kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

ビタミンCによる髪への影響、そして吸収させる為に

bitaminnc1.jpg

肌や髪の若返りというのは誰もが願っている事ではないでしょうか。私自身いつもそれを考えていたりします。若返りに必要な栄養素としてビタミンは欠かせないのですが、このブログではこれまで主にビタミンB群やビタミンEの働きばかりに着目してきました。ですが今回は"ビタミンC"について取りあげたいと思います。一般論ではビタミンCの効能は髪に生かせづらいとされてますが、それが事実なのかよく考えてみました。

スポンサードリンク

●生野菜・果物などを避けていた理由

bitaminnc2.jpg

これまで、私自身もビタミンCは髪や頭皮の健康に活かせられないと考えており、それを豊富に含んでいる食べ物を摂るような事はあまりしていませんでした。むしろ避けていた感じでもあります。なぜならビタミンCを多く含んでいるという食べ物(生野菜・果物など)を多く摂ると内臓を冷やしたりする事がよくあるからです。

冷えた食べ物や甘い食べ物が内臓に負担をかけている、というのは私自身が痛いほど体感しています。冷えからくる症状としては、血流が悪くなって肌が汚くなり、さらに抜け毛も多くなったりなどしますが、それは特に今の夏~秋の時期によく起こる事なのです。東洋医学でいえば、冷たく甘いものすべてが"陰性の食べ物"といえますが、体温が高くなるとそれを冷やすために冷たく甘いものをつい多く摂ってしまうのです。


●ビタミンC摂取もそれを活かすまでが難しい

bitaminnc3.jpg

私は根菜類を多めに食べるようにしてますが、ビタミンをバランス良く摂るためには葉野菜などもしっかり食べなければいけません。ですが上記でも説明していますが、なるだけ生野菜は食べないようにしています。ですから火を通して温野菜で食べるという感じです。

ですが、火を通したり調理したりする事によって肌や頭皮、髪に必要なビタミンやミネラルが壊されたり流出します。特にビタミンCやB群といった水溶性ビタミンは水に溶け易いのが問題。ましてビタミンCの方は、調理する事によって失われやすいビタミンだといわれています。

ですがそうはいっても全部失われてしまうわけではありません。調理法によって50%から80%は残るといいますが、その辺の栄養素の吸収率はその人の体質によるのではないかと思われます。私の場合は生野菜でも温野菜でも、その栄養素の吸収がうまくできているのか正直よく分かりません。

bitaminnc5.jpg

ただもしビタミンCがしっかり摂れていたとしても、それを活かすまでが非常に難しいのです。ビタミンCはまず、体内に蓄えることが困難 だとされています。たくさん摂取できているとしても、次の日には尿と一緒に排出されていることが多い。これはビタミンCの性質なので、人間なら誰にでも起こり得ます。

その他にも精神的なストレスを受けた際にもビタミンCが消費されたりしますし、飲酒や喫煙など嗜好品の摂取でも、体内のビタミンCは壊されてしまいます。こういった事から、ビタミンCの弱点は、その壊れやすい性質にあるのですが、そこが改善されない事にはなかなか髪の健康までは活かされないのではないでしょうか。


●"ビタミンC誘導体"ではなく純粋なビタミンCを

bitaminnc7.jpg
ビタミンCを摂取する為にあらゆる方法をとるのであれば、食の面だけでなく 頭皮から直接アプローチするという方法 があります。ですがここで気をつけなくてはならないのが、先ほど述べたビタミンCが壊れやすく弱いという性質。たとえビタミンC配合のコスメ品を頭皮に塗布しても、その弱い性質上、頭皮の下まで浸透する事が困難だと考えられます。

近年では、皮膚の角質層に浸透させてからビタミンCに変化させる「ビタミンC誘導体」がいろんなものに有効活用されている感じがしますが、頭皮への浸透については難しいと考えられます。何故なら、ビタミンC誘導体は安定させるための分子量が大きくなり過ぎるのです。

もともとのビタミンCとして変換される分が少なくなってしまうので、それでは意味がありません。やはり本来の純粋なビタミンCと比較すると、かなりのパワーダウンがあるはずなのです。ですからやはり理想は、純粋な状態のままのビタミンCを確実に頭皮の角質層に届けること です。

医学的にもそんな方法はなかなか見つからないようですが、個人的には以前に記事にした ビタブリッドC がいちばん理想に近いのではないかと思っています。
→ ビタブリッドCという育毛剤が韓国で人気 効果など口コミを調べました

本日、ビタブリッドCヘアーを注文しましたので後日またレビューしてみたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク