kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

過度のエアコン使用が薄毛の原因

頭を冷えた冷房に晒すと、薄毛・脱毛の原因になる恐れがあります。


スポンサードリンク

節電の夏と言われてますが、
お店を構えて営業している以上
ヘアサロンは癒しの場所でもあります。
電力不足による停電だけはなるべく避けたいところであります。


店内のエアコンの温度を高く設定して
寒くならないようにしていますが、
お客さんをカットしている中にふと気付いたことがありました。


それは
 
薄毛・脱毛している人は頭皮が冷たい 

ということです。



私のお店のエアコンは天井埋め込み型で
理容椅子の場所によっては、たしかに冷えることがあります。


しかし普通の毛量のお客さんの頭皮は温かいことが多いのです。
そしてやはり、
薄毛や脱毛しているお客さんの頭皮温度は
少し低い感じがあります。



ある毛髪研究では薄毛や脱毛している人の
頭皮温度(接触温度計による測定)は、
低いとう事が明らかになっているようです。


私は多くのお客さんの頭皮を触ってきた感想として
毛髪研究の結果と同じように、
薄毛や脱毛している人の頭皮温度が低い
ということを実際に確認しました。



薄毛・脱毛している人の頭皮温度はおよそ26℃~28℃くらいといいます。
普通の毛量の頭皮温度はおよそ36℃前後ほどあります。

この数値をみればかなりの温度差があることがわかりますよね。
頭皮温度が低くなると、薄毛や脱毛が起こりやすくなる と私は思います。




理論的にいうと

頭皮温度が低いということは
頭皮の血行不良や毛母細胞の活性が鈍る
ということが考えられます。
頭皮が血行不良だと毛母細胞に酸素や栄養が十分に行き届きません。
毛母細胞に必要な栄養が不足していると
貧弱な弱い髪の毛しか生えてこなくなり、
ヘアサイクルに反して早期に抜け毛が起こってしまう、というものです。


暑い夏は薄毛・脱毛の対策として
頭皮に脂・汚れを溜めないように涼しい場所で過ごす人も多いですが、
それが行き過ぎると頭皮の環境にも良くなかったりします。


私の見解ですが エアコンから出る冷風には注意が必要 です。

薄毛・脱毛している人の頭皮温度は
およそ26℃~28℃くらいと書きましたが、
実際はもっと低く冷たくなっているように感じました。


これは私としてもお店の営業として良いものではありませんので
エアコンの風がなるだけ直接あたらないように風向きを変えました。

そうすると店内にて頭皮温度が低くなってしまうことが、
かなり改善されたように思えます。



理容室・美容室に行かれて椅子に座ったときに、
頭が寒い・冷たいと感じたら

・ 風向きを変えてもらう
・ 風量を弱くしてもらう
・ 設定温度を上げてもらう


など要望してください。
薄毛・脱毛の頭皮に対してやさしいものとなります。




そのエアコンと同じように頭皮を冷やすものとして
  「ヘアトニック」 「冷やしシャンプー」  などがあります。


私のお店ではシャンプー後の「ヘアトニック」の使用は
希望される方以外には使っていません。

そして、あちこちで人気の高い「冷やしシャンプー」の使用もやめました。




実際の薄毛・脱毛の対策として
「ヘアトニック」「冷やしシャンプー」の使用は良いものでしょうか?
この2つは営業用としては良いものかもしれません。



そして

「ヘアトニック」「冷やしシャンプー」 に
”育毛・薄毛対策に効果はあるのか”
”薄毛や脱毛の危険性はないのか”



これを明日記事にしたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事

2 Comments

ジョータロー  

No title

kame38こんにちは。

この前髪を切りにいったときに冷やしシャンプーやってもらっちゃいました(^^ゞ

頭皮の温度が下がるとは盲点でした!

2012/08/08 (Wed) 00:39 | EDIT | REPLY |   

kame38  

No title

ジョータローさんこんばんは!
冷やしシャンプー、非常に気持ちよくて、人気がありますよね^^

これに育毛効果あるのなら申し分ない
のですが…。

訪問&コメントありがとうございました^^

2012/08/10 (Fri) 01:03 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク