kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

首を温めて髪を生やす場合の温める場所と温め方

OK100_hitotuuenootoko20141221135054500.jpg

このタイトルをそのまま見ていると、とてもありえない様な話なのですが、前回の記事 の内容からみると、理解していただけるのではないかと思います。脱毛症がかなり進行しているという方への効果は、どれ程なのか分かりません。ただその継続で色んな良い変化があります。それには正しい知識が必要で、私自身も試行錯誤しており、様々な温め方や温める場所を色々研究しています。

スポンサードリンク

●以前から取り組み、分かっていたこと

足湯じゃなく足蒸し

首を温める目的というのは、体~頭部への血行を良くする事にあります。
それは髪の健康を考える上でとても重要な事であると言えるのですが、
多くの場合、その事を重要視される事はあまりありません。それよりも、
頭皮マッサージやツボ押しなど、直接に頭部を刺激する事が良いとされます。

ですが実際は、そのような部分だけを揉み押ししていても難しいです。
私がそれを経験して、効果の有無に目を向けたのは最近の話ではありません。
そしてそこから何が必要なのか考え、分かったのは足を温め、ツボを押す事です。
→ 足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う



●頭部のツボを押す以前に大切な‘‘温める場所‘‘

足つぼの効果、育毛・抜け毛予防に効くのは‘‘湧泉‘‘だと思う4

髪の健康に効く頭のツボは、百会・天柱・風池 とよく言われていますが、
そこを押す前に、足元から首までをしっかり温めておきます。体の冷えがある時、
温める場所は頸動脈です。血液が効率よく温まるのが分かるのを体感します。
そして首の付け根の突起部の周辺を温めます。ここは自律神経の中枢とされるので
冷えているとよくありません。ここを毎日温めるようにしていると、
自律神経が整って、体の温度調節機能が良くなり頭皮への血行も回復します。

これらを毎日の基本として、そこから百会・天柱・風池のツボ押しをします。
冷えが強いときは、風池にドライヤーの温風などを当てておくと良いです。
中医学では冷えは頸椎にある風池から入ってくるという考え方があるので、
悪寒がある時は風池にドライヤーの温風を当ててからツボを押しています。



●首を温めるいちばん良い方法

kubi w2

これ以外にも首を温める事によって、色んな効果がある様なのですが、
温め方については少し工夫が必要になります。このブログでよく紹介してるのが
天然オイルを使った頭皮ケアですが、蒸しタオルをたびたび使っています。
ここでもそれを使用。その方法としては、濡らしたタオルをレンジであたためて
首に巻く方法が一般的です。ただこの方法では蒸しタオルは冷めてしまいますね。
そんな時は電気あんかを使い、首もとに巻くのも良い方法だと思います。
この方法は寝ている時にとても有効ではないでしょうか。ただ私個人的には、
電磁波とかを気にしてしまうので、この方法はしていません。

そこで 使い捨てカイロ を利用します。その際に用意するのはU字の便座カバー。
カイロは直接だと熱過ぎるので、カバーの中にカイロを入れて首に巻くのです。
巻き方次第で便座カバーには見えませんし、家の中なので問題ありません。

以上が首の温める場所と温め方です。連載になっているので参考にして下さい。
→ 育毛するなら頭より首を温めるべき その理由と効果


スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク