kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

心を癒す音楽(クラシック)のおすすめ、音楽療法で髪を健康に

onngakuryouhou1.jpg

髪の健康を維持するなら、生活の中でその管理を怠ってはいけないと思っています。私がいつも対策に悩んでいる抜け毛にしても、その原因には外的要因と内的要因があり、非常に難しいものと感じています。特に内的要因というものについては"心"という複雑なところに関係しているので本当に難しいと思います。

スポンサードリンク


そういった"心"の部分に良い刺激を与える事が髪の健康維持に繋がるのですが、その中でも音楽を聴いたり弾いたりする事は個人的にとても良いものだと感じています。

心身の健康法として"音楽療法"というものがありますが、今回はその"音楽療法"を取り入れて、抜け毛予防にも活かそうと考えています。そこで音源となるのは心を癒すというクラシック音楽。髪の悩みを解決する為に外的要因を探るのみでなく、内的要因に対してのフォローの方を良くする事の方が私は大切だと思います。


●心身ともに辛い「抜毛症」が改善された経緯

抜け毛5

私は幼い頃、自分の髪の毛を引き抜いたりする事が度々ありました。そういった行為が頻繁にある場合、それは「抜毛症」といわれ、病院にかかると精神疾患として対応されてしまいます。とにかくストレスを抱えやすい性格だったので、髪が薄いうえに髪を抜いたり、爪を噛み続けるなど、その行為はいくら病院に通っても止むことはありませんでした。

むしろ病院に通っている事ことで、自分は病気だと思い込んでストレスが大きくなっていたような気もするのです。ですがそんな厄介なことも、のちに環境が変わったこと(引越し)であっさり改善しました。自然に触れるような環境で、心が洗われ健やかになればストレスを感じにくくなる、それが今この歳になってよく分かるのです。

心の病は複雑だと思います。でもいつもとは違う、ちょっとした身の回りの変化を与えるだけで、大きく改善される可能性は充分にあると思います。そこはぜひとも勇気を持って行動すべきところではないでしょうか。
→ 髪の毛を抜く癖の解決は病院よりも、ヒーリングで精神面を癒すこと



●植物の発芽・発根率が向上したところに学びたい  

onngakuryouhou2.jpg

植物に音楽を聴かせるとよく育ってくれる、そんな話を何となくですが聞いたことがあります。そんな私の住む地域では農業が盛んで、農業用のビニールハウスの中から音楽が聞こえることがあります。

これについて専門家の話によると音楽を流す事によって植物の生長が促されるといいます。さらに音楽の種類によって、発芽・発根の効率も変わってくるといいます。

その実験の結果は、植物にロックを聴かせた場合、発芽・発根率が下がってしまい、クラシックを聴かせると発芽・発根率が上昇するというものでした。詳細は こちら のpdfで確認できます。

たしかにロックは歪んだ音や不協和音みたいなところがあり、イメージ的に良いとは言えません。植物が育ってくれて、人の心も安らぐような音楽ではないのかもしれませんね。ただ植物に聴かせるということについては否定的な意見もあります。オカルトチックだといえば確かにそう思いますし。

ただ、音楽は人の心身に影響を及ぼすのは間違いないと思っています。ずっと以前には、私もロックが好きでバンドを組むなどしていましたが、その頃の考え方や行動は心身の乱れとして実生活に悪影響が多々ありました。そして今は音楽が大きな影響を与えるのなら、それを良い方向に活かすべきだと思うのです。

そこで聴く音楽はクラシック。植物の発芽や発根というのを真似するのではありませんが、結果的に髪を生やす・抜け毛を減らす為にクラシック音楽を聴くのは有効だと思います。



●好きな歌手の曲は音楽療法に向いていない?

onngakuryouhou3.jpg

心身の健康法として"音楽療法"をおこなうのであれば、クラシックを聴くのが一番かなと思います。普通に考えた場合、好きな歌手の曲を聴くのがいちばん良いと思ってしまいますが、心が落ち着くかといえばそうでもないようです。

好きな曲に喜怒哀楽それぞれの表現があったなら、それを聴いているあいだ常にこころはざわつきます。楽しい曲で気分が高まり、悲しい曲で気分が落ち込んだりする。こういった心を不安定にさせる音楽は"音楽療法"としてはあまり認知されていないようです。そんな音楽療法ではクラシックを聴くことが基本となっています。でも何故クラシックなのでしょうか?

例えば、自分の好きな歌手の曲を聴いたとき、歌詞に注目してしまいます。その歌詞の意味は聴く側からすると非常に意味深いものだったりします。そうなると歌詞の意味を理解しようとしてしまうため、無心になりきれず心が落ち着きません。

それに対しクラシック音楽は歌詞を追うこともありませんし、音だけに集中できるのです。無心で心地良い音だけを聴くので心身を整える効果が高いというわけです。

そういえば以前に、ドン・キャンベルさんのモーツァルト効果が有名になったことがありましたね。心と体のストレスを緩和するのに、モーツァルトを代表するクラシック音楽が最適だと話題になりました。このドン・キャンベルさんがセレクトしたCDは私も持っていましたが、とても売れていたのを覚えています。

音楽療法としてはクラシックを聴くだけで良いのかもしれません。でも私としてはそれを演奏できれば音楽療法としてもっと良いものになるのではないかと思い、実はピアノを購入しました。

onngakuryouhou4.jpg

弾けもしないピアノを購入したのにも理由があります。その詳細は次の記事で述べていきたいと思います。


関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク