育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(-)TB(-)

AFTER「ベジタリアンでも髪がよく育つタンパク質の摂り方

BEFORE「五島列島のツバキシャンプー・オイルヌーヴォー解禁

2015 11/27

ラタキアでのアレッポ石鹸の品質と工場生産での苦労

ratakia1.jpg
カフェスロー
連日のニュースで報道されるシリア情勢。最近ではロシア軍の介入によってますます混乱を極めています。かつてシリアの首都であり、観光地としても栄えたアレッポは、今や瓦礫の街と化してしまいました。ですがそんな厳しい状況でも、アレッポ石鹸の生産は行なわれています。悪化する一方のシリア情勢では、この石鹸もいつかなくなるのではないかと不安になったりします。それだけ私の洗髪には必要なのですが、もし石鹸の品質に悪い変化があった場合、どうするべきか?そういった事もいろいろ考えてしまいます。疎開した第2工場での苦労、そして石鹸づくりに注ぐ職人の情熱。そういったものが、現在の"石鹸の品質"としてみえてくるのではないかと思いますね。とても感銘を受けたので紹介しておきたいと思います。

スポンサードリンク


●シリア・ラタキアの状況と石鹸づくりについて

ratakia2.jpg
newsweekjapan

内戦勃発後、アレッポの石鹸は疎開した港町ラタキアにある第2工場で石鹸の生産が行なわれています。比較的戦火から遠い場所だったラタキアにも、最近はロシアが大規模の地上部隊を派遣したとされていて、9月~11月25日現在にかけて空爆が激しく行なわれているといいます。過激派組織「イスラム国」掃討のはずが、状況悪化でここまで混乱するとは思いませんでした。こうした記事を書いている間にも空爆は行なわれ、ラタキアの町や石鹸工場は大丈夫なのか?と心配に思う人も多いのではないかと思われます。ネットの情報だと、どの位被害が大きいか定かではありません。在英のシリア人権監視団の発表によると、11月20日現在、ロシアの空爆による死者数1331人、そのうち403人が民間人とされていました。

これに対しロシア国防省は「民間人の死者はいない」としています。そこの真実はよく分かりませんが、実際にシリアの医療施設などは空爆による損害が大きく、救命措置さえもうまくいかない状況にあるといいます。そしてラタキアのアルブルナス病院も攻撃されました。この地域では産婦人科がある唯一の病院だそうですが、大半の医療従事者は避難し、現在はごく限られた救急処置しか行っていないといいます。そこから思うことは、そんな状況にある中で石鹸がうまく作られるのか?時間のかかる熟成などはどうやっておこなうのか?です。それがとても疑問なので調べてみると、現在の石鹸づくりについていろんなことが分かってきました。



●アレッポの石鹸は危険ではない、あらためてそう思う

ratakia3.jpg

以前は、現地報道などでシリアの情報を知ることができました。現地への渡航制限がされても、かろうじてSNSなどで情報を得ることができてましたが、イスラム国の活動が激しくなってからはまったく駄目です。色んな話を聞いたとしても何が本当の話なのか分からないし、そうなると様々な風評被害というのも出てくるわけです。例えば、現在のシリアというだけで、そこで作られたものはイスラム国の収入になっていると思われたり、その以前には内戦が始まったときに使用されたという毒ガスの影響も懸念されました。

ratakia4.jpg

皮肉にも「アレッポの石鹸、危険」と検索すると私の記事が1ページ目にでてしまいます。実際にその検索語で当ブログに来られる人も少なくはありません。ですがもしアレッポの石鹸に毒性があれば、それでずっと洗っていた私は髪を失っていることも考えられます。でも逆に髪が増えて若返ったとも自負していて、それはもちろん石鹸洗髪だけの効果ではありませんが、アレッポの石鹸は安全で毎日の健康法の一部になっていたと感じています。以下ではそれを証明してみました。
→ アレッポの石鹸の危険性・安全性を確かめる為にする事

ratakia5.jpg

シリアの現状や石鹸に関して「アレッポの石鹸」共同代表の太田昌興さんがお話されています。この記事で語られていることもそうなのですが、石鹸が日本入国に至るまでの事がよくわかります。アレッポの石鹸の今後が気になる方は、ぜひ読んでみてほしいと思います。




●この時期どんな想いで作られたか、石鹸の品質で感じてみたい

ratakia6.jpg

アレッポの石鹸のHPでは、2015年11月中旬から新しい工場で作られた新物の出荷が始まるとされていました。具体的にどこの工場なのかは不明ですが、おそらくラタキアの事だと思います。嬉しいニュースですね。石鹸をみて分かりましたが、何だかやたらと表面が白くなっています。テクスチャーもざらつき感が残り、香りも強く感じるのだそう。これは乾燥期間の短縮や熟成の過程でいろいろ難しいことがあったようですが、オリーブを始めとした原材料、作り方は釜炊きということで内容については以前と変わりはありません。

以前と比べて、このところのアレッポの石鹸固体の形状が良くないと思われた方もいると思います。その理由は以下の通りです。

・熟成や乾燥の期間が短かったこと
・若手の職人で刻印を打つのが未熟だったこと
・仕上げの作業のおばさんたちの数不足

ratakia7.jpg
形が少し崩れているアレッポの石鹸

そうなるのは仕方がないと思います。遠く日本に住んでいる私たちでも、その事情はよく分かります。ただそれでもこれまで同様、手作りで石鹸を作ってくれていることを、私はとてもありがたく思っています。若手の職人も育成期間中だというので、今後がとても楽しみです。つらい時期に頑張って作った石鹸にはどんな思いがこめられているのか。それを今のアレッポの石鹸の品質として感じてみたいと思っています。


関連記事

スポンサードリンク

(2)TB(0)

AFTER「ベジタリアンでも髪がよく育つタンパク質の摂り方

BEFORE「五島列島のツバキシャンプー・オイルヌーヴォー解禁

COMMENT

  • No.378 No title

    おはようございます、
    参考になる記事を有難うございます。

    管理人様は新しい工場で作られた
    新物のEXTRA40は
    もうお使いになられましたか?

    うちの家族は慢性的な頭皮の脂漏性皮膚炎で
    数年前からEXTRA40で洗髪するようになり
    症状は大分落ち着いて来ていたのですが
    新物のレビューなどを見ると
    長年使用してきた方ほど
    以前の物との違いを感じられている様に感じ
    新物の購入を迷っています。。

    もう新物での洗髪を体験済みでしたら
    以前のEXTRA40と比べての
    感想を聞かせて頂けたら嬉しいです。

    投稿者:鈴田 2015/12/28 (月) 07:32
  • No.379 No title

    鈴田様、ご訪問とコメントありがとうございます。

    質問に関しましては、まだ今のところ「これは新物だ」と分かるようなものに出会っていません。ただ、過去の事例からいろいろ予測できる事もありますので、新しい記事の方でまとめてみました。よろしければご確認ください。
    http://kame38.blog.fc2.com/blog-entry-633.html

    ご家族が脂漏性皮膚炎を患われているとの事で大変な思いをされているのではないでしょうか。石鹸選びにも慎重になっていらっしゃると存じます。不評とされている一部の新物を入手しましたら、また記事にするつもりでいます。

    今後ともぜひお立ち寄りくださいませ。
    ありがとうございました。

    投稿者:管理人 2015/12/29 (火) 16:46

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。