはありません。まず髪の毛に対してはダメージを受けやすい、というところが挙げられます。

髪の毛が濡れている状態というのは傷みやすい状態 といえますが、温風と違って冷風は乾くスピードが遅すぎるので、効率的にも良いとはいえないのです。頭皮に至っては上記で述べたように雑菌が繁殖しやすく、トラブル原因になったりします。

どうしてもこれをするのであれば、事前準備としてタオルを使って頭皮の水分を取っておくようにします。そしてドライヤーの温風で乾かしますが、完全に乾かさず70%くらい乾燥させます。温風で100%乾かせてしまうと、髪も水分不足になりますし、頭皮にも良くありません。なので 70%くらい乾燥させ、そこで冷風を使うようにします。残りの30%を冷風で完全に乾燥 させます。これをすると髪のキューティクルも引き締められますし、髪型が整いやすくなり艶も出ます。

髪の毛にも頭皮にも良いと思うので、冷風を使うときはこの使い方をおすすめします。

スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク