kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りリンスの作り方、タマネギの皮が凄いと思うこと

hair onion1

頭皮の健康を述べる上で、リンス等の使用は避けるものだと考えています。
ただ、髪を保護する理由でいえばリンス・トリートメントは必要なのですが、
地肌の事を考えると、やはりこの様な合成ものは避けたいと思うのです。
一番良いのは、自分で安全な素材を選んでリンスを作ってしまえば良いです。
過去に石鹸洗髪用のリンスの作り方を紹介しましたが今回は普通のリンス。
しかも育毛に良いリンスです。ここで活かされるのは タマネギの皮 です。

スポンサードリンク



●髪へのケルセチン(タマネギの皮)効果を再び考える

hair onion3

6月ごろに某健康雑誌にて私の記事が掲載される様になりました。
近々取材していただく予定となっていますが、記事の内容となっているのは、
主に タマネギ を取り扱った健康・アンチエイジングがテーマです。
タマネギが健康に良い事は誰もが分かる事ですが、今回はさらにこだわって
「タマネギの皮」に目を向けています。これの有効性は以前に述べています。
→たまねぎによる髪への効用、育毛効果は皮に含むケルセチンから

最近ではタマネギを食べる事を意識しなくても、自然に摂る事が出来ています。
ただ、「タマネギの皮」を食用とするのは、あまり一般的ではありません。
これを調理して食べる事は難しいので、煮出した汁を飲むという形をします。
なぜこんな事をしてまで皮なんてものを・・・と思われるかもしれませんが、
そこは食べ物は一物全体(栄養値の高い皮ごと)いただくという事でみれば、
決して可笑しい事ではありません。私は以前からそれを実践しています。



●ケルセチン(タマネギの皮)リンスの作り方

hair onion4

そんなタマネギの皮に含む ケルセチン は抜け毛や育毛にもなかなか有効。
ただ煮出した汁といってもそれを飲む事はあまりお勧めできません。
前述の通り、健康には良いのでしょうが、とにかく苦くてまずいのです。
また商品として「たまねぎの皮粉末茶」も試しましたが、これも同じく苦い。
いちばん良い使い方は料理に混ぜて飲む事です。お茶としてではなくです。

そのように、体に摂り入れる形にした方が効きやすいのは明確なのですが、
髪の健康維持や髪を育てる事に対しても、タマネギの皮が効果を発揮します。
そういった場合の使い方は、リンスとして直接髪に付けてしまいます。
自分で作るのですが、なかなか良かったので作り方を紹介したいと思います。
タマネギの皮を利用したリンスといっても、作っているうちに幾つかの
パターンへと応用できる事が分かりました。以下の3つのリンスがあります。

hair onion2


①通常のシャンプー後のリンスの作り方・効果
タマネギの皮を水で煮出して、その汁をいつものようにリンスにして使うと
髪の毛が柔らかくなり、艶が出ます。玉ねぎの皮3カップ(タマネギ2~3個分)
を煮立ったお湯に入れて5分以上煮込みます。煮込み時間は好みですが、
長く煮た方が髪にサラツヤ効果が出る感じです。(好みで調節してください)
可能ならここでタオルに包み込んで蒸すようにすると効果が大きいようです。
煮出したお湯は紅茶色ですが、白髪が目立たなくなる効果もあるようです。

②石鹸シャンプー後のクエン酸リンスの作り方・効果
石鹸シャンプー後のクエン酸リンスとしてタマネギの皮効果を活かす方法。
材料は以下のもの。・精製水 500ml・玉ねぎの薄皮 2~3個分・クエン酸 60g
方法は、タマネギの皮をむき、水でよく洗った後、水分を取って乾燥させます。
ボトル容器に精製水とクエン酸を入れて混ぜます。タマネギの皮を入れ、
2~3時間放置すると色が強く出ます。あとは皮を取り除いて完成です。
アトピー肌で石鹸シャンプー・クエン酸リンスしたいという人に有効です。

③育毛に良いリンスの作り方・効果
こちらはシャンプーの種類を問わないリンスです。通常のシャンプー使用後の
クエン酸リンスという形なので、性質上、髪の毛の保護効果は見込めません。
あくまでも育毛に良いリンスという事でクエン酸使用も有りと考えました。
材料は以下のもの。・精製水 500ml・玉ねぎの薄皮 2~3個分・クエン酸 60g
方法は、タマネギの皮をむき、水でよく洗った後、水分を取って乾燥させます。
ボトル容器に精製水とクエン酸を入れて混ぜます。タマネギの皮を入れ、
2~3時間放置すると色が強く出ます。あとは皮を取り出して、根コンブを5g、
黒砂糖を大さじ1、はちみつを大さじ1
ずつ入れ混ぜて1日置いておきます。
そして最後にコンブを取り出して完成。これをペットボトルに入れておきます。

一応このような形で以前やってみましたが、近日中に再び実践するつもりです。
健康誌への掲載が確認できましたら、その際またお伝えしたいと思います。

関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。