kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

Deeper3Dで髪が生える例をペンタデカンから学ぶ

533-2

Deeper3Dを使用していて体感できるのは「頭皮内部への浸透」です。じんわりと浸み込みが感じられますが、それが何処に効いているのか、その理解が大切だと最近は特に思います。かつてペンタデカンの育毛剤が話題でした。なぜ「髪が生える」といわれたのでしょうか。その答えは成分の特徴とされる、頭皮内部への浸透力 にある訳で、Deeper3Dの浸透力についても、そこに通じるものがあると感じています。

スポンサードリンク

●良い情報があっても、越えられない壁

自然乾燥すると頭皮が痒く、抜け毛も増えるという悪循環を解説1

私たちが使用できる育毛剤というのは、医薬品を含め色々な物がありますが、その効果や伴って起こる副作用は、ぜひ知っておくべきだと思います。ネット検索すれば、そういった情報の詳しい内容を知る事ができますが、いったい何処の情報を信用すれば良いか混乱して分からなくなります。特に髪が生えるという‘‘悩み系キーワード‘‘は、誰もが敏感になります。これらの問題の解決は難しいとされていますが、解決が難しいからこそ、同じ悩みを持つ人が分かち合って情報を共有するべき ではないでしょうか。

ただそれは、敏感な‘‘悩み系キーワード‘‘だからこそ実現が難しいと感じます。その様な情報を共有出来る場所が有ればと思い、フェイスブックページを作ってみましたが、思った様に人が集まらず、やはりそこにはプライベートに関係する越えられない壁があるのだと感じました。その様な個人が特定する場所で髪の悩みの真実が語られるというのを、コメントでも述べた事があります。
→ 育毛の成功は個人レベルでの情報収集 ~ソーシャルが活かされる時代~



●医学的観点から学んだDeeper3Dの有効性

533-3.png

私は現在もソーシャルは必要だと感じており、情報収集・分析を繰り返してきました。ただそれは決して容易い事ではないようです。理由は前述の通りなのですが。そんな中でも地道に活動をしていると、素晴らしい出会いがあります。それはツイッターでしたが、私がつぶやいた髪関連ツイートをRTされました。その方は名高い病理専門医様ですが、ご自身のツイートの内容が素晴らしく、以前から参考にさせていただいておりました。実はその方が述べるには、ペンタデカン酸グリセリドで髪が生える事を専門の部分で知ったそうです。

そういった事に確信があり、現在もこの成分を含む育毛剤を継続されています。私は基本的に髪の問題について、色んな方向から見るようにしていますが、自分の知らない医学的観点から述べられる、病理専門医様との会話から、学べる事がたくさんありました。そこで学び思ったのはDeeper3Dの有効性です。なぜペンタデカン酸グリセリドが良いのかは、以下の記事を参考に。
→ ペンタデカン酸グリセリドの効果、病理専門医様のお話



●そう簡単に有効成分が浸透しない理由

kame38 top losshair

休止期の毛乳頭を活性化させる事さえすれば、髪に良い兆候が多くみれます。ただそれには、有効成分が頭皮下の深くまで浸透しないといけません。多くの育毛剤の有効成分とするものは、よく毛乳頭に効かせるとされますが、現状では決して毛乳頭までアプローチできているとは思えない様な感じです。

髪の毛というのは、頭皮上の数ミリメートル奥から生えているのですが、休止期にある毛乳頭はもっと奥の狭いところに存在するといわれています。頭皮表面に付けた育毛成分が、そんな奥まで届いているのか分かりません。何故なら私がいつも述べている「皮脂」がバリア機能を働かせ、育毛成分さえも進入を阻まれるからです。そんな多くの育毛剤が浸透しにくい頭皮上で、浸透力を認められたのが前述のペンタデカン酸グリセリドの育毛剤です。



●育毛剤は浸透させる方法がとても大切、その工夫はこうする

533-1

ペンタデカン酸グリセリドに学び、感じているのはDeeper3Dの浸透力について。海洋深層水、キャピキシル、グロースファクター(成長因子)など、これらが毛根付近まで明らかに浸透しているのだと体感できているのです。特に成長因子でいえば、ハーグ療法やグロースファクター再生療法で使用する重要なものなので毛根周辺への浸透はもちろん、毛母細胞も活性化されます。

グロースファクター1

頭を蒸しタオルで包み、毛穴を開いて自らヘッドスパを施した後にスポイド塗布。浸透しやすい頭皮環境にしておいて、更に浸透しやすいDeeper3Dを使用します。実際のハーグ療法くらいに、医療クラスの効果を求めるなら成長因子は必要かと。以前、Deeper3Dはお客様に使用すると述べましたが、勿体無く思いやめました。

浸透力に関して言えば‘‘育毛エッセンス‘‘は育毛剤より浸透するのですが、医薬品・医薬部外品ではありませんので、効き方もまったく違う感じですね。以前使っていたチャップアップは柔らかく浸透しますが、こちらは激しく浸透する感じです。どのタイプにしても、いかにしてうまく浸透させるか??というのがポイント。病理専門医様のペンタデカン事例から学んだ事を今後もうまく活かしたいです。


スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク