kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

男性の抜け毛予防になるリンスの使い方はこうします

dannseirinnsu1.jpg

男性の中にもリンスやコンディショナーを必要とする人はいると思います。
ただ、頭皮への悪影響があるのなら使うべきではないといえるのですが、
リンスの種類や使い方次第では、抜け毛の予防になるなど良い事もあります。
私はいつもリンス不要と言ってますが、今回はその逆を述べてみます。

スポンサードリンク

dannseirinnsu2.jpg

市販のリンスやコンディショナーについて最近は特に不要になったと感じます。
この頃のシャンプー剤は質が高く髪や頭皮にも優しくなった事がその理由。
泡立ちが良くても脱脂力は弱めなので、リンスやコンディショナー無しでも
髪のパサつきがなく、潤っている事もあるくらいです。そういったことから、
髪の長さによってはリンスやコンディショナーは必要ないといえますし、
それが男性なら頭皮へのリスクを考えた場合、特に不要という事になります。

ですが男性すべてがそうであるとは限りません。必要な人もいると思います。
例えば育毛の目的としてブラッシングやブラシマッサージをする人の場合です。
既に傷んでいて、もつれやすい髪の状態でおこなうとブラシの通りが悪く、
髪が多く抜けてしまう事があり、そういった場合に日頃のリンスが必要ですね。



●リンス・コンディショナー・トリートメントの違いはぜひ知っておく

リンス3

どんな場合でも、適当にリンスの種類を選ぶなんて事はしない方が良いです。
では、どんなものを選べば良いのか?男性としてはぜひ知っておきたいところ。
まずシャンプー後のケアとして、リンス・コンディショナー・トリートメント、
と大まかにまとめられますが、それぞれに効能が異なるので使い分けが必要です。
髪に必要なものとして順番は①トリートメント②コンディショナー③リンス 、
という感じになりますが、それぞれを使用する意味などを知っておいてください。

まず③リンスについて リンスの役割はシャンプー後のきしみを緩和して髪の手触りを良くします。静電気防止にもなりますね。ただその効果は髪の表面だけに作用するのみという感じです。

次に②コンディショナー こう呼ぶのは商品メーカーのそれぞれが定義している事であって、実際の効果はリンスとあまり変わりません。ただ最近ではコンディショナーとされているものの方が、リンスよりも髪の毛表面の保湿・保護に優れている感じです。メーカーによっては、髪の毛にコシが出たり、ボリュームが出たりして、髪が多く見えるようなものもありますね。

そして最後に①トリートメント これはリンスやコンディショナーと違って、髪の内部まで浸透します。トリートメントには髪に必要なタンパク質やアミノ酸が含まれており、髪のダメージを内側から補正してくれます。そういった理由からトリートメント効果のあるものは、つけて時間を置くとより浸透するというものなのです。ちなみに私がおこなっているオイルケアも同じ理論。


薄毛でもコンディショナー・トリートメントが有効に使える方法 より引用




●男性におすすめのリンスと理想の使い方

リンス2

たとえどんなリンスやコンディショナーを使うにしても長時間つけ置きするのは
良くありません。つけてしばらく置いておくのが髪に良いと思う人がいますが、
時間は関係ありません。つけるとすぐに髪の表面に吸着されコーティングするので
長く置いても意味が無いのです。
むしろ頭皮に付着するリスクの方が大きいです。
ですからリンスやコンディショナーを使うなら、頭皮を避けて髪だけにつけます。
それもつけて即流すというだけで充分。深く揉み込むなんて事をしてはいけません。

もししばらくつけ置きするのであれば、トリートメントを使うのが一般的です。
ただ男性には使うトリートメントにぜひ拘っていただきたいです。女性と同じ
トリートメントよりも男性ならではの「頭皮ケア用トリートメント」を使うなど。
最近よく感じる事ですが、スカルプ用のトリートメントがとても高品質なのです。

dannseirinnsu3.jpgdannseirinnsu4.jpg

例えば、スカルプDやリガオスなど男性のスカルプシャンプーのトリートメントは
成分が優しくもあって、通常のリンスやコンディショナーをつける感覚でOKです。
つけて即流しも有りですが、メーカーはつけ置きを推奨しています。つけ置きを
する事で痒み等あるのではないかと思い、様子をみていましたが大丈夫でした。
もし市販のトリートメントをお探しなら、スカルプDやリガオスはおすすめですね。

男の臭いを抑えるシャンプーを使うなら注意したいこと2

リンスインシャンプーで簡単に済ませたいという場合はウルオスが良いです。
ウルオスも洗浄成分は優しめで、リンスなしで天然成分での潤いを感じました。




●たかがリンスでも手間をかけたいと思う

hair onion3

もし時間がある時はリンスを自分で作ると価値のあるヘアケアができたりします。
自作なら成分も安心ですし、頭皮の対して労わろうと思う気持ちが強くなります。
最近ではケルセチン(タマネギの皮)リンスが育毛に良い事をお伝えしましたが、
これについては健康雑誌「壮快」の6月号にて掲載されることになりました。
コンビニ等で買えますので、よろしければご覧になっていただきたいと思います。

今回はリンスやコンディショナーを男性が使う場合の話でしたが、私がおもう
理想の頭皮ケアはこういった合成されたものを使わない方法でおこなうこと
です。
というのも私自身がその様な方法をおこない、髪の回復があったからなのですが、
どうしても頭皮トラブルが改善されない人にはシャンプー・リンスをやめて、
湯シャン・クエン酸リンスする事をおすすめしています。ぜひ過去の記事も参考に。
→ クエン酸リンス+オイルで抜け毛予防、育毛できる作り方と使い方


スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク