kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

牡蠣は育毛など髪に良い?牡蠣が苦手な私はサプリ不可欠です

牡蠣2

秋から冬が旬といわれる牡蠣ですが、美味しくいただける人がうらやましく思います。抜け毛予防や育毛・発毛など髪に良いとされるものの、私は牡蠣をとても苦手としています。牡蠣に含まれる「亜鉛」は髪の健康維持に必ず摂っておきたい栄養素なのは確実です。これを食べる事ができれば今以上の抜け毛予防に活かされるはずなのですが・・・

スポンサードリンク

●野菜や穀物中心の食事で亜鉛不足に

ボストンとチャップアップ

最近筋トレを初めて、同時に ソイプロテイン を飲んでいます。これは貧弱な体に筋肉をつけたい、
という事で始めましたが、髪の発育にも活かそうという狙いもあるのです。
ただ、プロテインなどでタンパク質を摂り入れる場合、私の様に吸収されにくい体質であれば、
補助食品を摂ることが必要になってきます。そこで亜鉛のサプリメントを飲むようにしています。
本当は普段の食事から、亜鉛が含むものをバランスよく摂ることがいちばん良いのですが、
亜鉛は体内への吸収が難しいのでそのまま体外へ流されてしまう。そこが気になる所です。

なるだけ多く亜鉛を含んでいる食材を食べるべきだと思います。これまでの私の場合は、
穀類や豆類などから髪に良いという栄養を摂るようにしてましたが、亜鉛に関しては、
それらは物足りない含有量となっています。亜鉛を含む食材の多くが動物性食品なので、
野菜や穀物中心の食事をしている私にしてみると亜鉛不足はやっぱり否めません。
それに幼い頃からの「牡蠣嫌い」なので、亜鉛不足を補う手段として選びようがないのです。
事実、亜鉛効果がよく分かる ‘‘爪‘‘ が育ちにくく、ここからも亜鉛不足を感じてしまうのです。




●亜鉛不足はご自身の爪でみると分かる

kame38爪

私は牡蠣が嫌いである一方、そんな栄養値の高いものを食できず残念に思っています。
牡蠣はどんな食材よりもずばぬけて亜鉛が含まれているので、髪の健康維持に有効です。
髪の為にせっかく食材から栄養を摂っても、髪に届かせることができないと意味がありませんね。
例えば、育毛の為にたんぱく質を摂るようにしても、亜鉛が不足しているとダメなのです。
亜鉛はたんぱく質の合成に深く関係しているので、いかに大切なのかそこで分かります。
そしてこれは有名な話ですが、脱毛症の原因となっている5αリダクターゼの働きを抑えます。

普段の食事から亜鉛が摂れているか、不足していないかを爪でみることが出来ます
ご自分の爪を確認してみてください。爪に白い点や線ができるのは亜鉛が不足しているサインです。
その他には爪が割れやすくなっていたり、私の様に切ってもなかなか伸びてこなかったりします。

今からかおいしい牡蠣が食べれるシーズンといいますので、牡蠣好きな人は良いですね。
カキフライがとても美味しいと人気ですが、食できる人がうらやましく思います。
私は牡蠣肉エキスさえも気持ち悪く感じてしまうので、亜鉛のサプリは絶対欠かせません。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク