kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

薄毛対策にリンス・コンディショナーは不要です

薄毛・脱毛を気にしている皆さんは
毎日のシャンプーの後、リンスなどをしていますか?


スポンサードリンク



シャンプーとセットになっているリンスは不要です。
その理由が理解できず、何気リンスやコンディショナーを
使用している人が多いのではないでしょうか。


「リンスしたほうがいいよね。でも意味はある?」
とお客さんに聞かれることがあります。


それは、薄毛や脱毛を気にする人に限らず、
誰もが疑問に思っているのではないでしょうか。


この質問の答えは「NO」です。


ハッキリ言って
リンスやコンディショナーをする意味がありません。


なぜリンスやコンディショナーが
一般的に必要なものだと思われているでしょうか。


・シャンプーだけだと毛がカサつく
・リンスをつけてサラサラにする



きっとほとんどの人がそう答えると思います。


ですが、育毛・薄毛対策でみた場合、
リンスやコンディショナーの使用は逆効果にもなります。


その理由はリンスやコンディショナーの成分にあります。


今使っているリンスのボトルの裏をみてください。
配合成分と記載しているところがあります。


そこに書かれているカタカナのものは、ほぼ化学添加物です。
そしてこれらは石油から抽出したものでもあるわけです。



リンスやコンディショナーは髪の毛から頭皮へと流れて、
頭皮に人工の油膜を張ってしまいます。


そのあと、愛用している育毛剤やトニックをつけるとします。
頭皮についた人工の油膜はかなり強い油膜です。
この人工の油膜にさえぎられて、
浸透していかないことが考えられます。


それを考えると育毛・薄毛対策でもある、
育毛剤やトニックの使用は
無駄になっているということになります。


そしてリンスやコンディショナーによって
張られた人工の油膜には、ホコリや汚れ、
空気中の雑菌などがくっつきやすくなります。


それは特に、
薄毛・脱毛している人の頭皮におこりやすくなります。


その理由はこの記事で書いた、
”毛の量が多くあれば、
空気中のホコリやゴミを毛によってさえぎることができますが
毛の量が少なければ、
空気中のホコリやゴミは直接、付着してしまいます”

のように考えられるからです。


そしてそれらがさらに汚れた場合、
頭皮がベタついて痒みが出てきます。
それが不快感になり、
シャンプー=リンスをたびたび繰り返す、
悪循環になっているようです。


頭皮には皮脂腺や汗腺があります。
リンスやコンディショナーによって、
人口の油膜ができてしまうと正常な皮脂や汗が
出てこられなくなります。


そうなると、>頭皮は呼吸できずに酸欠になってしまいます。


こちらの記事のように
生活の中のちょっとした事で頭皮が酸欠の状態になり、
それが原因で薄毛や脱毛が起きてしまいます。


そういったことから、私のお店では
リンスやコンディショナーは使わない、もしくは、
お客さんの希望に合わせるように心がけています。


そしてシャンプーなども添加物がなるべく含まないものを使います。
薄毛・脱毛の原因になるものはなるべく避けています。
詳しくは こちら をみてください。


もしどうしてもリンスやコンディショナーを使いたい人は
育毛・薄毛対策の邪魔にならない、
天然成分100%に程近い商品を使うことをおすすめします。


スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク