kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

管理人プロフィール

2016.2.19更新(2013年5月18日初掲載)
s_kame38プロフ1

kame38@BLOGは、理容師・亀井のパーソナルブログです。ハンドルネームは、もじっています。38は年齢ではなく、散髪の‘‘38‘‘です。当ブログは「育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~」が正式なサイト名ですが、名前が長すぎて愛着が沸かない為、kame38.BLOG としています。

スポンサードリンク

kame38-purofi-ru1.jpg
kame38

九州南の田舎町に住む理容師兼ライターです。農作物が豊かな地元の利を活かし、菜食を中心としたマクロビオティックの実践に挑戦するも、ヴィーガンの思想について行けず断念。それでも自称ピュア・ベジタリアン?であることの経験が、自身の発毛・育毛に大きく影響していたことを確信。宮迫さんに負けず劣らず髪が回復しましたが冷えると抜け毛の多さに愕然とします;このような経験を活かすべく、現在大手スカルプシャンプーメーカーが手掛けるメディアサイトにて独自のヘアケア論を執筆中。その他、健康雑誌での掲載など「髪のブロガー」として評価をいただいてます。

当ブログの内容は、大別すると以下の通りになります。

・ 髪の健康について実践研究
・ 髪の健康に生かせる食の解説
・ シャンプーなどヘアケア製品のレビュー
・ 若返りなどアンチエイジング全般

シザー

23年間理容師を生業としています。ただそれは決して私の生き甲斐とはいえません。最近になってやっとわかった事、それは今の自分の価値というものです。2012年の夏から当ブログを更新、最近は毎日約3000人の方が訪問してくださり、情報の発信が悩んでいる人の手助けになっているという自分の価値を知りました。

生業は理容業であっても、本当に生き甲斐だと感じるのは決してそこではありません。多くの方が観てくださる、このブログこそが自分の価値を感じる場所だと分かったのです。ただ、そんな自分に気付くまで、本当に大切に思えるものをたくさん失ってしまいました。

いまの私は必ずそれらを取り戻す、それだけを考え毎日を頑張って生きています。人の信用、健全な心・身体を取り戻す。そんな私に課されたミッションは、「豊かな心、髪・健康を育み、幸せになる。」 このように思っています。

いつか本当に幸せになれる、それまでの道のりを私と一緒に歩んでもらえませんか?指が動かなくなるまでは、このブログを育てます。今後もよろしくお願いいたします。




●運営者の略歴

ハンドル名 : kame38
本名 : 亀井 貴史
1973年2月生まれ。丑年、水瓶座、A型。大阪府出身。九州南部に在住。42歳。

過去を振り返ると、何故このように執筆しているのか理解出来るようになりました。

kame38プロフ2

・ 出生は大阪府。日本が好景気の中、理容店を営む両親の元で生まれました。大勢の人と絡むのが苦手。独りで遊んでいることが多かったのですが、特に誰かといないと寂しいということはなく、独りでいる方が気楽で居心地が良かったのです。

・ 小学校時代の趣味は魚釣りと鉄道観覧。釣った魚や線路脇で写真をよく撮ってました。それを冊子に貼りつけ、自身の解説付きの図鑑をたくさん作り、自己満足していました。今思えば、この頃から好きな物を研究したり、それを執筆する楽しさを知っていたのでしょう。卒業文集には「将来、鉄道員か評論家になる」と記載されています。

kame38プロフ3kame38プロフ4 

・ 独りでいる気軽さ、好きな事を追求する楽しさがエスカレートし、8歳で単独の旅に出ようと決意。釣竿を背負い、大阪~和歌山まで鈍行列車の旅を決行しました。良い経験はしたものの、旅の費用は親の財布から抜いたことが判明。厳しい体罰を受け、親とお金の怖さを知りました。

・ スポーツは球技がまるっきりダメでしたが、なぜか水泳と長距離走はかなり得意。肺活量と脚力があったのか、学校代表や学年代表で市の大会に出場。賞を戴いたこともありました。そして中学生になるタイミングで、父親の故郷でもある宮崎県へ引越しします。

・ 中学生になってこれまでと一転、ソフトボールやサッカーなどクラブ活動に没頭。いずれもレギュラーになれず補欠要員。団体競技が自分に向いていない事をあらためて実感します。これらは自分が選んだのではなく、球技が好きだった親の希望だったと理解しています。これに対し、自分を主張する勇気が当時の私にはなく、それらは後の将来に大きく影響してしまいました。

kame38プロフ5

・ 高校進学前に少しずつ将来を考え始めます。親が理容師ということで息子にも当然の様にその道を勧めます。幼い頃から「お前は散髪屋になれ」と常々言われていましたので、それを受け入れるしかありません。ここでも自分の希望を主張する事が出来なかったのです。その時、やるからには徹底するという覚悟はできてました。自分にはこれしかないと。ただ、そのあたりから親に対する不信感も同時に芽生えてしまったような感じがしています。

・ 私立高校に入学するも、なぜか学科は調理科で和食・洋食を専攻。これを選んだことに何の意味も無く、作って食べれるという事が唯一の楽しみだったと思います。将来、調理師になるという希望はこれっぽっちもありません。ただ、物を作ることは好きなので、当ブログ内の髪のレシピ記事をみても、それが活かされているように思えます。高校に通う目的が見当たらない中、2年間通い続け、成るべくして中退しました。

理容師免許証

・ 高校中退後、直ぐに理容専門学校へ。試験も無く、面接のみの入学です。当時は今と異なり、昼間過程1年で国家試験の学科を受け、インターン制度を利用するというややこしいものだったのですが、試験自体はそこまで難しくはなく、特に目立った学歴を持たない私でさえも初回で理容師免許を取得することができました。




●理容師になる

・ 理容学校卒業後は生まれ育った大阪に帰阪。理容師の修業を本格的に始めます。ちょうどこの頃、ジュリアナ東京など流行がありましたが、バブル真っ盛りの時代でした。

kame38プロフ5

・ 理容業界も繁栄。輝かしい時代を象徴するかの様に、いかに格好良く仕上げるか?それがヘアサロンに求められていて、最近の様にスカルプケア(頭皮ケア)なんてサービスはほぼ皆無だったのです。今の様に頭皮を労わるシャンプーなどありません。皆がお金を持っているので、美味しいものを食べ、毎晩飲みに出かける。それは私も同じでした。そのせいで抜け毛がかなりあった事を覚えています。事実、多くの人の髪の薄毛が進行しているのに、誰もが気付かないフリをしている。

当時の世の中の流れをみて、これから皆の髪はどうなってしまうか。それを考えるのが本当に怖かったのです。毎日髪に携わっている理容師として本当に行なうべきサービスはこんなのじゃない...と数年間思いながら毎日の仕事に従事。それらの事が理由でお店を辞めました。後にバブルは崩壊。数年後には阪神淡路大震災という最悪な状況を迎え、私は路頭に迷ってしまい、生まれ故郷で愛おしく思う大阪を出ることを決めました。

kame38プロフ6

・ 親の故郷である宮崎に戻り、いくつかの理容店に勤務。一般の理容店、デパート内理容店、さらに低料金チェーン店で勤めました。そんな多くの経験を買われて、県警察本部の理容衛生業務を受け持つ事になります。理容師として誇れる事ではあったのですが、良いお給料を貰っても私の価値観に何も反映されません。ただ漠然と2年間をここで従事して、何の未練もなく辞表を提出しました。

・ その後は完全に自分を見失ってしまいます。いったい何がしたいのかよく分からなくなり、理容師を辞める方向で物事を考えました。上記で述べているように、親に従って理容師になるというプロセスそのものが間違ったものだったのではないかと。なぜこれまでずっと自分の主張ができなかったのか...そういう感じで、みずから精神的に追い込んでしまい、現実逃避に走ってしまいます。




●フリーターになる

kame38プロフ8

・ 理容師を辞めてフリーターになります。自分の弱さから現実と向き合わずただ漠然と放浪。毎日、海に出掛けサーフィンをしていました。精神面の乱れ、生活習慣の乱れは既に極まっているような感じだったので、この時期の抜け毛の量は半端ではなかったですね。

過去の髪の状態

・ ハワイのオアフ島に数ヵ月滞在。幼少期のエピソードと同じく、また突如旅立ちました。過去に数回訪れているものの、この時は行き当たりばったりの旅でお金もあまり持っていません。

kame38プロフ7

・ 完全なバックパッカーだったので、安いドミトリーに泊まり、たまに車中泊。しかしそのおかげで同じバックパッカーやたくさんの現地の人と知り合い、笑顔を分けてもらいました。そこで、ネイティブハワイアンの話や、それに繋がっているアロハスピリットというものを学んだのです。この旅は自分を見つめなおす良い時間となり、廃人になる一歩前の自分の立ち直るきっかけになりました。

kame38プロフ9kame38プロフ10

・ 誰もが助け合い、分かち合いによって幸せになるというネイティブハワイアンの話は、もう一度理容師を志すための良いきっかけとなりました。これまでの自分を捨てて、親の為に働きたいと思うようになり、 実家の理容室で共に働くことを決意しました。




●転機

ヘッダ-2

・数年経過後、理容師のかたわら、髪の悩みについてのブログなど執筆活動を開始。インターネットが普及したことで、幼少期から培われていたと思うことが活かされました。ネットを通じて多くの人に髪について本当に思っている事が発信できる。そんな自分の価値が分かり、生きがいを感じる場所をやっと見つけたのです。

・ 最近では当ブログサイト以外にも多方面で執筆のご依頼をいただけるようになりました。健康雑誌での執筆、その他では大手スカルプシャンプーメーカーが手掛けるメディアサイトにて、育毛記事の執筆を任されております。幼い頃に自己満足でも楽しく感じていた、好きな事の研究・ものづくり・執筆することについて今では色んなところで評価をしていただけることが本当に嬉しいのです。

book4.jpg

→メディア掲載情報はこちらです



●今後のビジョン(願望)とミッション(使命)

m-p-cut-56-02.jpg

・ 私に課されたミッション(使命)は「豊かな心、髪・健康を育み、幸せになる」と決めてます。大阪時代から感じていた、理容師として本当に伝えたい事は、おそらく一生変わりません。髪の問題は幸せを奪っていくことが多々あります。これは決して大げさではなくて。

自分に自信を無くし、心が折れると、良い出会い・良い出来事があってもうまくいかなかったりします。私たち理美容師だって、お客様の髪が健在でなければ食べていくことはできません。

なので、私自身の経験や実践研究は、髪に悩む多くの人に共有していただきたいのです。知識の中にあることでしか述べれませんが、何よりも大切にしたいのは読者様との繋がりです。冒頭でも述べていますが、いつか本当に幸せを感じられるまで、読者様と共に歩みたい。それらが私のビジョン(願望)、そしてミッション(使命)なのだと思っています。

スポンサードリンク
関連記事

5 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/02 (Mon) 12:04 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/06 (Wed) 23:11 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/16 (Wed) 19:22 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/05 (Tue) 15:18 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/05 (Thu) 18:07 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク