kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭皮の日焼けのヒリヒリ予防に使いたいホホバオイル

髪2

頭皮の日焼けの度合いは、髪の密度によって変わってきます。髪が多く長い人ほど頭皮は日焼けしにくいといえますが、多くの場合女性よりも男性の方がよく日焼けします。髪が短く、さらに髪が薄ければそれだけ頭皮は紫外線に晒されます。日焼けがひどくなると痒くなりヒリヒリするのですが、そこまでなると頭皮へのダメージはけっこうあります。そうならない為の予防など対策はとても大切。そんなとき使えるのがホホバオイルです。

スポンサードリンク


●夏に思う、髪を短くするリスク

mm2.jpg

頭皮への悪影響を考え、昨年はなるだけ紫外線を避ける行動をしていましたが、今年はそれとまったく逆な感じです。梅雨明け後、かなり日焼けしてますが、分かりづらいものの確実に頭皮まで焼けている感じがします。頭皮の健康の為にも、夏は短髪が理想だといえるのですが、強烈な紫外線は髪の発育を危ぶませる事もあるので、個人的には夏だからといって短髪にすることはありません。

ですがそれは私が室内での仕事に就いているからであって、室外で仕事されている人にすればやはり髪は短くしておきたいと思うものです。先日のブログ でもお伝えしましたが、来店されたお客様で頭皮の皮が日焼けで剥げていた方がいらっしゃいます。これについては、その方だけでなく髪が少ないといわれる人に同じ様な皮が剥げるくらいの日焼けがみられました。悪化すると頭皮トラブルを招きかねないだけに、できれば事前に予防・対策はやっておきたいものです。




●勧めたホホバオイルで日焼けした失敗例

muji1.jpg

以前の記事では頭皮の日焼け予防・対策を提案していますが、実際にそれを実践していただいた方がいらっしゃいます。残念ながらその方には「ホホバオイル」が効果的ではなかったようで、逆に焼けてしまったらしく、何だか申し訳ない気持ちになってしまいました。色々と聞いて分かりましたが、その方は精製したホホバオイルを使用されていたそうなのです。未精製の100%ピュアなホホバオイルであれば有り得ない話だったので、そこで納得しました。精製したホホバオイルは割と安価で大量生産できるのは良いのですが、精製の過程で人の手が入れば入るほどホホバオイルが持つ本来の効能は無くなっていきます。

逆に石油由来の成分が加えられているのでそこが問題となりますね。石油から作られたオイルには感光作用がありますが、そこで考えると当然の様に"オイル焼け"はします。こういった精製されたホホバオイルは「保湿効果」くらいしか効果は期待できません。私も使ってますが、ゴールデンホホバオイルなど未精製オイルなら日焼け止め(サンケア・UV効果)に効果を発揮するビタミンEなど滋養成分が豊富です。今回は私の説明不足だったのが残念です。




●頭皮用日焼け止めは頭皮に負担がかかる

hiyake2.jpg

日焼け止めといえば、多くの人が日焼け止めクリームやスプレーなどを使ってますが、成分の内容でみると個人的にはあまり使いたくないと思っています。特に頭皮に関しては。最近の日焼け止め製品は品質が良いのでそこまで悪影響を心配しなくていいのですが、頭皮に使うなら多少は気にしたいところです。通常の日焼け止めクリームやスプレーには必ずといっていいほど"紫外線吸収剤"が使われています。もちろんこれがないとクリームやスプレーする意味がありません。ただ紫外線吸収剤は有害物質として認知されているのが気になるところです。

紫外線吸収剤の成分名を一部ですが調べてみました。

メトキシケイヒ酸オクチル
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル(オクチル)
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オキシベンゾン(ベンゾフェノン3)
サリチル酸2エチルヘキシル(オクチル)
オクチルトリアゾン
グアイアズレン

まだ他にたくさんありました。

これらの紫外線吸収剤がなぜ有害物質とみられているのか説明したいと思います。
発ガン性があるなどいわれていますが、そこはあまり気にしていません。
気になるのはやはり日焼けで敏感になっている頭皮に対しての悪影響です。
まず紫外線は皮膚に取り込まれますが、その際に紫外線吸収剤で化学反応させます。

それが熱に変換するわけですが、この時に発生する熱が原因で地肌に炎症が起きる
可能性がある。
そのようにいわれていますが、色々調べてみると オキシベンソン
あたりの紫外線吸収剤は特に注意が必要とされていますね。オキシベンソンというのは
スポーツ用の日焼け止めに多く入っているみたいですが、ホルモン異常や
アレルギー反応が起こると指摘されています。ですが実際はそういったことが
仮に無いとしても頭皮に対しては負担でしかない、と私は考えています。なぜなら、
成分中に合成ポリマーやシリコンが使われすぎているからです。それがずっと直接頭皮に
付着しているのですから負担は半端ではありません。

ホホバオイル1

言い方があまり良くないのですが、髪が薄ければ薄いほどホホバオイルは塗りやすいです。
薄く伸ばして全体に馴染ませてください。頭に直接たらすとベタベタになってしまいます。
髪の長い人や女性の場合は分け目に馴染ませます。髪につけてもダメージが軽減して良いですね。最後に述べておきますが ホホバオイルは未精製のホホバオイル を使ってください。冒頭で述べているように、精製したものをつかうと逆に焼ける可能性があるのでそこは要注意です。



関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。