kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

抜け毛の毛根が白いと禿げる?それよりも怖い「先細る毛根」

5513819606_d5927f8691_z.jpg

カットをする前に「クセ直し」をします。濡らして櫛を通しますがその際に
髪が多少抜けます。決して気にする必要のない抜け毛なのですが、それをまじまじと
確認するお客様がいらっしゃいます。そして 毛根にある白い塊 は一体何なのか、
禿げるのではないかと聞かれるのです。気にし過ぎではないかと思ってしまいますが、
不安になる気持ちも分かります。でもそれより怖いのが 毛根の先細り なのです。

スポンサードリンク



●毛根に付く白い塊が取れても髪は生える

moukonn3.jpg

育毛剤にこだわっていると必ず気にし出してしまう「毛母細胞」への育毛成分の効き目。
毛根の下にあってとても大切な部分といえますが、髪が抜けてその毛根に付いている白い
塊が一緒に取れてしまうと毛母細胞が破壊されるのではと不安になる人がいます。
例えそんな事があっても毛母細胞は破壊される事はありません。毛母細胞は毛根部分の
まだもっと下の方なので直接に影響があって髪が抜けたなど聞いた事がありませんね。

その毛根部分には「毛根鞘」というものがあります。これがどんなものかというと、
私のイメージでは 髪の毛と毛根をくっつかせている糊とかボンドという感じです。
毛根鞘は、人それぞれの頭皮によって白っぽいのか透明っぽいのか異なっていますが、
じっくりみると少しグロいのですが、全く問題ありません。これがあって普通なのです。



●「毛根鞘」がみられない髪の毛の方が心配

moukonn1.jpg

また、抜けた髪の毛根に油脂の様な白い付着物があり、その除去が必要だというのを
よく育毛サイトで述べられています。ただこれについては信頼性がない感じがします。
毛穴に詰まるとする油脂は目に見えるほど付着したりしないはずです。そこまで
汚れて毛根に色々付着するとすれば、日本ではなく相当な悪い環境にある時だと思います。
だからこういった付着物はすべて「毛根鞘」と考えて良いのではないでしょうか。

逆にこの「毛根鞘」がみられない髪の毛の方が心配です。髪が薄くなっている方に
よくみられているのは、毛根鞘がまったくみられずに先細りしている毛根。
冒頭で述べた
クセ直しの後、薄毛の人から問われ、「毛根鞘」の説明、そして先細った毛根の説明は
なるだけしていますがあまり聞く耳を持ってもらえないのが実情です。

自分の髪の毛根が「毛根鞘」か「先細り」なのかは、なかなか分かりづらいのですが、
意識するようにして軽く引っ張ってみると案外分かったりします。
「毛根鞘」なら抜くと痛いです。また「先細り」だったら痛みがなくて簡単に抜けます。
痛みが感じられない抜け毛、そして「先細る毛根」は個人的に非常に怖く感じます。



スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク