kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低体温での抜け毛を改善する私の方法、育毛も可能です

低体温での抜け毛を改善する私の方法、育毛も可能です1

冬をはっきり感じられるほど寒くなると髪の問題もいろいろ出てきます。髪や頭皮は乾燥して、傷んだりフケがみられたりする事もあるのですが、それは見える部分で起きている事なので、改善への対応はしやすいのです。ですが、見えない部分で起きている事については非常に対応しづらい です。それが体内で起きている事であれば、体調の変化があってやっと気付きますね。髪に表面化される事もあり、それが 低体温による抜け毛 だったりもします。

スポンサードリンク


●例年起きる抜け毛がなく、好調な理由

低体温での抜け毛を改善する私の方法、育毛も可能です2

ここ数日一気に冷え込みましたが、あらためて冬を感じたような感じでいます。ただ個人的には、今年の場合、例年とは違った感触で毎日を過ごせています。何故なら 毎年この時期(秋から初冬)に多くなる抜け毛がほとんどみられない からです。夏の食生活がどうしても乱れがちになり、その影響が秋になると髪に出るのですが、嬉しいことに今年はそれがありません。この時期は毎年とても憂鬱になってましたが。

それは抜け毛の原因となるものを徹底的に排除・対策した結果だと思っています。今年は物事の視野を広くしていろんな角度から育毛・抜け毛対策を実践しました。過去に考えなかった育毛剤の使用やサプリメントの服用を始めましたし、体質改善を目的とした筋力トレーニングなど、それらの効果は髪に現れています。こういったものは自分自身の体質を理解し、有効な方法だと気付いたのですが、これらの何よりも大切にしていたのは ‘‘低体温にならないこと‘‘。それが基本にあります。



●なぜ「冷え」がいけないか、是非わかってもらいたい

足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う1

「体温を上げると健康になる」というのを、私は肌で・頭皮で感じています。このブログではその重要性を述べ、参考にしてしていただいた方に良い兆候がみられたことをとても嬉しく思うのですが、‘‘低体温と髪の問題‘‘は性別問わずにあるのかなと。女性に「冷え」が多くみられやすいといいますが、今の時代そんなことはありません。女性に限らず、男性にも冷えはみられているのです。ただそれを意識されないだけで。それは何故「冷え」というのが問題視されているのかを理解してもらいたく思います。
→冷えとり健康法の髪への効果、頭皮まで健康になれる事を痛感中です



●35℃台の低体温を36℃台半ばまで上げる

体温計

私自身も元々‘‘低体温‘‘なので、冷えを誘発する事の対策を今年は強化しました。とにかく内臓を冷やすのは避けなければいけません。私たちが常用食としているものは、人工的な添加物でつくられたものが多くあります。こういったものが冷えを招きますが、内臓の働きを悪くしてしまうのも、このような現代の常用食がかなり影響しています。内臓の働きが悪くなると髪に必要な栄養も消化吸収されにくくなりますし、血液の循環もうまく行なわれません。それが長期に渡ると体質は‘‘低体温‘‘になります。髪が育たない、抜けるというのも‘‘低体温‘‘が深く関係している事は間違いありません。

そこで 35℃台の低体温を36℃台半ばまで上げるような工夫 をおこなうのです。その工夫とは、これまでの私自身が疑いの目を向けていたものもあります。例えば筋力トレーニング。筋トレは男性ホルモンが活発になり、抜け毛を促進させると考えていました。そして育毛剤にも偏見を持っており、効果を否定していた訳です。ただそれらを実践して分かったのは、その行動自体に意味があったということです。考えるているだけでは何も得ることはできません。自分の視野を広めるきっかけとしてそれらの行動は、後に髪の健康へと活かされた訳ですが、今やどれもが大切です。




●男性用冷えとり靴下の新作がとても良い!

カサネラボ1_

上記で述べた方法の基になっているのは何度も述べている‘‘低体温にならないこと‘‘です。筋トレにしろ育毛剤使用にしろ低体温のままでは効果を感じられる事はないのです。その対策に有効なのは 冷えとり健康法 。これを今後もさらに強化していきます。

今年の冷えとりとして男性の靴下重ね履きブランド「kasane lab.」に注目していますが、男性の担当者様にいろいろと指導を受けています。今後の販売予定になっている男性用の新作をモニターさせていただきましたが、過去にみない最高の履き心地でした。仕事中に足が冷えるという男性にかなりおすすめしたいですね。完全な男性用としては新しい試みですがかなり良いです。詳しくは次の記事で紹介したいと思います。

関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。