kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

頭皮が赤くなる時に見直したいシャンプー方法


kame38 top losshair

健康な頭皮の色は信号に例えるとよく分かります。青い色は正常で、
頭皮の状態がおかしいという場合、黄または赤みがかっていたりします。
そうなってしまう原因の始まりはシャンプー方法にあったりしますが、
そういった時、数日間‘‘お湯‘‘だけでシャンプーしてみてください。
頭皮が赤くなる理由は、そこにあるというのをきっと分かると思います。

スポンサードリンク



ずいぶん前に頭皮の色を信号に例えてみた記事を書きました。
ブログを始めてまだ3ヶ月位の時だったので、説得力に欠ける文面です。
こちらの記事がそれです → 頭皮の色による薄毛の前兆

文章の構成などが未熟だった頃なので、読みにくい内容ではありますが、
自分ながらに言いたい事は理解できます。その記事内で述べている、
頭皮が赤くなるという事についての見解は、今現在も変わりません。



●シャンプー選びで生じている悪循環

touhigaakai2.jpg

昔からヘアケアの常識とされていたものが、誤ったものとしてここ数年で
見直されてますが、それでも一部の人にまだ認知されていない様に思えます。
多くの人は、自らが正しいとしていたヘアケアが、頭皮トラブルが原因に
なっている
とは思わないのです。スカルプDしておけば大丈夫だろうなどと。
市販のスカルプシャンプーは、すべての人の頭皮に良いとは限りません。

例えばスカルプDなら、ドライとオイリーという2つのタイプがあります。
どちらを使うべきか、その選択がけっこう難しいポイントになりますが、
それは使用者の肌質に関係します。乾燥肌なのか?脂性肌なのか?です。
この選択を誤ってしまうと、まず始めに痒みなど頭皮の異常を感じますが、
これが悪循環を招きます。肌に合うシャンプーを求めてあれこれ買いあさり、
それを繰り返している間に、頭皮の状態は悪化して赤みを帯びてしまう。



●頭皮が赤くなるのはシャンプーの残留で起こる

kame38 top losshair

そのようなヘアケアが、悪化の原因である事をこの2年間で特に感じました。
お客様の髪を切って洗髪までしていると、嫌でも見えてくる事があります。
特に感じたのがシャンプーによる頭皮への影響。これがかなりありますが、
中でもシャンプー液の残留というのは、明らかにみてわかるのです。
頭皮洗浄の為、お湯洗いしているとシャンプー液の残留が浮き出てしまい、
そのお湯が濁って泡立つのです。主にそういう方に頭皮が赤くなる症状
みられた訳ですが、これをずっと続けていると髪の発育に影響が出ます。
脂漏性湿疹や皮膚炎の元でもありますし、抜け毛が増えるのが怖いのです。

湯シャンが良いとよく言われますが、毎日他人の髪を洗っていると、
その理由がよく分かります。いかにシャンプー剤の影響が大きいのかを。
極論を言えば、頭皮や体に安全なシャンプー液など何処にも売っていません。
それは私が推奨してきた石鹸シャンプーにしてもいえる事なのです。
どんな種類であっても界面活性剤が主剤である限り無害とはいえない訳です。
そもそも界面活性剤というのは、洗浄力をはじめ殺菌力が優れており、
浸透力も強いので、細胞を弱らせてしまう力は十分に持っているのです。



●髪が傷めば頭皮も傷んでいます

touhigaakai1.png

頭皮が赤い状態にある人の髪の毛は傷んでいる事が多いのですが、
そこでもシャンプー液の悪影響がよく分かります。髪が傷むということは
頭皮も当然に傷んでしまうのですが、それはどちらもタンパク質だからです。
ここから言える事は、髪と頭皮の痛みは同期しているということ。
また、そのような界面活性剤の影響だけではありません。残留はまだあります。
それは‘‘髪に残るように作られているシャンプー‘‘。最近は結構ありますが。

感触の良すぎるシャンプーがそうですね。添加物を多くすればするほど、
髪や頭皮に残留しやすいのは明確です。タンパク質を傷めた上にさらに
コートされて保護するのですから、頭皮に付着すると負担は大きいのです。
肌に合わなければ赤くなって、傷んだタンパク質の角質はフケに変わります。
これがひどくなると赤みとフケがひどい「脂漏性皮膚炎」になるのです。



●頭皮が赤くならないようにするには

シャンプー台2

このような頭皮が赤くならない様にするには「湯シャン」が良いのですが、
最近の空気汚染など環境の悪化を思うと、あまり現実的ではありません。
もし湯シャンをするなら、頭皮の様子をみながら慎重におこなって下さい。
お湯洗髪について自分の良い方法が分かると、頭皮環境は改善されます。
→ 湯シャンのやり方をアレンジして頭皮のべたつき・フケ・抜け毛予防を

とはいうものの、湯シャンまでしないといけない様な状態は稀だと思います。
とりあえず頭皮が赤くなる様な状態を避ける為に、以下の事を意識して下さい。

・できれば朝のシャンプーは避ける  → 理由はこちらの記事で
・洗い過ぎない様にして頻度を調節  → 理由はこちらの記事で


私がいつも思うのは多くの人が洗い過ぎだという事です。いくら頭が痒くても
薬剤塗布で数分間もゴシゴシしていれば、頭皮は当然に荒れてしまうのです。
ためしに洗髪を1分程度で済ませてみて下さい。きっと理解していただけます。

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク