kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

薄毛治療の病院にある育毛剤よりもDeeper3Dが良い理由

グロースファクター1

現在の世界最高レベルの毛髪再生医療といえばハーグ療法やグロースファクター再生療法などがありますが、これらを用いた薄毛治療には高額な費用がかかります。その治療に使われるのが グロースファクター(成長因子) ですが、京都大学の山中教授が開発したiPS細胞もこの一種にあたり、髪の再生への利用が可能だと注目されてます。そして、私が愛用している Deeper3D はその成長因子が多く配合された育毛エッセンス。薄毛治療のクリニックで高い育毛剤を買うよりも、Deeper3Dが良い理由を述べてみたいと思います。

スポンサードリンク

ハーグ療法で髪の再生も、植毛に劣らない高額費用

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s.jpg

少し前に植毛をしたお客様のお話をしましたが、なかなか話が進んでいないようです。かかる費用のところで色々と計画が難しくなっているようですが、やはり植毛費用の総額200万円というのは高額になるため、躊躇してしまうのも仕方ないように思えます。

植毛と同じく高額なものとしては、ハーグ療法やグロースファクター再生療法がありますが、こちらの場合、かかる費用は植毛の半分くらいでしょうか。それでも結構な金額です。確実に髪が再生されるのであれば、お金と時間さえあれば誰もがそれをしたい訳ですが、一般的な暮らしで毎日をやりくりしている私達にとって安易な話ではありません。



ハーグ療法とは、直接幹細胞から抽出した成長因子と成長に必要なビタミン、アミノ酸を混合したHARGカクテルを頭皮下に注入する事で毛周期を正常なサイクルに戻し、発毛を促すという治療法のことをいいます。( wikipedia より一部抜粋)


この再生医療を応用した最先端の毛髪再生治療がとても良いと評判ですが、それをおこなえるのは日本医療毛髪再生研究会が認定している医療機関のみです。AGA治療薬を用いる治療とは違い、副作用の報告もこれまで特にありません。頭皮下に有効成分を注入する方法として育毛メソセラピーなどとも呼ばれますが、それに使用されるのがグロースファクター(成長因子)です。


加齢に伴って成長因子が減ると髪が抜ける

グロースファクター1

グロースファクター(成長因子)とは、毛母細胞成長因子の事であり、毛根付近(毛乳頭)で産生されています。頭髪の成長期に関与し、発毛を担当する「毛母細胞」を活性化する働きを持っています。本来は自身の体内で産生されるものですが、加齢やその他の原因により、自身での産生が難しくなる(産生量が減少する)と毛母細胞の働きが衰え、発毛不全・細毛・抜け毛・薄毛に至ります。
(モンゴ流Deeper公式サイトより一部抜粋)


薄毛治療の病院が勧める育毛剤よりお得な理由

Deeper3Dを購入、青とピンクに感じる発毛の力7

この成長因子を使った医療についていえば、前述のとおり高額な費用がかかります。そういった医療の場で使われているものは、金銭的になかなか手が出せません。ただ、いま使用中の Deeper3D が同じく成長因子主体であることに強みを感じてます。

「通院せずに家庭で出来る、医療クラスの育毛」というのがコンセプトになっているようですが、自宅での育毛アイテムとして成長因子を使えるというのは非常に魅力的です。そしてハーグ療法をおこなうクリニックでも自宅で使う育毛エッセンスが推奨されていますが、Deeper3Dとほぼ同じ内容なのに店頭での販売価格はほとんど2万円近くなってます。私は1万4千円弱で購入しましたので、Deeper3Dはかなりお得だと感じました。

グロースファクター2

Deeperシリーズはハーグ療法やグロースファクター再生療法を強く意識していますね。「深紅のカクテル」と銘打ちしているところも「HARGカクテル」を想像させてます。ちなみに成長因子が入っている育毛剤は現在「Deeper」と「ザ・スカルプ5.0C」の2つだけです。これらは育毛剤というよりも‘‘スカルプエッセンス‘‘と呼ばれ、化粧品扱いとされています。

育毛剤(医薬部外品)に成長因子を入れることは国から認可されていませんので、成長因子が入っている育毛剤はいまのところ存在してません。そういった様々な理由から、育毛剤とはまったく異なるものだと考えて使用するのが正しい使い方だといえるでしょう。そのあたりの理論は実に深いものだと感じており、今後も追求する余地がありそうです。

詳細はDeeper3D公式サイトで確認してください。



スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク