kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

シャンプー評価サイトに信憑性なし?自らやってみて分かったこと

shannpu-iroiro.jpg

新しいシャンプーの評価が発売前にかかわらず悪かったりするものがあります。ですがそういったものに限って、数ヵ月後にはとても良い評価になってたりします。新しいシャンプーを買う時、シャンプー評価サイトを参考にする人も多いと思いますが、そこで述べる事の信憑性を問う事もなく、完全に信用するのは良くないと思います。それは私自身が市販のシャンプーの評価をやっていて分かったことなのですが・・・

スポンサードリンク

●「シャンプー評価サイト」とは

メンズシャンプーブラシのおすすめ、市販ならリガオス3

シャンプー解析サイトともいいますが、市販されているシャンプーの成分を解析して、
髪や頭皮への効能や安全性・危険性などをサイト上で公表しています。

私自身も以前から色んなシャンプーに興味を持っていた事から、そういったサイトを
拝見する事もありました。そして現在は、このブログの有力コンテンツのひとつとして
市販シャンプーの良し悪しというものを私自身がレビューして評価しています。
自分自身がそれを実際にやってみると、色々と分かってくる事があります。それは、
シャンプー評価サイトが述べている事ついて、正しいのか間違いなのかという疑問です。
そういったサイトをよく訪ねる人は分かると思いますが、配合されている成分だけをみて
そのシャンプーが評価されてしまっているような感じがどうしてもあるのです。

kora-jyuhuruhuru1.jpg

例えば、安全な洗浄成分としてグルタミンやベタイン系のアミノ酸系だとされています。
そして危険な洗浄成分はラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった石油系界面活性剤。
髪に良い天然成分なら、加水分解ケラチンやパンテノール、ヘマチンやリピジュアなど、
これらの説明は確かに間違ってはいないのですが、説明の仕方が好ましくないのです。

単に配合されている成分をみて「危険と安全」を決めてかかっていることが多くあり、
購入する人が読んだ場合、実際には参考になる解析・評価では無い様な感じがします。
凝り固まったり決めてかかるのは良くないのです。何故なら人それぞれの体質というもの
があるから。成分だけで危険だ安全だと述べるのであれば、その分量までしっかりと
記載するべきなのです。また、たとえ石油系界面活性剤を使用していたとしても、
いまどき高濃度で配合するような無茶をするメーカーなど知っている限りいません。
化学物質満載の合成シャンプーだから危険、天然成分の無添加シャンプーだから安全、
という評価はよく分かります。ですが何度もいう様に決めてかかるのは良くないのです。




●読者様との意見交換の中で分かったこと

ronaudo-aoi.png

そのシャンプー評価サイトが、運営者個人での見解として評価しているのであれば
それも良いと思います。ただネットで公開する限りは影響力がある事を考慮すべきなんです。
ただ、この様に私が述べるのにも、ちょっと理由があります。私はこのブログの読者様と
シャンプーについての意見交換をたびたび行なってますが、その会話の中で学んだのが
前述の「化学物質満載の合成シャンプー」にて髪や頭皮の状態が良くなった方がいる事です。
そのシャンプーとは「頭皮の奥3層まで浸透」がテーマのクリアシャンプーです。
安価なシャンプーですが、当ブログの読者数名の方にとても良い効果がみられました。
詳しくはこちらへどうぞ → 宮崎あおいCMシャンプー・クリア(CLEAR)の口コミと解析

この記事を書いた時は、私もクリアのシャンプーに対して良くない評価をしていますが、
その辺では、まだ本当の評価になっていなかった事を、今ではよく理解できるのです。
記事をみた方々から良い報告をいただき、何が正しい評価なのか分かるようになりました。

このような個人的な意見交換など、やりとりがあって色んな評価が出来るのだと思います。
その部分では私自身の長所だと思っていますし、今以上にそれを活かせることができれば、
もっと良い情報が皆様にお伝えできるのではないかと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク