kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

管理人が実践中!効果的な育毛・薄毛予防

ikumouhou-1.png

髪が後退(薄毛)する原因とその対策を理容師の経験から過去を振り返り検証してきました。髪が育つまでの過程を論理的に考え、コツコツと実践する事で髪の回復は充分に可能です。ここでは私が継続してやっている効果的な育毛・薄毛予防を紹介しておきたいと思います。

スポンサードリンク


① 育毛剤&スカルプエッセンス

DSCN0250.jpg

私がやっている育毛・抜け毛予防のメインアイテムは チャップアップDeeper3D です。髪が多く抜けていた当時、チャップアップが話題になり、私自身もそれにつられて使用を開始しました。それまで育毛剤は効かないと思ってましたが、実際に抜け毛が止まるなど効果がみられた事から現在も継続中です。さらに、髪の薄くなっている気になる箇所に"スカルプエッセンス"のDeeper3Dをスポイド塗布することで発毛がみられ育毛が促進されてます。

DSCN0256.jpg

薄毛治療に使う医薬品と違って副作用がまったく無いので安心して使えています。理美容業界が推奨するアデノバイタルやM-1ミストも試しましたが個人的にはチャップアップとDeeper3Dが合っていた感じです。

→ チャップアップとDeeper3Dについてのレビュー記事





② 髪の為のサプリメント

sapiri1.jpg

サプリメントを摂るようになったきっかけもチャップアップからでした。チャップアップは育毛ローションと専用サプリがセットになっていて、サプリを摂取する事で体の中から脱毛の原因になるものを抑制します。その他、亜鉛など髪の発育に必要な栄養素が豊富に含まれています。以前の育毛剤といえば頭にローションを塗布するのみでしたが、正直なところその程度で髪が回復するとは思えません。やはりサプリと併用することで育毛剤の相乗効果が発揮されるようです。そのような発見があり、さらに詳しく検証していた中で、エビデンス(科学的根拠)が証明されている ボストン・サプリメント に興味を持ち始めました。

sapuri2.jpg

おそらく服用している人も結構いると思いますが、現在は私自身もボストンのサプリメントを飲んでいます。

→ サプリメントについて記事をまとめています





③ 石けん&シャンプー

sreppoGP.jpg

頭皮環境が良い状態にあると抜け毛も減りますし、発毛や育毛もされやすくなります。育毛剤など有効成分を頭皮によく浸透させる為にもシャンプーへのこだわりは常に持っておきたいもの。市販の安価なシャンプーだと洗浄成分がどうしても強くなってしまい、頭皮を守る常在菌まで殺菌してしまうので、そういったシャンプーは避けます。私の場合、石鹸シャンプーで洗髪しますが、市販のシャンプーのような頭皮トラブルの心配もなく、健全な頭皮環境に整えてくれています。ちなみに使っている石鹸は"アレッポの石鹸"です。但し、石鹸洗髪についてはアルカリ性という点で体質によって合わないことがあります。なのでここでは参考程度にお考えください。その他では、たまにユーカリオイルのアロマシャンプーを使っています。夏の汚れがちな男性の頭皮にユーカリがよく効きます。

→ アレッポの石鹸シャンプーで抜け毛・薄毛を予防する私の洗髪方法
→ 髪が育つ頭皮環境になれるユーカリアロマシャンプー




④ スカルプケア

touhiesute.jpg

シャンプーの後は頭皮のケアも欠かせません。シャンプー後はチャップアップ、Deeper3Dを頭皮に塗布します。入念にマッサージをしますが、首→頭皮の順番で血流を促すようにおこなっています。指でマッサージしても良いのですが私はパナソニックの"頭皮エステ"を使っています。指でマッサージするよりも血の巡りが感じられますし、頭皮が柔らかくなるのが分かります。これらすべてが終わると髪を乾かしますが、そのまま乾かさないで放置していると雑菌が繁殖しやすく、痒みが生じたりして頭皮トラブルを招きかねません。これを避ける為に最後はしっかりと乾かすようにしています。私が使っているドライヤーはパナソニックの"ナノケア"です。

DSCN0284.jpg

スカルプモードで乾かすと頭皮の潤いを保ちながらもしっかり乾かす事ができ、熱で頭皮を傷める事がありません。

→ マッサージ・ストレッチとして考えるメリットとは
→ ドライヤーのマイナスイオンは頭皮に効果あり



⑤ 髪に良い食べ物

まごわやさしい2

食べ物の欧米化が髪を薄くしているという話をよく聞きます。たしかにそれは有り得ると納得はしていますが、現代の食文化として考えれば、ある程度の受け入れも致し方ないと思っています。大事なのは人それぞれの体に必要な栄養バランスを整えておくことではないでしょうか。私は髪の健康・体の健康維持を意識した"玄米菜食"が中心になっていますが、そこで摂れる栄養は育毛・抜け毛予防に活かされています。白米ではなく「玄米」、そして「大豆食品」、「根菜類」など抗酸化作用を持つ食べ物が基本です。体を温めると血行が良くなるので「しょうが」をとることもよくあります。体を冷やさない食べ物を意識して摂ると抜け毛も減ります。ぜひその辺は参考にして下さい。

→ おかゆは育毛・抜け毛予防におすすめ 白米より玄米が効果的
→ イソフラボンの育毛効果、知っておきたい大豆の食べ方
→ 野菜で若返り効果、簡単な食べ方でも栄養価はすごく高い




⑥ 運動と健康法

s-プラセンタ2

以前の私は数年間ずっと運動などしませんでしたが、育毛剤の効果を感じ始めた辺りから 有酸素運動(自転車)とウエイトトレーニングを始めました。これは有酸素運動が髪に良いということと、自分自身に自信をつける為に行なっています。二度と薄毛になりたくないという思いから始めました。以前は髪が少なくなって自分の容姿に自信が持てない事を繰り返していましたが、今は違います。細かった髪も体も今では結構太くなったことが大きな自信になっています。ある意味ここが育毛・薄毛予防の生命線なのかもしれません。そして健康法は "冷えとり健康法" をずっと実践しています。「頭寒足熱」を意識した生活が髪の回復に有効でした。

メンズ用の冷えとり靴下をレビュー、男が選ぶ‘‘カサネラボ‘‘7

→ 冷えとり健康法の髪への効果、頭皮まで健康になれる事を痛感中です

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク