育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2015 11/10

酢玉ねぎの冷えとり効果、黒酢を使えば髪も健康になる

黒酢1

先月から体の冷えと思われる症状がひどくなりました。しばらく下痢が続くなど体調が悪くてブログの更新も滞ってしまったのですが、一昨日あたりから徐々に症状が改善されてきたような感じです。その改善方法として有効だったのが今年話題になった「酢玉ねぎ」です。玉ねぎの効能は以前の記事でいくつか取り上げてきましたが、特に今回はよく効いてくれたのでそれを紹介したいと思います。今回使ったのはアミノ酸が豊富に含む"黒酢"です。玉ねぎ&黒酢が冷えの改善や抜け毛予防など髪の健康維持に効きます。

スポンサードリンク


●酢は酢でも「黒酢」がいちばん良いと思う

まず今回の体調不良についての原因は明確でした。急に気温が下がってきたことや、体に合わない動物性のプロテインを多く摂ってしまった事が、下痢を起こす引き金になっていたのは間違いないです。早めに改善させたかった為、即効性のある薬を飲もうと思いましたが私は普段あまり薬を飲みません。ですから今回も薬膳として有効なものを摂る方向で考えました。そこで思い出したのが以前の記事に記した「たまねぎ」の栄養を活かした改善方法です。冷えの解消を始め、様々な効果のある玉ねぎですが、それに酢を加えて美味しくした"酢たまねぎ"が今回とても効いてくれました。ですが漢方的には酢は体を冷やすといわれています。ですから酢ばかり飲むと冷えが悪化するおそれがありますし、きっと下痢の改善にはならないと思われます。

0266059b499017d8840c8f98397b1d59_s.jpg

そこで考えたのが酢は酢でも、胃腸に優しい「黒酢」を使うようにしたのです。黒酢は米酢の一種で玄米が原料となっています。玄米そのものが体を温める性質を持っていて、発酵した黒酢にしても酢の中ではそこまで体を冷やしません。また、酢の類が冷やす"陰性"にあるのに対し、玉ねぎは温める性質を持つ"陽性"の食材。酢と玉ねぎを共に食べるとちょうど中庸を保てるので「酢玉ねぎ」ならバランスがとれていて相性が良いのです。また、私のように冷えの解消を考えるなら、醤油や蜂蜜、生姜などを加えるとさらに効果的です。



●黒酢を使った酢玉ねぎの効果、相乗効果がすごい

黒酢2

玉ねぎについては過去の記事でもいくつか述べています。よろしければ こちら を参考にしてください。個人的には玉ねぎが抜け毛の対策に効いた感じではあります。最近よく聞くようになりましたが、ケルセチンが血の巡りを良くする事と、血中の余分な糖や脂質を減らす硫化アリルの働きがよく効いてくれたようです。このような効果を持つ玉ねぎと、アミノ酸が豊富な黒酢なので思った以上に強力な相乗効果が感じられました。

まず黒酢というのはアミノ酸の働きが強力で、固くなった赤血球を柔らかくするとされています。実際に黒酢を飲むと、急に全身がじんわりと暖まってくるのが分かるわけですが、これはアミノ酸によって赤血球が柔らかくなったために、起こっているといいます。私は特に手首や足首、頭部まで血液が届くようになったのが感じられました。黒酢は、他のお酢と比べてアミノ酸の含有量がとても多いので、そこをうまく活かすようにすれば良いですね。

アミノ黒酢
おすすめは大山食品のアミノ黒酢です

私はロードバイクに乗ったり、スポーツジムなどで運動をしますが、そういったところでいえば、黒酢のアミノ酸がスポーツの持久力を高めたり、疲労を軽減することにも効いていると思います。以前ほどあまり疲れなくなりましたし。さらに今年も必須と思う"冷えとり"にも効果を発揮すると思われます。体の中~末梢神経までポカポカするので、これは冷えとりに活かされるのではないかと感じています。

今回の体調不良でブログの更新が止まってしまいました。
訪問していただいた方々に申し訳なく思います。黒酢玉ねぎで回復しましたが、
今後もずっと頑張るつもりですのでよろしくお願いいたします。


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「心を癒す音楽(クラシック)のおすすめ、音楽療法で髪を健康に

BEFORE「ホエイプロテインによる下痢の原因は人工の甘味料だと分かった

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top