kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

湿布で血行促進、髪にも効かせる生姜湿布の作り方

sippu2.png

数日前、指に炎症がみられ、あまりにも痛過ぎたので「湿布」を使用しました。湿布はずっと前にアレルギー反応がみられたので使用を避けてましたが、今回ばかりは成功でした。化膿性の炎症なのに一気に腫れが退いてくれたのです。このすごい効能を髪の悩みに使えたらと思い、浮かんだのが生姜のレシピです。生姜の効果はけっこう強いので今回は「生姜湿布」を述べてみたいと思います。

スポンサードリンク


●湿布が「ひょうそ」に効いたことに驚いた

sippu3.jpg

私の職業は身体が健全でないといけません。特に手指の健康は仕事を続ける上で、重要だといえます。例えばアトピーを持っていると手の痛みがいつもひどくあり、それが理由でこのお仕事が続けられない。そんな人をこれまで見てきました。

そんな私も他人事ではありません。アレルギー反応が見られることもありますが、それよりも痛く感じる、急性の化膿性炎症が指にたびたびみられたりします。

これは「ひょうそ」といって、水を扱ったり、手に菌がつきやすい仕事の人によくみられるといいます。ブドウ球菌の感染が原因で指が赤く大きく腫れるのです。人の髪をいつも触っているので、これこそが本当の職業病なのかもしれませんが、これの治療がとっても大変なのです。麻酔なしで指を切開して溜まっている膿を思いきり押し出しますがこれが本当に痛いのです。いい大人が泣きたくなる位に。

最近では発症して膿が溜まるタイミングまで分かってきたので、自分で針を刺し、治せる様になりましたが、こんなものと一生付き合っていくのは避けたいのです。そもそも、切開したり針を刺したりしてるだけでは何の解決にもならないし、これからも同じ様に何度も発症してしまうでしょう。

それが分かっていますので、根本的なところから見ていこうと思い、いろんな方法を取り入れてきました。その方法のひとつとして「お灸」があります。しかも「もぐさ」を使ったやり方。これはまったく効果がありませんでした。熱くて痛い。これは忘れたい過去です。

sippu4.jpg

お灸などで対応できるのは初期のひょうそだけだと思います。大きく膿が溜まってしまったときは切開するか針を刺すしかないのです。ですが今回は違ってました。赤く腫れてしまって膿んでいるのに、湿布をするだけで腫れがひいてくれたのです。

鍼灸など東洋医学的にみれば、湿布は痛みをひかせる為の応急措置として使うものと思われますが、とにかくその激しい痛みが抑えられ、指が元に戻ったのは最高です。

ちなみに使った冷湿布は”ゼポラステープ”です。有効成分はフルルビプロフェンこの手の非ステロイド性の抗炎・鎮痛薬は、人によってはアレルギー反応が出ます。しかもテープ剤なのでそのリスクは高いです。私も今回限りにしようと思いますが。



●安心して使える生姜の効果はいろいろ実証済み

ショウガ昆布茶1
→ 生姜昆布茶の記事

ひょうそ治療に試しただけの「湿布」が功を奏したような形です。髪や頭皮にもこのような良い効能があればと思ってますが、ただアレルギー反応は避けたいです。そこで薬剤を使わない「しょうが湿布」をしてみようと思いました。

実を言うと、しょうがを以前よく使っていた事を忘れていて、今回久し振りに思い出したのです。私は生姜は冷えが強くなる冬に使うので、今すぐ「生姜湿布」する事はありません。ただ、しょうがは温めるのは当然として血行を良くするというのは実証済みなのでその部分でいえば季節は問いません。

血行をよくする=髪がよく育つ、この部分はいつも意識しておいたほうが良いです。私はここを生活のすべてに入れています。



●血流促進効果・生姜湿布の作り方

sippu5.jpg

「頭皮マッサージをたくさんやってるが髪は生えない・抜け毛も減らない。」こういう話をよく聞きますが、やはり根本的なところを改善していかないと無意味な事が多いです。仕事で目を酷使すれば眼精疲労になって、顔面の筋肉が緊張しおでこも突っ張ります。

その時、首から頭にかけての血管が収縮し血流が途絶えて酸素欠乏しますが、その状態で頭皮マッサージをしてもあまり意味が無い。例えAGAでもそこを重視すべきです。ですから身体を温める事をして血行を促す事をいつも考えておいた方が良いのです。

sippu1.png
http://www.musofood.co.jp/chie_syoga.html

念のため、生姜湿布は健康状態が良いときにおこなうようにしてください。生姜は多くの漢方薬に入っていますが、それだけ効能が強いものでもありますね。

葛根湯が体力ある人対象の薬であるのと同じで、生姜湿布も体力を消耗するそうです。ある意味特殊な手当て法だといえますが、それは生姜のレシピで効果実証済みです。→ 寒い季節に抜け毛を予防する”しょうが”とその効果とは


関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク