kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

無印良品のホホバオイル使い方、シャンプーに混ぜると効果的

muji2.jpg

保管状態にあった無印のホホバオイルを、どのような使い方をすれば良いか考えてみました。いつもはゴールデンホホバオイルをヘアケアに使う事が多いのですが、今回は 無印のホホバオイル を使ってみました。クチコミではスキンケアとして使う方法がたくさんありますが、やはり私は髪に使うべきだと思うのです。実際に使ってみると思いのほか良い発見があったので紹介したいと思います。

スポンサードリンク

●今回なぜ無印のホホバオイルなのか?その理由

muji1.jpg

当ブログのコンテンツのひとつとして、CMのシャンプーのレビュー というものを公開しているのですが、最近はそちらの更新が滞っています。その理由は今年になってまだひとつも新製品が発売されていないことにありますが、正直なところこのレビューのネタ切れ状態が続くとモチベーション維持が難しくなってきます。ただそんな時こそ、シャンプーの研究に費やす時間が増えるとして、前向きに思うところでもあります。

レビューの記事ではオイルシャンプーをよく取りあげてましたが、そういった"保湿系シャンプー"は個人的にも決して悪い印象ではありません。何故ならオイル効果という点で、良い発見がいろいろあったからです。今年はさらに良いオイルシャンプーが出るであろう期待をしていましたが、今日になってもドラッグストア等で新商品をみることはまったくありません。もうすぐ乾燥する季節になるというのにもかかわらずです。それなら自分で"保湿系シャンプー"を作ってしまえば良い と思い、目をつけたのがホホバオイルです。

ホホバオイル1

その当初、ホホバオイルはいつもの「生活の木」のゴールデンホホバオイルを使おうと思っていましたが、未精製オイルですし高価でもあるため、もったいなく思って使う事をやめました。そこで思い出したのが保管状態にあった無印良品のホホバオイル(クリア)です。品質でいえばゴールデンに比べ劣ってしまいますが、ホホバオイルはホホバオイルです。ましてシャンプーに混ぜて使うなら、精製・未精製にそこまでこだわる必要もないと思うのです。市販のオイルシャンプーだって、わざわざゴールデンを使っているとは思えませんし。




●ホホバオイルで「安物シャンプー」が「高級シャンプー」に

ホホバオイル4

ヘアケアとして使うホホバオイルの使い方については、これまで幾つか紹介してきました。

→生活の木・ホホバオイルを髪や頭皮に使う効果と口コミ、夏に使う目的
→頭皮の日焼けのヒリヒリ予防に使いたいホホバオイル

そのほとんどがシャンプーする前やシャンプーの後に使うという方法でしたが、今回はシャンプーそのものにホホバオイルを混ぜるという使い方をしてみました。市販のオイルシャンプーにはホホバオイルを配合されることが多くある事からヒントを得ましたが、実践してみるといわゆる「安物シャンプー」があたかも高級シャンプーのように変わってしまいました。この使い方は、頭皮を良くする為にもなかなかおすすめです。




●無印良品のホホバオイル使い方はこれがおすすめ

muji3.jpg
こちらの写真は対比が見えやすいようにゴールデンホホバオイルを使用

無印のホホバオイルの使い方はシャンプーに混ぜて使うのがいちばん良いと思いました。シャンプーに混ぜるといっても特別に何かをするというのではなく、普通に混ぜて使うという認識でかまいません。ただその方法を分別するのであれば2通りになります。最初からシャンプーと混ぜて使うか、頭で先に泡立ててから混ぜるか どちらでも良いと思います。ホホバオイルの使用量はあまり多く使いません。シャンプー液10に対してホホバオイル3 という感じです。人それぞれに髪質や肌質が異なるので、この辺の対比については少しずつ調節されることをおすすめします。私のおすすめは最初からシャンプーと混ぜて使うやり方。以下にその理由を述べてみます。




●男性がこれをして得られるメリット

muji4.jpg

男性の場合、豪快にシャンプーする人も多いと思うので、細かい事は気にせず初めからシャンプーとホホバオイルを混ぜるようにすれば良いと思います。そうすることのメリットは、シャンプー剤塗布による頭皮への負担を軽減できること、そして無駄な抜け毛を減らせる事にあります。男性が使うシャンプーは洗浄力が強く、泡立ての段階で髪がきしんでしまうものが多いです。豪快に洗う事で指に引っかかり抜ける事もありますし、強い洗浄成分のせいで皮脂が奪われてしまい、かさつき・フケ等がみられることがあるのです。

ホホバオイルは"ワックスエステル"という、人の皮脂に近い成分が90%以上含有しているといわれますが、その利点を活かすようにします。ワックスエステルの効果で泡立ちはとても滑らかになって、指の引っかかりや頭皮への刺激も感じなくなりますね。ですから初めからホホバオイルと混ぜておくようにすれば、男性シャンプー剤特有の強い洗浄力を抑えられ、結果的に頭皮を洗浄剤のダメージから保護することができます。そして男性の場合なら確実にリンス・コンディショナーは不要。それなのに髪がよくまとまるので男性にも良いことづくめなのです。




●女性がこれをして得られるメリット

髪10

シャンプーとホホバオイルを混ぜて使う効果は、髪が長いぶん女性の方が感じやすいのではないでしょうか。シャンプーに混ぜて使うと泡とともに、髪全体に確実に行き届きますが、ホホバオイルの一番の効果といえば何といっても保湿効果なので髪が長ければ長いほどそれを感じ取れるはずです。またホホバオイルは「若返りのビタミン」ともいえるビタミンEが豊富なので頭皮の抗酸化としてみても有効です。皮脂分泌が整えられ血行が促進されると髪の毛が健康に育ってくれますね。

理美容師の見解でいえば、ヘアカラーの褪色防止やウェーブの持続にも効果があるというのも嬉しく思うところです。その他、シャンプーの時に髪に浸透したホホバオイルは、"ワックスエステル"によるバリア機能が働き、洗髪後のドライヤーによる熱からも髪を守ってくれます。上述の男性の場合と同じような効果もあると考えられるので、そちらの方もぜひ参考にしてみて下さい。




●シャンプーに混ぜるなら精製しているホホバオイルが良いと思う

muji5.jpg

この使い方で使うシャンプーは、せひ商品価格が高くないシャンプーを使用してみてください。そして高価なゴールデンホホバオイルではなく、無印のホホバオイルを使うことをおすすめします。ゴールデンホホバオイルは精製されていないぶん純粋で、栄養素がそのまま肌に影響するのですが、これには敏感肌に作用してしまうアレルゲンが入ってることも否定できません。未精製のものというのは肌の質によって合わないことがあります。混ぜるのは合成シャンプーですから、そこのリスクを考えると精製している無印のホホバオイルの方が安心して使えるのではないかと思います。

とはいえそこまで神経質になる必要もないので、とりあえずお試しになられてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク