kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性の更年期障害が髪に出る前に知っておきたいこと

a0002_010939.jpg

女性の髪が抜ける原因として考えられるのが更年期障害です。加齢による女性ホルモンの減少などで、抜け毛が増えたというのもはよく聞く話です。それは女性ならではの抜け毛といいますが、男性の場合はどうなのでしょうか?男性にも更年期障害があるのなら、それは単なる老化現象だと私は思っていましたが、最近は医学的にも男性の更年期障害が認知されるようになりました。男性更年期障害は"LOH症候群"とも呼ばれていて、ここ数年は特に注目されるようになりました。ここ最近、体がだるい・やる気が出ない・抜け毛が増えた・脱毛してきた、というのはこの"LOH症候群"が原因なのかもしれません。

スポンサードリンク


●若く健康でいるために、髪を無くさないために

a1030_000184.jpg

音楽を聴いたり、弾いたりすることはとても気持ち良いです。最近は特にそう思うようになりました。それは「心を整える」というところで大きな役割をしてますし、結果的にそれが体や髪の健康維持にも繋がると思います。そういったものは実際に"音楽療法"という形で有効性が認められているのですが、それは年齢と共にみられる更年期障害の対策にも良いとされています。更年期障害は主に自律神経の乱れというところが深く関わっているといいますが、美しい音の低・高周波が豊富な音楽を聴く事で交感神経を大きく刺激します。それによって心肺機能が高められ、血液の循環が活発になりますね。血液の循環を良くする事で体も温まりますし、その結果、自律神経の働きを正常にしてくれるのです。
→男がピアノを弾いて得られる嬉しい効果とは

そういったところで音楽療法は更年期障害の対策に良いといいます。ただ男性の立場でみると更年期障害といってもいまいちピンとこない、という人も多いのではないでしょうか。その更年期障害はLOH症候群(加齢男性機能低下症候群)ともいわれるのですが、私たちの体がいつまでも若く健康でいるためには、その男性更年期障害というものをしっかりと理解しておいた方が良いのかもしれません。髪を無くさないために何を知っておけば良いか、その辺を勉強しておいて損は無いなと思いました。




●学んでおきたい更年期障害とホルモンの密接な関係

以前の私は「健康であるための自然療法」というところに凝り固まった考えがありましたが、最近はそのように思わなくなりました。最新のアンチエイジング医療についても、良いものは良いと思うし、危険な副作用がないと判断できれば、その方法を取り入れていくのも良いのではないかと思うのです。私はこのブログ以外にも執筆活動をやっていますが、その関係するところで学ぶことがたくさんあります。



たとえば今回テーマにしている男性更年期障害について、よく学べていると感じるのが メンズヘルスメディカル です。このサイトは「男性ホルモンによる男性の悩み解決」というものに焦点を絞っていて、男性ならではの"体・心・性"に係わっている症状についてや、その改善方法を詳しく知る事ができました。特に男性の更年期障害とホルモンの密接な関係については、分かりやすく解説されています。男性の更年期障害がよく分からないという人は参考にされてみても良いのではないでしょうか。




●今後取り組みたい「LOH症候群」への対策

カモミール1
カモミールティーはテストステロン調節に良い

メンズヘルスメディカルのサイトでも述べられてますが、男性の更年期障害は男性ホルモンの一種"テストステロン"が大きく影響しています。そのテストステロンの分泌量の低下が原因で「LOH症候群」が生じるわけなので、その分泌量を多くするということが必要になります。ですが男性ホルモンの分泌を多くすれば、脱毛が進行したり、前立腺ガンになると心配する人もいるかもしれません。でもここに関していえば問題はないと思います。なぜなら男性ホルモンにも様々な種類があるわけで、多く増えて困るのはジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉男性ホルモンになるからです。このジヒドロテストステロン(DHT)を減らすべきホルモンとして考え、"テストステロン"の方を増やすべきと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

そんなテストステロンは精巣から分泌され、その分泌は20代がピークでそれ以降は徐々に減少していきます。そして精神的なストレスを感じるとストレスホルモンが分泌され、テストステロンの分泌が逆に減少します。それがだんだんと男性の更年期障害"LOH症候群"になるというのですが、この症状の進行がゆっくり過ぎる為に自覚するまでに時間を要します。気づかない間に症状が進行していくので、それがとても厄介です。女性の更年期障害の場合、閉経のおよそ5年前後という比較的分かりやすい区切りがあるので、分かりやすかったりするようですが、男性の更年期障害はその区切りがないので分かりにくいのです。

このテストステロンが減少するのは男性として仕方ないことだと思っています。そこで起こる更年期障害の症状を緩和するためにどんなことを行なうのか。またはその予防として普段心がけるべきことは何なのか。それを行なうことで髪の若返りとまではいいませんが、髪の現状を維持する為にやるべき事は色々とあります。先ず、お伝えした"音楽療法"というものから入ってみましたが、それはまだ始めの段階に過ぎません。今後はもっと深いところに目を向け、取り組みたいと思うので参考にしていただければと思います。


関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。