kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

ペンタデカン酸グリセリドの効果、病理専門医様のお話

337248734_b02e55adb8.jpg

昭和後期に大流行した頭をブラシで叩く育毛法。今では決して考えられないものですが、
当時は薄毛に悩む多くの人がそれを実践していました。その際に相乗効果があるとされ、
使用を推奨されたのが育毛剤「ペンタデカン」。頭を叩く育毛の効果は不明ですが、
「ペンタデカン」については主成分の‘‘ペンタデカン酸グリセリド‘‘が有効である話を聞きました。
それは病理専門医様が実際に体感されており、信頼できる情報となっています。

スポンサードリンク



●大流行したペンタデカンが突然販売禁止になった理由



私が幼少の頃、家(床屋)の鏡でお客様が頭を一生懸命叩いていたのを覚えています。
当時、テレビのCMでもよく宣伝されてましたので、これで髪が生えるのは凄いと思ってました。
一見、ただ頭皮を痛めつけているだけで髪の成長に良くない事がわかりますが、
何故そんな育毛法が広まったのかというのは、単に「流行」だけではないのかもしれません。
昨年までの私は育毛剤というものにまったくといって良いほど興味が無かった訳ですが、
今年から育毛剤を使用し、過去に支持された育毛剤にも興味を持つようになりました。

そんな過去に支持された育毛剤といえば、ライオンの「ペンタデカン」ではないでしょうか。
ペンタデカンといえば大流行して売上がすごい時に突然販売禁止になった育毛剤です。
何故そんな時に販売をしなくなったのかというと、これは様々な説があるようです。
厚生省に申請している効果よりも効果があった、また報告以外に効果が表れてしまった
という話がありますね。それ以外では厚生省に申請している成分と異なったものが含有。
それが企業秘密とされるような成分で、その漏えいを守るために偽ったという話もあります。
ただ有力な説は、効能データ改ざんによる薬事法違反だそうなのですが・・・




●今も引き継がれているペンタデカン酸グリセリドとは



そのような話もある訳ですが、現在「毛髪力イノベート」として引き継がれています。
上記で「ペンタデカンの人気の理由は単に流行だけではない」と述べていますが、
ペンタデカンが消えた昭和58年から今日まで、製品はずっと引き継がれてきた訳です。
その支持されてきた理由は実際に効果を体感してきた人が多くいたと考えられる訳で、
それは‘‘叩く育毛法‘‘が無意味でもペンタデカンそのものは効くものなのかもしれません。

そんなペンタデカン(毛髪力イノベート)の有効成分は‘‘ペンタデカン酸グリセリド‘‘です。
これによる働きは休止期の毛乳頭にエネルギーを与え、発毛効果を促すとされています。
効能は最近の育毛・発毛剤とちょっと異なります。AGA治療には使えない成分ですね。
頭皮の毛細血管を拡張は期待できませんし、男性ホルモンを抑える事もありません。
ですので男性型脱毛症に効くような感じではありませんが、良い話を聞きました。


twitterペンタデカン酸グリセリドの効果、病理専門医様のお話1

数か月前にツイッターでフォローしていただいた病理専門医の 善川チャーリ先生 のお話です。
先生は髪の量に悩んでいる訳ではありませんが髪の将来を考え、毛髪力イノベート
を使用されております。使用3ヵ月で明らかに抜け毛が減っている事や白髪が目立たなく
なっているという報告をいただきました。ペンタデカン酸グリセリドが髪に作用されたようです。

twitterペンタデカン酸グリセリドの効果、病理専門医様のお話2


ちなみに日本医学育毛協会、桑名 隆一郎様の実験でも効果が実証されていました。

twitterペンタデカン酸グリセリドの効果、病理専門医様のお話3

ペンタデカン酸グリセリドを考えると比較される花王サクセスよりライオンのイノベートが良いです。
ただ上記で述べているようにAGAには効かないものと思われます。
ご使用の際はご自分の症状がどの種になるのかというのを理解してお求めください。

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク