kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

市販のシャンプーで私が安全だと思うシャンプー

sihannshannpu-1.jpg

市販のシャンプーには頭皮への安全を述べるものが多くあります。そんなシャンプーについては、解析サイトなどで安全・危険などが評価されていて、そこをを参考にされる人もいるのではないでしょうか。経皮毒・サルフェートフリーといった肌への安全性に関する言葉がよく聞かれますが、そもそもシャンプーが安全かどうかに拘る必要はあるのでしょうか。そこを交えて、私が安全だと思う市販で人気のシャンプーをあげてみたいと思います。

スポンサードリンク

●サルフェートフリーについて

sihannshannpu-2.jpg

最近は"サルフェートフリー"を謳う市販のシャンプーが幾つかあります。ちなみにサルフェートとはシャンプーの洗浄剤として含まれる硫酸系化合物のことをいいます。主にラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウム、パレス-3硫酸ナトリウムなどのことを指してますが、これらの「硫酸系」の合成界面活性剤は髪や頭皮に強い刺激があるとして、当ブログでも避けるべき洗浄成分としています。硫酸というと小学校の理科の授業で習ったような「溶かす」ようなイメージがあるのですが、それがシャンプーに入っていたりすると髪や頭皮に対して明らかに良くないと心配してしまいますね。

「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸K」「ポリオキシラウリルエーテル硫酸塩」「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸アンモニウム」「ラウリル硫酸TEA」「ラウレス硫酸TEA」「パレス-3硫酸Na」「パレス-3硫酸TEA」

髪や頭皮が溶けるなんて事はもちろんありませんが、洗浄力・脱脂力が強いために色々なパターンで悪影響がみられてしまうのです。まず髪に対して厄介なのが"タンパク変性"がみられてしまうこと。私がいつも思うのが、サルフェートによるヘアカラーの色落ちの早さです。上記の成分が主体になっているシャンプーをいつも使っていると"タンパク変性"が起こってしまい、ヘアカラーの色持ちが悪くなってしまうのです。それだけではありません。パーマのかかりも悪くなってしまいますし、何よりも髪の毛そのものが健康的にみえないのです。その辺でいえば対応する理美容師は大変です。




●男性の市販のシャンプーで安全だと思うもの

sihannshannpu-3.jpg

頭皮に関してもサルフェートによる悪影響はあります。特にスカルプケアを謳う市販シャンプーには注意。市販のスカルプシャンプーの場合、それが安価であるほど「硫酸系の界面活性剤」を使っています。私の経験ではそういったもので洗髪すると、皮脂膜まで流れてしまってかさつきがひどくなります。そうなると明らかに痒みが生じるはずなのですが、なぜか痒みを感じることはないのです。それはなぜかというと、スカルプ系のシャンプーの多くは、痒みを抑えるための「ピロクトンオラミン」を配合しているからです。ただそのピロクトンオラミンは有効成分である一方、殺菌力が強いのが問題。殺菌力が強いということは頭皮に大切な常在菌も殺菌している事になるので、スカルプケアを謳っていても決して安全ではないのです。

ただ、最近個人的に試す機会のあった ビューアのリンスインシャンプー は安価な市販スカルプシャンプーでありながら、高品質だったので少し驚きました。

sihannshannpu-4.jpg

頭皮に対して安全といわれるベタイン系洗浄成分やアミノ酸系洗浄成分が主体となっていて、洗いごこちも決して悪くはないのです。完全なサルフェートフリーとはいえないものの、700mlの大容量で約1000円(amazon)はコスパで結構良いと思います。男性の市販シャンプー場合、「サクセス」などを使うよりもビューアの方をおすすめしますね。


ビューア 薬用スカルプケアリンスインシャンプー 700ml 熊野油脂




●大まかに成分を見るだけで安全・危険は語れない

OLEO DOR7

市販のシャンプーの安全性を気にするのは女性の方が多いと思います。サルフェートフリーのものがよく売れたところからみても、それがよく分かります。例えば オレオドールハニーチェ といった市販の人気のシャンプーはサルフェートフリー処方というのを売りにしています。ただサルフェートフリーとは言っていても、硫酸系化合物と似た強い洗浄成分のオレフィン(C14-16)スルホン酸Na が使われており、成分的に本当に安全なのか気にする人もいると思われます。ですが実際にシャンプーしてみると、そういった不安を感じさせない洗いごこちです。頭皮にも問題はありませんし、クチコミでも良い評価が割と多かったりしてます。

OLEO DOR3

その理由としては、そのシャンプーの成分全体をみるとよく分かります。例としてオレオドールやハニーチェの場合は天然油脂などの保湿成分が多いので、泡立ちが当然悪くなる事が考えられます。それに対応できる泡立ちの良い洗浄成分が必要となるのです。いくらサルフェートフリーといっても泡立たなかったり、使用感が悪ければ良いシャンプーとはいえません。なのでそこをうまくバランス良く成分を配合すれば、「硫酸系の界面活性剤」だとしても問題ないわけです。ですから大まかに成分を見るだけで安全・危険は語れないのです。




●女性の市販のシャンプーで安全だと思うもの



ですが、どうしても市販のシャンプーで安全なものをあげるとすれば いち髪 だと私は思います。いち髪はサルフェートフリーという点では完全ですし、アミノ酸系洗浄成分とベタイン系洗浄成分が主体になっています。

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、コカミドメチルMEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、コメエキス、コメヌカエキス、コメ胚芽油、加水分解コメタンパク、コメヌカ油脂肪酸フィトステリル、ムクロジエキス、ツバキエキス、ヒオウギエキス、クエン酸、カエサルピニアスピノサヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、エタノール、ポリクオタニウム-7、BG、デキストリン、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインといったものが、アミノ酸系成分とベタイン系成分になります。ラウロイルサルコシンTEAはコストのかかっていないアミノ酸系成分ですが、硫酸系に比べると明らかに刺激が少ないのです。パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインはベビーシャンプーにも使われているような頭皮にやさしいベタイン系成分。保湿成分としては「コメヌカ」が髪を潤わせてくれていると思います。以前に市販の ゆず油 無添加ヘアオイル の記事で述べていて、なかなか良いものだったのですが、実は商品名こそゆず油としているものの、実際の内容は「コメヌカ油」でした。

無添加ヘアオイル口コミ1


それらの保湿成分とやさしめの洗浄成分がうまく兼ね合い、安価でありながらなかなか高品質です。おそらく成分のバランスがよくできているのでしょう。

よく美容師さんが市販のシャンプーでは、いち髪が良いと言ってますが、私も同じように思えます。ですから髪や頭皮に安全な市販のシャンプーをあげるとするなら「いち髪」になります。香りが大丈夫なら男性にもおすすめです。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク