育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2015 12/16

今後の"自然派のヘアケア"の為に使うべき育毛アイテム

konngono1.jpg

過去に見向きもしなかった"育毛剤"を使おうと決めて、約2年間でかなりのお金を使ってしまいました。それが決して無駄金とはいいませんが、幾つかの育毛剤を使うなかで個人的にあまり意味が無かったと感じるものがいくつかあります。継続使用していたチャップアップについてはサプリメントとの同時摂取(体の中からも髪に働きかける)という、私の体に必要な栄養を補うことで、少なくとも効果を感じていました。ですが、その他の衝動買いにも思える育毛剤は、効果を感じるどころか使うことさえもなく「お蔵入り」してしまったものが多くあります。

スポンサードリンク


konngono2.jpg
お蔵入りのうちの1つ. ビタブリッドC

例えばビタブリッドCは国産でないところが気になって、使用する気になれなかったり、ボストンスカルプエッセンスは同じ系統の Deeper3D の配合成分にかなり見劣りしていて使わなかったりするわけです。あとは女性用のベルタも買ったりしました。その他にもサンプル品などを含めるとまだまだありますが、このままでは育毛剤のコレクターになってしまいそうな危機感を感じたので、このあたりでもう一度自分の原点でブログのテーマでもある「自然派のヘアケア」を見つめなおそうと思ったのです。



●髪の為のサプリ摂取に感じ始めた違和感

左ボストン右チャップアップ

その「自然派のヘアケア」としては、サプリメントばかりに頼るのも最近は何か違和感を感じてきました。髪の為に摂るべき栄養を摂る必要がありますが、その食べ物においては細かい注意が必要だと思うのです。以前にも述べましたが、そのような栄養の摂り方に問題が生じ、しばらくずっとお腹を下してしまいました。
→ホエイプロテインによる下痢の原因は人工の甘味料だと分かった

これはプロテインに限らず、食べるものすべてにいえる事ではないでしょうか。亜鉛のサプリについても過剰摂取は避けるべきですし、イソフラボンにしても摂り過ぎは様々なデメリットがあるわけなので。そもそもそういったサプリメントに頼るばかりだと、自己再生能力を鍛えることが難しくなっていきます。約2年、チャップアップのサプリやボストンを飲みながらも、心の奥ではそのことが結構気掛かりでした。



●"頭皮エッセンス"のみの育毛・抜け毛対策、現在試用中

konngono3.jpg

良くも悪くもこの約2年間で製品化された育毛剤は、医学的にも優れているといわれるものが、幾つか生み出されました。例えば、グロースファクター(成長因子) やキャピキシル配合などがあります。それらは、効果が実証されているのにもかかわらず、これまで"育毛剤"として国から許可が出なかったものが"頭皮エッセンス"として販売されるようになりました。なかでもDeeper3Dの品質は最上級だと感じています。そのあたりの業界では「次世代の育毛剤」として売り込んでいますが、それは決して大げさではないのかもしれません。今後の私自身の"自然派のヘアケア"を実践していくとすれば"頭皮エッセンス"のみ一択で良いのではないかと思っています。上記の理由から、しばらくはサプリメント抜きの育毛・抜け毛対策を始めますが、いまの感触では頭皮エッセンスのみでいけそうな感じもしています。最近は「フィンジア」を試用中。

konngono4.jpg

育毛剤でない頭皮エッセンスとしては、唯一Deeper3Dに対抗できそうな使用感なので、今後に期待しています。


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「頭皮が硬い"コリ地肌"の危険と、今の髪を守る為に必要なこと

BEFORE「育毛に良い豆腐とカプサイシンはどう摂るべきか

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top