kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪をグレーにする市販のヘアカラーに思う事

髪をグレーにする市販のヘアカラーに思う事2

髪の色を変えて新年を迎えたいというお客様が年末に来られました。
白髪混じりの髪の色をグレーに変えたいという希望です。色んな理由があって、
お断りさせて頂いたのですが、どうしても染めたいとのことでした。
市販のセルフカラーを使う方法もありますが、グレーはとても入りにくいです。
それに色んなリスクもありますので、自分でする場合は注意が必要だと思います。

スポンサードリンク



●薄毛と白髪を目立たせないように髪をグレーにする考え



年を重ねるごとに増えてくる白髪や逆に減ってくる髪の量は常に気になります。
普段忙しくしていると、なかなか鏡に映る自分を観る事がないのですが、休日に
レジャー施設で過ごすなどしていると、今の自分の姿が嫌でも視界に入ったりします。
私も昨日は温泉に行き、鏡に映る(若返りたい)自分を思い知らされました・・・

とはいえ私は鏡の前に立って仕事をする人間ですのでそこまで落ち込みません。
ですが来店されるお客様は、椅子に座ると嫌でも鏡と‘‘にらめっこ‘‘の状態 です。
そうなると始まるのがお客様自身の髪への嘆き。老けたという話はもちろん、
髪の話題になるとかなり切実です。髪が少ないのは仕方がないと言われますが、
それをいかにして老けないように見せるかが大切だ、などと述べられるのです。

そこでお客様が考えているのは、髪を染めて白髪も薄毛も目立たなくさせる方法。
確かにこの方法は有効ではあります。人気タレントも実際にやっていますし。
そしてこのお客様の場合は、格好良いグレーにしたいという希望です。
テレビでみた ダウンタウンの松本さんが非常に格好良いグレー になってますが、
あんな感じにしてみたいらしいのです。ただ私は以前から述べているように、
薄毛が進行されている方の毛染めは、基本的におすすめしていないのです。




●市販のホームカラーでも一応グレーは売ってある
グレー
メンズビゲン・グレー

一概に毛染めといっても、色んな方法があります。人それぞれの髪質や
もともとの髪の色素など条件によって施し方も変わってくるのですが、
このお客様の場合は、とても黒い髪なので色を入れるには施術が少し複雑です。
それがブリーチだったり、ダブルのカラーが必要だったりしますが、
それらはヘアカラー施術の熟練者以外の人が適当な考えでおこなうと危険を伴います。
特に頭皮に対してリスクが高いのです。まして薄毛が進行した頭皮であれば。

お客様の話では、市販のホームカラーにグレーのものが売っているそうです。
家でやってみるとの事でしたが、ちょっと難しいですね。きっと染まりません。
商品のパッケージの髪色イメージがとても格好良く、グレーが際立っていますが、
市販のホームカラーであそこまでなることは、ほとんどないでしょう。




●グレーは入りにくいし、リスクを考えてプロに任せる

8075241561_fd9e2092b9.jpg

薄毛の有無は関係なしで、ブリーチはなるだけ避けた方が良いと思います。
綺麗に色を入れる為にブリーチが必要といいますが、必ずしも必要ではないです。
自分でしようとする時、多くの人が泡のブリーチなど市販品を使おうとしますが、
ブリーチは髪の色素を壊すためのパワーが最大です。ダメージが大き過ぎるので
色を入れても色素が定着できないために、1週間~10日程度で金髪に戻ります。
おまけに頭皮への負担もありますし、自分でするブリーチはなおさら危険です。

このように決して簡単ではありませんから、ホームカラーで染まる訳がないのです。
染まるとしても黒っぽく入る程度だと思います。過度に期待してはいけません。
もしカラーをするならリスクを考えてもプロに任せたほうが確実です。
ちゃんと色(グレー系)も入りますし、頭皮の事を考えて施してくれるので。
家で自分でするホームカラー(セルフカラー)はなるだけ避けて欲しいと思います。

こちらもぜひ参考にされてください
→髪を染めると禿げる?理容師の立場で述べてみます

関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。