kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

多能性幹細胞を使用、髪が再生されるという今後に注目

0101.jpg

ヒトの多能性幹細胞を使用して新しい髪の毛を生やす事に成功した、というニュースがあり、先日あちこちで話題になっていました。これまでの実験では、成人の毛乳頭細胞は体外では生成不能とされてましたが、ヒトの多能性幹細胞というものをマウスに移植した結果、発毛が確認できたそうです。既存する自毛植毛とは違うそうですが・・・

スポンサードリンク

米サンフォード・バーナム医学研究所は27日(現地時間)、ヒトの多能性幹細胞を使って新しい毛髪を生やすことに成功したと発表した。これまでの同様の研究では、頭部の毛髪卵胞を移植する形だったが、今回の成果はヒトの多能性幹細胞を用いて、ヒトの毛髪を生やすことができる新しい細胞を生成できた点にある。
成人の場合、皮膚乳頭細胞は体外では増長できず、育毛機能をすぐに失ってしまう。しかし、この手法を用いた実験では、マウスに移植したヒトの多能性幹細胞を皮膚乳頭細胞へと分化させ、人毛を誘発できた。
今後は人体での臨床実験を行なっていく予定。米国では4千万人以上の男性と2,100万人以上の女性が抜け毛に悩んでおり、今回の研究がその打開策になるものと期待されるとしている。


→ 幹細胞からの発毛に成功。米研究


堀江貴文さんのツイートでこれを知りました。
この話題をつぶやくという事は、堀江さんも髪を気にしているのでしょうか。
HORIEMON.COM

移植するというところでは、今までの細胞ごと移植する植毛と同じなのですが、
どの様に違うのかは、今後臨床実験に入るそうなので報告を楽しみにしています。
毛包あたりの移植は結構複雑であることは知っていましたが、それを培養で作るのは
とても難しいらしく今後実用化されるかどうか、というところではないでしょうか。
またマウスは白毛のはずなのに、黒毛が生えているところにも注目です。
白髪改善に活かされれば、それもまた凄いことではあるのですが。
これらについて、また何か情報が分かりましたらお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク