育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2014 08/15

禿げる前兆は‘‘かゆみ‘‘とは限らない、お客様に学んだこと

禿げる前兆は「かゆみ」とは限らない2

ずいぶん前の記事で、禿げる前に感じれる体の変化をいくつか述べているのですが、
あれから2年ほど経った現在は、そのような事前に知っておきたい事がよく理解できています。
たとえば多くの人が不安に思う‘‘禿げる前の兆候‘‘。例えば「かゆみ」が出るとよくいいますが
必ずしもそうとは言い切れません。それはお客様の実体験でみればよく分かります。

スポンサードリンク



以下に述べることは過去2年間の間、薄毛・禿げているお客様の頭皮や会話の中から、
それぞれの頭皮の健康状態を観て、感じた事なので参考にしていただければと思います。
これらは禿げる前の前兆としてかなり当てはまっているのではないでしょうか。


●お客様の成功・失敗をみて思うこと

育毛保証書6

私は理容師なのでお客様の髪を触ります。そこで状態(質感)が敏感に分かるのですが、
その人がいつもの常連様である場合、髪の経過について状況が非常によく解ってしまいます。
実際に髪が後退した方や、逆に危機的状態を脱して増えている方も数名いらっしゃいます。
「増えている」というのはここ最近の話です。以前はそんな人を見ることもなかったのですが。
昔に比べ最近では、育毛や発毛の成功は決して珍しいことではないと思うようになりました。
現在は育毛や発毛について様々な方法がありますが、どんな方法でも構わないと思います。
極端な話、植毛でも成功は成功です。人間として楽しく生きるために手段は選べません。
将来を考えれば、どんな形でもこの不安は早めに消化されるべきだと私は思います。



●痒くなるという前兆にはそれなりに理由がある

頭皮環境正常化

髪が増えたといわれる方々に同じような共通点があることが分かりました。
それは、毎日の体の変化を感じ取って、薄毛の対策を早めに始めていたということですが、
そういう方は、頭皮に起きている異常が禿げる前兆 であることをよく理解されていました。
過去に私がアドバイスしたことを実践して、前兆にはいち早く対応されたといいますが、
その時に私からお伝えした、禿げる前に起こる前兆をいくつか感じられたそうなのです。
ただ、髪が増えた・減ったという人どちらにも「痒み」は前兆としてみられなかったと聞いています。

‘‘頭皮が痒くなるのは禿げる前兆‘‘ というのが一般的な認識となっている感じですが、
それらはあまり参考にならないと思います。もし痒みが禿げる前兆になっていたとすれば、
それは 頭皮のケアをかなり怠っていた時、または逆に頭皮のケアを過剰にしていた場合 です。
頭皮というのは体の中で、皮脂がかなり多く分泌される場所なのですが、
仮に、脂性肌の人がこれを放置すると、禿げる可能性は十分にあると考えられます。
一般的に誰でも汗をかくのですが、皮脂量が過剰なときは汗とともに毛穴から分泌されます。
そのとき痒みを生じるときがありますが、これは誰もが感じる事なので問題はありません。



●頭皮が痒くなり禿げるまでのプロセス

抜け毛2

問題があるのは1日を通じて頻繁に痒みがあるときです。例えば頭皮を不潔にしていると、
酸化して汚れた皮脂が毛穴に詰まってしまい、著しい痒みが継続して起こってしまいます。
それとは逆に、頭皮を清潔にしようという行動によって痒くなることもよくあります。
これは皮脂が悪者扱いされてしまって、完全に洗い落とされる事によって起こってしまう痒みです。
これらは頭皮の痒みを生じるひとつの例えでしかありません。その他にも様々な事があります。

それらが長期に悪化してしまうと、皮膚炎など頭皮の疾患 を患ったりしてしまいます。
よくいわれるのは脂漏性皮膚炎などですが、状態が悪化すると抜け毛がひどくなってきます。
それが長期化してしまうと、他人に分かるほど ‘‘禿げた状態‘‘ になってしまうのですが、
痒みが出て頭皮のトラブルを招くという、それまでのプロセスがまさしく「禿げる前兆」といえます。



●‘‘痒み‘‘より深刻に思う前兆

禿げる前兆は「かゆみ」とは限らない1

痒みが「禿げる前兆」といわれるのは、間違った頭皮のケアにあるということになりますが、
普段から正しい頭皮のケアを意識していれば、そんな前兆を感じる事はほとんどありません。
もしこのような兆候がみられて髪の毛が抜けたとしても、治療を徹底すれば治ります。
それよりも深刻に思うのは、加齢にともなって起こる脱毛症 ではないでしょうか。
ちなみに上記で述べているお客様が感じた「禿げる前兆」は以下のような感じです。

① 頭皮が頭蓋骨に張り付いて硬くなった。
② 頭皮が赤みを帯びてくるようになった。
③ 元々の固い髪質が柔らかくなってまとまる。
④ 後頭部の髪を中心に縮れ毛が多くなり抜ける。
⑤ つむじを中心にして少しずつ広がり始めた。
⑥ 髪が抜けるとき痛みを感じない(毛周期以外)


これらの前兆は、痒みを伴う皮膚炎とは関係なく誰にでも起こる可能性があります。
男女問わず、年齢とともに起こり得ることなので油断はしない方がいいと思います。
これらの事を体感していなくても、前もって予防法をしておくのがいちばん良いですね。
何にでも言える事ですが、早ければ早いほど良いです。そのようにお客様に学びました。


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「毎日洗髪しない方が良い理由、私ならフケが出て頭皮が荒れる

BEFORE「RSSフィード配信について

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top