育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2015 04/05

頭皮ストレッチとして考えるメリットとは

touhisutoretti2.jpg

最近は下半身のストレッチをすることが毎日欠かせなくなっていますが、
頭皮のストレッチも今後、続けるべきだと思ったりしています。実際には
頭皮マッサージとして実践しているものの、「マッサージ」として一生継続が
必要と考えるとたまに嫌になってくる時があります。ですからマッサージ
と考えるのはなく、しばらくは「頭皮のストレッチ」として考える
様にしました。
そのストレッチは首・耳・頭皮の順番。この順番にはこだわりたいのです。

スポンサードリンク



touhisutoretti3.png

少し前に 腸脛靱帯炎 を患ってしまい、それ以来ストレッチを繰り返しています。
とても調子が良くなった事で、ストレッチがいかに大切なのか分かったのですが、
頭皮もストレッチすると考えれば毎日のマッサージも面倒臭くない様に思えます。
育毛や抜け毛を予防するのでしたら、ストレッチ(マッサージ)した方が良いです。
これをするだけで髪が生える事はありませんが、した方が良いと私は言いたい。



●血行が非常に良くなるので首→耳→頭皮の順番は必ず

touhisutoretti1.jpg

頭皮が凝り固まっているので、それを伸ばすイメージでおこなっていますが、
体を伸ばすように「頭皮をストレッチする」という感覚で進めると良い感じです。
耳の上から両手で頭を包む様に、天頂部に向かって頭皮を揉み伸ばしていきますが
私自身はこれをする前にテニスボールを使って首のストレッチをしています。
→ 首のストレッチとして育毛・抜け毛に効くテニスボール

首・耳・頭皮の順番の流れですすめると血行が非常に良くなる、それが狙いです。
血行不良で頭皮が凝っているなら、いきなり頭皮マッサージしてもダメなのです。
物事には順番がある、と言うように心臓に近い部分から血流を促すのが理想的。
さらにいえば、私は下半身を温めるようにしていますがこの効果も大きいのです。
そのうえで首を温めるようにすると、頭皮への血行がよく分かりますね。
→ 首を温めて髪を生やす場合の温める場所と温め方

touhisutoretti4.jpg

以上の事をストレッチとして行うようにして、最後に頭皮のツボを押しています。
髪の健康維持に効く頭の三大ツボ 百会・天柱・風池 を押していきますが、
最近はpanasonicの頭皮エステを使うようにしています。このようにこれまでと
異なる変化をつけて、気楽に考える事で「頭皮ストレッチ」が楽しくなりました。
頭皮が凝り固まる前に考え方を凝り固めないようにしたい。そんな感じです。

関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「スカルプDで洗うと禿げるのか?お客様からの質問と答え

BEFORE「うなぎに育毛効果があるので骨も肝も食べてみた

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top