kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

酢シャンプーを育毛に効かせる作り方とやり方

sushannpu-1.jpg

需要があるか分かりませんが、お酢を使った「酢シャンプー」を紹介したいと思います。お酢を洗髪に使う場合、石鹸シャンプーのあとのリンスとして使う事がありますが、シャンプーそのものとして使うのはあまり一般的ではありません。ですが実際に酢シャンプーすると以外に良い反応もありました。試されてみても良いと思います。

スポンサードリンク

●自然派志向の先輩に学んだ「酢」の使い方

WS000002.jpg

お酢には強い殺菌性がある事が知られています。日用品の殺菌、さらにはイボや水虫の治療にも有効。その他にもさまざまな使い方があるようですが、髪の健康維持にも使えることはあまり知られていなかったりします。

個人的には 石鹸シャンプー後に必要な酸性リンスとして、お酢はなかなか使えると感じてます。こういった「酢リンス」の効能につきましてはコメントなどで良い報告をいただく事もあり、記事にして良かったと嬉しく思ったりします。

ですが、そもそも私自身にそのようなエコライフ的発想があるわけではなく、学ばせていただける先輩方がいたからこそ、いろんな実践や応用が可能になりました。本当にありがたいことです。そして今回お酢を題にしようと思うなかで、ふと思い出したのが10年程前に地元であった講演会。講師は京都で自然派美容室を経営されている美容師さんで、地球環境に配慮した生活の実践をこと詳しくお話していただいたことを覚えています。

人と地球にやさしい暮らし方、その実践にとても感銘を受けたのですが、その中のひとつの方法として注目したのが、お酢を使った洗髪です。今は「酢リンス」というのが一般的になってますが、この美容師さんの発想が元になっています。

→ 毬菜美容室・牧野裕子さんを紹介されているブログ



●酢シャンプーの作り方とやり方

sushannpu-2.jpg
楽して徳して得して楽しく暮らそう

以前、牧野さんが書かれた著作本を読んだ事がありました。その中で「酢シャンプー」が紹介されています。以下はそれを基本にして自分流にアレンジした「酢シャンプー」の作り方とやり方です。

①お湯で濡らす前にしっかりブラッシング
埃などが取れ、絡まりをといておく事で後がスムーズになります。
②髪・頭全体をしっかり予洗いする
少し温度が高めのシャワーを強い水圧で髪全体を流します。
ポイントは頭皮までしっかりと。
③洗面器にお湯と小さじ1杯(5cc)の酢を入れる
その洗面器に頭を付けこんで髪と頭皮を洗います。
髪が長い場合、シャンプーブラシ使用が◎。
④最後にすすぎをおこないドライヤーで乾かす
すすぎは丁寧にやって、しっかりと乾かして下さい。
乾かしが甘いとべたつく事もあります。

これをおこなう時は必ずお湯で薄めるようにして下さい。お酢の原液そのままで洗うと
酸性濃度が高いので髪や頭皮を傷めたりします。必ずお湯で薄めてから洗髪してください。



●せっかく酢シャンするなら「黒酢」が良いです

sushannpu-4.jpg

以前、酢シャンプーを続けた感想としては、硬かった頭皮が柔らかくなったので、抜け毛予防や育毛に良い感じもしました。実際に牧野さんの旦那様にも発毛がみられ薄毛が改善されたそうです。私は痒みが出てきたため中断しましたが、肌に合う人なら良い結果がみられるかもしれません。

ちなみに私の場合、黒酢を使ってました。なぜ黒酢なのかというと黒酢には髪が育つ栄養がとても多く含んでいるからです。育毛に有効なビタミンB群やミネラルが多いのです。パントテン酸などもあったように思えます。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシンといったところや、カリウム、マグネシウム、鉄分、リンなどのミネラルは髪の健康管理として嬉しいところですね。

使っていたのは地元の大山食品さんのアミノ黒酢です。アミノ酸が特別に多く含まれた黒酢なので髪の毛以外にも頭皮環境を整える為に有効だと思いました。飲んでも良し・付けても良しなのです。お酢の殺菌効果も活きるので、汚れやすい夏の頭皮ケアにも良いのではないでしょうか。
ただし何度も言いますが、しっかり薄めてからおこなうようにしてくださいね。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク