kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う

足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う1

育毛・抜け毛対策に有効とされる「ツボ」というのはいくつかの場所にあります。
頭部にある百会(ひゃくえ)・天柱(てんちゅう)・風池(ふうち)あたりは有名なツボですが、
これらのツボを押して、実際に効果を感じている人はあまりいないのではないでしょうか。
頭部ばかり目を向けず‘‘足ツボ‘‘を押す方が効果があるように私は思うのですが・・・

スポンサードリンク



●髪の健康に、意味のあるツボ押しを

育毛・抜け毛対策として頭のツボ押しは、よく育毛サイトなどで紹介されていますね。
頭部には、百会(ひゃくえ)・天柱(てんちゅう)・風池(ふうち) というツボが存在しますが、
このどれもが首~頭部の血行促進効果があるとされているものです。
それらは髪の健康に活かされる事なので出来ればした方が良いといえますが、
実際に取り組むときは、ツボを押す意味をしっかり理解して行うべきだと思います。





●頭部のツボが活かされる、それまでが難しい

足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う4

体全体の血液の循環が良く、髪が育つ頭皮環境なら抜け毛は減り、髪も育ちますが、
これがある程度出来ていなければ、どんな方法でも髪の悩みはなかなか解決しません。
それは育毛・抜け毛対策に有効とされる「ツボ押し」にもいえることです。
上記で述べている 3つのツボを毎日押していても特に何の効果もない のです。
それは私も経験しましたが、頭部ばかりに施しても実際はそううまくいかないものです。
そういった頭部のツボが活かされるのは、体から頭に栄養が行き届いている場合のみ
ではないでしょうか。私は過去に足を揉んでいたとき、そう感じました。

これらのツボを押す意味というのは、何よりも血行を良くすることにあります。
髪を含めた身体の健康を維持するには、血行障害になる事を避けるべきなのですが、
現代社会ではそれを避けて生活していく事はなかなか難しいと思います。
例えば、飲酒や添加物まみれの食べ物など、生活する上で必然となっています。
それらは体内に冷えを生み、内臓に毒を蓄積してしまうのですがその積み重ねがあると
その人のいちばん抵抗力の弱い部位で、血行障害となって病気をおこします。
私の場合ですと大腸に大きく影響してしまうようで、必ず下痢を起こします。
同時に 抜け毛がかなり多くなってしまうのですが、明らかに血行障害がそこで分かる のです。
症状は人によって様々です。ただ多くの人がそれに気付けないでいますが・・・





●血流促進ならまず湧泉を 足揉みは欠かせない
足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う3

身体がそんな状態で、頭部のツボ押し(血流促進)はあまりにも効率が良くありません。
なのでまず、血行障害をとってしまうことが先決ということになりますが、
その方法として‘‘足揉み‘‘ が非常に有効な手段といえます。頭部ではなく ‘‘足‘‘ ですね。
東洋医学では血行障害のことを「冷え」といいますが、冷えは足の腎経を伝わります。
足先、足底、膝、太もも、下腹部、腰部という順に内臓から頭部にまで達しますが、
その流れを根絶させないと、永遠に髪の悩みからは解放されないと思います。
kame38健康法 として ‘‘冷え取り健康法‘‘ を紹介してますが、これもそのためです。
足は第二の心臓と言われていますがとにかく足を温めるようにします。
揉むだけでも全身の血流が良くなり、血流促進がかなり解るのでぜひお試しください。

それを体感すると足裏のツボ押しが有効であることを理解していただけると思います。
押す場所は「第二の心臓」と言われる特効ツボ ‘‘湧泉‘‘ です。
足の裏の土踏まず・少し上の中央、足の指を曲げたときにくぼむ所ですね。
親指の腹をあてて、強く押し揉むようにします。ここを3秒押して3秒離すという感じです。 
毎日行なうと全身の血液の循環が良くなり、頭部まで栄養が届きやすくなります。
そうなると内臓機能も高まりますが、それが蓄積された老廃物の毒出しにも働くので、
‘‘湧泉‘‘ だけは髪の健康のツボ押しに絶対欠かせない部分だといえるのです。




●‘‘百会‘‘ と‘‘湧泉‘‘の効果をつなげる

足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う2

頭にある ‘‘百会‘‘ は抜け毛予防に良いとはいうものの、私的にはそこまで思えません。
やはり ‘‘湧泉‘‘ の方が「ツボ押し効果」を体感できますが、そこは応用した方が良いのかと。
足のツボ ‘‘湧泉‘‘ を押しを基本にして、その上で、頭のツボ ‘‘百会‘‘ を押すようにします。
‘‘百会‘‘ は天の気を受ける部分、そして ‘‘湧泉‘‘ は地の気を受ける部分といわれます。
それぞれに「百の数、数多くの気(血液)が出会う処」「生のエネルギーが湧いてくる泉」、
という意味があるようですが、これらの意味を理解した上でツボを押すのが理想ですね。

関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。