kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

髪の静電気を防ぐ「つげ櫛」は髪のモデルさんも使用

tuge1.jpg
国産薩摩つげ製 つげ櫛

空気が乾燥している日は静電気に悩まされたりしないでしょうか。そこで使えるのが「つげ櫛」。うまく使えば冬のヘアケアに活かせます。髪の静電気によってスタイリングが難しくなるなど、いろんな理由で髪が痛みます。そんな時期のブラッシングを良い方法でおこなうと静電気も気になりません。そこで使う「つげ櫛」は頭皮にも良いのです。

スポンサードリンク


以前、お昼のテレビ番組で体のパーツモデルさんが何人か出演されました。手のモデルさんや足のモデルさんなどがいらっしゃいましたが、私が注目したのは、やはり髪の毛のパーツモデルさんです。テレビや雑誌の画面上でいかにして美しく見せるか、その辺のプロなのでどのようなヘアケアを行なっているのかが凄く気になった訳です。そんなヘアケアの説明は、以下の洗髪方法とブラッシング方法の2つ。



●髪のパーツモデルさんのヘアケアは参考になる

seidennki.jpg

まずは髪の洗い方から。そのモデルさんは髪を洗うよりは頭皮を洗うとの事です。髪は毛先を両手で挟んで洗うと、摩擦して痛むので決して擦らないように洗う。頭皮を洗っていると、流れ落ちる泡で汚れは落ちるのでその程度だそうです。

そしてもうひとつはブラッシング。ブラッシングですがブラシ自体は不使用です。櫛を使っているのだそうです。それもプラスチックではなく木製の「つげ櫛」。プラスチックだと摩擦で引っかかり、髪が切れるのでそれは避けるべきだそう。そこで使っているのは、椿油がしっかり染み込んだ「つげ櫛」という訳です。

このブラッシングは髪だけでなく頭皮の為にもしっかり行うべきです。特にシャンプー前は必ずといっていいほど、ブラッシングしてください。頭皮のマッサージになりますし、汚れが浮き出させる事が出来るので、その後のシャンプーの負担も軽くなります。洗髪は洗浄力が強すぎない物を選び、できれば頭皮に負担をかけないよう、速やかに終わらせる事が大切なのです。



●自分のつげ櫛は1本は持っておきたい


椿油以外にこんなオリーブオイル仕上げもあります

私も仕事でたくさんの櫛を使ってきましたが「つげ櫛」は何か特別です。高級なものであるほど魅力を感じます。大相撲の力士のマゲを結う床山が使うのもつげの櫛ですね。椿油がしっかり染み込んでいるので、静電気も気にならないし、だんだん自分の皮脂に馴染んでくるで、使い始めると一生の道具となります。

今回の場合は、冬の静電気対策としての道具となるので夏はまた違ってきます。特に髪が短く肌質がオイリーの場合、つげ櫛を使うメリットはあまりありません。なかなか高価なのですが、職人が細工した1本はぜひ持っておきたいものですね。

ちなみに愛知工業大学の実験結果では、

通常の櫛 3600V
静電気加工の櫛 660V
つげ櫛 10V


このくらい静電気の差があるようです。参考にしてみてください。



関連記事

スポンサードリンク

4 Comments

ミント  

いつも為になる記事で勉強になります。

私は28歳の女ですが、元々髪の量は少ない方で高校生のころから髪の分け目が目立つのを指摘されていました。

最近自分でも気になり始めSHISEIDOのアデノバイタルというヘアケアシャンプーを使い始めました。

使用感もサラサラで気持ちよく若干ではありますが髪の量も増えたような…

でも相変わらず抜け毛は減っていない感じでした。
ブログでたびたび登場するアレッポ石鹸のエクストラが気になり、購入しシャンプーしました。

髪のきしみは感じないかわりにべたつきが気になります。

石鹸カスの影響かと思い、すすぎもしっかりしてリンスは酢リンスをしました。
初日に比べるとべたつきも軽減しましたが、3日目でもやはりべたつきや重たい感じが気になります。

因みに頭皮は脂っぽい方です。一日髪を洗わないと濡れてるような感じになりますし痒みもでます。
頭皮の赤みも高校生の頃から指摘されます。
私のように脂っぽい頭皮にはアレッポは向かないのでしょうか。
石鹸シャンプーに移行していきたいと考えているのですが…

長文失礼しました。

2015/01/08 (Thu) 21:59 | EDIT | REPLY |   

管理人  

ミント様、ご訪問とコメントありがとうございます。
いつも記事を読んでくださっているとの事で嬉しく思っております。

私の提案ですが、しばらくはアデノバイタルをご使用になられてはいかがでしょうか。
体感的に気持ちが良く、髪も増えたように実感されているのであれば、
髪や頭皮の環境はとても良い状態にあるといっていいです。
べたついたり、気持ちが悪い状態というのがいちばん良くありません。
頭皮上にも良くありませんし、ストレスになるのはいけないので。

そして抜け毛です。これは頭皮が皮膚炎を起こしていない限り、
原因は別のところにあると考えた方が良いと思います。
それは外面のヘアケアではなく、内面のケアにあると思ってください。
特に女性の場合はほとんどそれです。髪に活かされる栄養面で不足していたり、
メンタルの部分で抜け毛に繋がっている問題が生じている事がほとんどです。

石鹸シャンプーは人によって合う合わないがはっきりしています。
合成シャンプーのように良し悪しがはっきりしない事はありません。
ミント様のように皮脂が過剰だとされる場合は注意が必要です。
石鹸素地というのは体に対し安全性は高いのですが、
何よりもアルカリ・洗浄力ともに強いところが難しくさせる部分です。

特に合成シャンプーに慣れていた頭皮の名残があると難航します。
その脱ケミカルというところで、乗り切れるかどうかなのですが、
その状態のままで皮脂も分泌ペースを保っております。
それは合成シャンプーによってつくられた分泌のペースになりますが、
あるとき急に石鹸シャンプーに変えると皮脂の分泌ペースが乱れ、
落ち着いていた頭皮のバランスが崩れてしまうのです。
要するに、石鹸洗髪によって皮脂が奪われすぎた為に、早くいつもの頭皮環境に戻そうとして
皮脂を過剰に分泌させたりするのです。ミント様の場合はまさにその状態だと思われます。

とりあえず、今回は元のシャンプーに戻してみてはいかがでしょうか。
今の状態はきっと悪化するような気がしています。
いちど、良い頭皮環境を再び取り戻してから、少しずつ‘‘脱ケミカル‘‘していく方が良いと思います。
それからの方法はいくつかあります。諦める必要はありません。
とりあえす今回だけは元に戻されて欲しいです。

こちらこそ長文になりました。ごめんなさい;

2015/01/09 (Fri) 00:31 | EDIT | REPLY |   

ミント  

お返事ありがとうございます。

コメントを拝見する暇がなく、4日目もアレッポでシャンプーしました。日に日に使用感は良くなってきていますが一度アデノバイタルに戻してみようと思います。
アデノバイタルで髪の毛が太くなったのも実感しますし(それで髪が増えたように見えるのかも)私には合っているのでしょう。

お察しの通り内面、食事に関しては仕事が忙しく一人暮らしを言い訳に偏った食事になりがちです。
このブログをきっかけに意識が変わって気をつけ始めたばかりなのできちんとしていこうと思います。
お忙しい中、お返事ありがとうございました。

2015/01/11 (Sun) 09:10 | EDIT | REPLY |   

-  

ミント様、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

シャンプーを含め、頭皮に直接作用するヘアケア製品は人によって相性は様々のようです。
例えばアデノバイタルの育毛エッセンスは私の肌にまったく合いません。
頭皮が赤くなって少しかぶれてしまい、使用を中止しました。
そこで無添加の育毛剤を使用するとそのような事はなかったのです。
私以外の人にはアデノバイタルがとても評判が良かったのですが、
私にはアデノバイタルヘアエッセンスの成分が合わなかったのでしょう。

アレッポの石鹸で洗髪は頭皮に合ってしまえば良い発見が色々あります。
肌に合えばぜひそちらをおすすめしたいのですが、
問題はこれまでのシャンプーから切り換える時です。そこがなかなか難しいです。
例えば男性などは皮脂分泌が割りと多いため、今回と同じような事がよくみられます。
いきなり石鹸洗髪に変えて肌に合わずさらに頭皮がべたついてしまうなど。
こういった場合は洗浄力の強すぎない、脱脂力の弱いもので洗髪します。

・アミノ酸と石鹸が一緒に配合されている石鹸シャンプーを使う
・アレッポより洗浄、脱脂力がマイルドな「オリプレ」などの石鹸を使う

このような感じで、皮脂を取り過ぎない事をいちばんに考えます。
私が個人的になぜアレッポがとても良いのかというと、
育毛や抜け毛予防にとても活かされたからです。人によって好みはそれぞれです。
アレッポが良いという人もいれば、オリプレやマルセイユが良いという人もいます。
大切なのは肌に合うか合わないかなので、ミント様の合うものを選ばれてください。

髪に良い食事など私なりの見解ですが参考にしていただけて嬉しいです。
自身の経験範囲の話でしかありませんが、髪の基にしている食事や健康法が、
いろんな相乗効果をもたらしていることを最近特に感じています。
それは髪の毛の事以外にも、さまざまなところで嬉しい発見があるのですが、
多くの人がずっと健康でいられたら凄く良いことなのだなと思います。

何かありましたらまたお伝えくださいませ。ありがとうございました^^

2015/01/11 (Sun) 14:39 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク