kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

薄毛・脱毛と冷やしシャンプー

理・美容室ではお客さんに気持ち良い時間を過ごしていただくためにシャンプー後のヘアトニックの使用を普通におこなってますが、これは薄毛・脱毛を気にする人にとって決して良いことではないという記事を先日書きました。

スポンサードリンク

そして私はもうひとつ気になることがありました。


それは 冷やしシャンプー です。
これは薄毛・脱毛の頭皮にどんな影響があるのか、
悪影響はないのかを考えてみました。



一概に、冷やしシャンプーといっても、 
その方法や使う商品は理美容室によって多種多様です。 
 

冷やしシャンプーの目的は爽快感を感じてもらうことですから、 
スッキリとした洗い心地のメンソール系の
シャンプー剤を使うことがほとんどです。 
 

メンソール系のシャンプー剤を使っただけの
簡単なシャンプーを行う理美容室や、
カキ氷まで頭に乗せてシャンプーをする方法を
している理美容室など様々です。 
 

そしてこの夏の暑い時期になると客寄せのために
それらの冷やしシャンプーの考えはさらに激化しているように思えます。



例えば、

冷やしておいたタオルの使用
激しい爽快感があるトニックの使用


などといった冷やしシャンプーだけのサービスだけでなく、
それ以上の、過激ともいえるサービスをおこなっている
理美容室が多くあるように思えます。



たしかにこれらは非常に気持ちの良いものとして
一般のお客さんに喜んでいただけるかもしれませんが、
すべてのお客さんに対しておこなって良いものではないはずです。


それはやはり、薄毛・脱毛が気になる人にとって
冷やしシャンプーの使用は問題ないのかという疑問があるからです。



こちらの 記事 をご覧ください。


記事 に書いているとおり、
薄毛や脱毛している人の頭皮温度が低い
ということがわかっています。


あらためて考えてみると
頭皮を冷やしてしまう行為は
薄毛・脱毛を誘発する行為ではないでしょうか。
そしてヘアトニックの使用についても
頭皮を冷やすこととして同じことがいえると思います。



さらに、これら冷やしシャンプーは化学添加物が使用されています。

あの著しく激しい爽快感は天然成分だけでは得ることはできません。
天然成分と謳ってはいますがこれらは100%天然成分ではありません。
やはり化学添加物によるシャンプー剤だということは否定できない訳です。

化学添加物が頭皮に浸透すると、
薄毛や脱毛がおきる原因と考えられます。



この事実がある限り、
頭皮を冷やす行為はおすすめできない と考えています。



営業としてみると集客効果があり、
確実にお店の利益になると思います。

ですがそれは営業としての収支を第一としたサービスであって、

薄毛・脱毛を気にされている人にとって利益はない

と言っていいのではないでしょうか。


冷やしシャンプーを取り入れている理美容室を
否定する訳ではないのですが、言いたいことがあります。


ヘアスタイリストとして本当に、

お客さんの身体の心配はしていますか?
お客さんの将来の頭皮に責任は持てますか?


薄毛・脱毛されている人に限らず、
今はフサフサの髪をされている人としても将来のことはわかりません。


こういった頭皮に負担がかかってしまう
恐れのある物の繰り返しの使用が
薄毛・脱毛の原因のひとつになっているのは事実なんです。



私としては

薄毛・脱毛に悩む人に、
できるだけ真実に近い情報を知ってもらいたい
と切実に思っています。
これを理解していただければ幸いです。




冷やしシャンプーについては
詳しい情報や育毛効果などの情報はまだまだ乏しい状態です。
今後の育毛・薄毛対策としても
さまざまな議論が交わされていくでしょう。    


ここでは私個人が見解として書いてみましたが
実証されたものではありませんので、
これからもじっくり検証していきたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事

2 Comments

-  

No title

月一位の理美容室に爽快感を求めて何が悪い
月一位の冷しシャンプーで抜け毛が増えるか?
あなたも発言に責任を持てますか?

2015/11/30 (Mon) 12:23 | EDIT | REPLY |   

管理人  

No title

ご訪問とコメントありがとうございます。仰られるように、記事中の発言につきまして責任を持てるかと問われると、非常に難しく感じるところです。実はこの記事を書いたのは3年前です。3年間のあいだ色々学んだことで、現在の自分の価値観・嗜好といったものは、この当時とはかなり変わってしまいました。今の私の見解でみると、この時期に書いた記事の内容は思わしくない文面がいくつかございます。大変申し訳ありませんでした。後日、記事の修正・削除を検討いたします。

2015/11/30 (Mon) 15:32 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク