kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

育毛として亜鉛は1日どれ位の摂取量が良いのか考えてみた

zinc1.jpg

今年(2015年)からサプリメント商品の表示に関しての法律が改正されたと聞きました。
特定の効能を謳う事については、国に科学的根拠を認められた「特定保健食品」のみ
許されていたのですが、今後は科学的根拠さえあれば"発毛"でも謳う事が可能です。
個人的にも亜鉛サプリメントは必須です。ただ育毛が可能だと謳うことで多くの人が 
亜鉛サプリを摂るのかもしれません。そこで注意したいのが亜鉛の1日の摂取量です。

スポンサードリンク



●最近サプリでの亜鉛摂取量の調節が難しい

ボストンの中身

元々サプリに関してはあまり良いイメージを持てず、ただの食品だと考えていました。
美容効果などの誇大広告をよく見かけますが、エビデンス(科学的根拠)はほぼ無いです。
服用するものに関しては、それなりの効能が証明されたものだけを摂りたいと思いますが、
私の抜け毛は亜鉛不足にもあると感じ、昨年から亜鉛サプリを摂るようになりました。

現在は育毛目的としてボストンのサプリメントを摂っており、亜鉛4mgが含まれてますが、
成人1日当たり亜鉛の推奨摂取量は15㎎とされる中で4mg程度では少し足りない感じです。
そこで昨年はzincの亜鉛サプリも摂ってましたが、こちらは30mgの亜鉛が配合されてます。
少し摂り過ぎている感じだったのでボストンのサプリをやめたのですが、その後抜け毛が
また多くなってきたので困っています。どのくらいの摂取量がベストなのか難しいです。



●現代人の薄毛は亜鉛不足が原因のひとつ

焼肉

亜鉛の推奨摂取量は1日15㎎といいますが、私達の環境ではそれが中々難しいのかもです。
日本人の成人男性の平均摂取量は9mg、女子は7mg程度とかなり低いのが分かります。
亜鉛不足が起こる理由はいくつかありますが、個人的に感じるのは食事からの亜鉛不足。
私は麺類やパン類など小麦製品をよく食べます。そして野菜・穀物も当然欠かせません。
そして 亜鉛は動物性食品に多く含まれますが、これをあまり摂らないのが問題 なのです。
女性に割と多くみられますが、動物性たんぱく質を摂らないでいると亜鉛が不足します。

男性で肉をよく食べるからといって安心してはいけません。食肉するのが加工食品なら、
その食品添加物が亜鉛の吸収を妨げます。肉はそのまま食べませんので調味料が必須です。
例えばソース・マヨネーズ・タレに含む膨張剤・乳化剤などのポリリン酸ナトリウムは
体内に取り込んだミネラル(亜鉛)の吸収を抑制する働きがあります。これは食肉に限らず、
現代食全体にいえる事ですが、添加物主体の食事をしている限り亜鉛不足はずっと続きます。
若い人に抜け毛の症状がよくみられる様になりましたが、亜鉛の欠乏も原因のひとつです。



●亜鉛の摂取量は摂り過ぎ位が良いのかも

髪の為に亜鉛サプリ(zinc)と育毛サプリを併用します2

私の様に亜鉛不足がはっきり分かる場合、サプリを試してみると変化がよく分かります。
1日の目標摂取量は15~30mgを目安に。普通に食事すると平均10mg摂取しているそうなので、30mg摂る場合は20㎎程度プラスすれば良いと思います。30mg摂ると摂り過ぎではないかと心配になりますが、一般的には大丈夫です。(個人的には亜鉛30mgが丁度良い感じでした)

亜鉛はミネラルの中で最も毒性が低く、1日50~100㎎を取り続けても問題ないそうですが、これをずっと続けた場合、人によっては銅欠乏性の貧血を招く事もあるのでそこは注意。髪の為には亜鉛の摂取が大切だと思います。タンパク質の合成と深く関わってますし、新陳代謝の過程では欠かせないもの。私は摂取過剰よりも不足は避けたいと思っています。


関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク