kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

帽子をかぶって頭皮を守る効果


頭皮が酸化してしまうことが薄毛・脱毛の原因でもあります。

そして 今の夏の強い紫外線が
頭皮を酸化させている
ことも注意しておきたい点です。


スポンサードリンク


夏の強い日差しから熱射病などの頭を守るために
帽子をかぶることは基本となっています。

それはすべての人がおこなうことなのですが、
”頭皮に対しては悪影響はないのか?”
と薄毛・脱毛を心配するお客さんに聞かれることがあります。

その際、私は「かぶったほうが良いです」と答えます。

それは何故かというと、外からの衝撃や外から入る雑菌から
常に頭皮を守ることができる唯一の方法
だからです。



外出すれば、いつどこで思わぬトラブルがおきるかわかりません。

ものの角に頭をぶつけてしまったり、
ものが飛んで来たりするなど、
もしかするとあるのかもしれません。

それらは育毛・薄毛対策をおこなっている人にとって
痛々しく、怖いものであります。



しかし、それ以上に私個人が恐れていることがあります。
それは頭皮が雨で濡れてしまうことです。

近年降っている雨は汚染された 酸性雨 です。

この酸性雨が薄毛・脱毛の頭皮に悪影響を及ぼすのではないかと
私はみています。こちらの記事をご覧ください。



その他にも最近では空気中に含まれる放射能のことも
影響してくるのではないかと非常に心配なところでもあります。



これらが薄毛・脱毛の頭皮に
どれだけ影響してくるかは未知数です。
人体に影響が出てくるのが解るのは数年後です。


外出した際、これら外からの刺激に対して帽子が役に立ちます。
大切な頭皮を守るために
私としては帽子をかぶることをおすすめします。



■ 薄毛・脱毛の人が帽子をかぶることは注意が必要です。
以下のことはしっかり守っていただきたく思います。


・ きつい帽子はかぶらない
・ 通気性の良い帽子をかぶる
・ まめに空気の入れ替えをする


これらをおこなっていないと逆に薄毛・脱毛が起きてしまいます。

その理由として頭皮が酸欠してしまう ことがあるわけです。



きつい帽子をかぶると頭皮が締め付けられます。
すると血管が圧迫され、血の流れが止まってしまいます。
こうなると頭皮が酸欠になってしまうわけです。


頭皮の酸欠とは、
人間と同じように頭皮も酸素を必要としていることです。
締め付けられて呼吸ができない頭皮・毛は、
しっかりと頭にとどまっていることができず、
抜けることもあります



ここをしっかり理解しておくことが大事だと思います。
もし頭皮に酸欠があった場合は

頭皮に強い締め付けを感じる、
頭皮が痒くなる、
頭皮が痛む、


などの何かのサインがあると思います。
常に意識をおいておくと、わかりやすいと思います。





夏の薄毛・脱毛対策に帽子はとても使えますが、
間違った使い方をすると逆効果です。

あなたの育毛・薄毛対策を妨げないように
帽子のかぶり方に注意しておいてください。







ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 
にほんブログ村 病気ブログ 髪の毛の病気へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク