育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(-)TB(-)

AFTER「炭シャンプーの優れた効果とその反面で危惧されること

BEFORE「頭皮が硬い"コリ地肌"の危険と、今の髪を守る為に必要なこと

2015 12/18

管理人が冬に使う効果的な"浸透型"スカルプエッセンス

konngono4.jpg

育毛剤は効果の無いものとよくいわれ、以前の私もそれと同じように思ったりしていました。ただ、いくつかの育毛剤を試したうえで言えば、それは半分正解で半分間違いなのだと述べておきたいです。これまでにいろいろ研究して分かったのが、有効成分の浸透を妨げる頭皮では育毛剤は効きにくいということ。ですから有効成分がよく浸透するような育毛剤を使うのが理想なのです。最近で言えばスカルプエッセンスなどがそれにあたりますが、その中でも最も浸透力に優れているというものをあげてみたいと思います。

スポンサードリンク


●"浸透型"のスカルプエッセンスを使う理由

Deeper3Dを購入、青とピンクに感じる発毛の力8

スカルプエッセンスは"次世代育毛剤"だと思っています。そういうと聞こえの良い呼び方になりますが、私は過去の効かない育毛剤のイメージは払拭したいと思っています。そんなスカルプエッセンスは最新の成分の配合も可能となっており、それは「育毛剤」には配合できない成長因子やキャピキシルなど(厚生労働省が定めていない成分)だったりします。

スカルプエッセンスを選ぶ理由はまずそういったところにあります。ただしそれは上記で述べている事と同じで、頭皮より下へしっかり浸透しなければ、効かない育毛剤と同じ展開になってしまうわけです。その"浸透力"に目を向けて強化しているのが以下のものです。



●冬から試用中、低価格で強い浸透力「フィンジア」

konngono5.jpg

12月18日現在、この冬ではいちばん冷え込みましたが、体温の低下による頭皮の硬化や血行不良が気になっています。そうなると髪に栄養が届きにくくなり、抜け毛が増えるという、私個人的に最悪のパターンです。でもこれは私だけではないはずです。お客様の頭皮も冬は硬くなっているし、抜け毛も多いと述べていますし。それを放置するのはいけないので、対策はした方が良いのです。でも頭皮が硬いままでは、何をするにしても頭皮に浸み込まないので、そういうときにフィンジアを使うようにするのがベスト。カプサイシン配合によるゲートアクセス理論というもので浸透力を高めているようですが、これがなかなか良いです。

konngono3.jpg

頭皮への浸み込みや血の流れが良くなっている感じで、頭皮に軽みがあります。公式サイト のゲートアクセス理論の説明がいまいち不可解でしたが、使用して体感した方がよく分かりますね。おそらく、カプサイシンの血行促進効果で毛穴を開き、毛根まで有効成分のキャピキシルやピディオキシジルを届けようというものではないでしょうか。気温の低下によって頭皮が硬くなる冬に効きそうな手応えがあります。また安くて買いやすいですね。浸透力を含めて、比較されるボストン・スカルプエッセンスよりもフィンジアが良いと思います。

→ 詳しくはFINJIA公式サイトへ



●内容・価格共に最高級、私に欠かせない「Deeper3D」

グロースファクター3

Deeper3Dについてはチャップアップに続き、長く使っているスカルプエッセンスです。チャップアップを含め、様々な育毛剤を検証してきましたが、Deeper3Dだけは今後も継続したいと思っています。このスカルプエッセンスにはそれだけ魅力があります。キャピキシル配合は当然ながら、不足しやすいビタミンB12の配合、特筆すべきはグロースファクター(成長因子) を配合するという、まさに医療グレードのスカルプエッセンスだといえます。成分をよく浸透させるために"深層水"を使っていますが、その浸透もよく効いている感じです。

533-1

私は普段、ヘアパックなど頭皮のケアをしていたので、その効果なのかもしれませんが。なのでそういった普段のケアが皆無だとすると、あまり浸透しないのかもしれません。その点では「フィンジア」の方が、強引によく浸み込んで効果的なのかなと思いますね。Deeper3Dははっきりいって高いです。もう少し安くなると買いやすいのですが、品質は最高級なので仕方ないと割り切っています。

→ 詳しくはDeeper3D公式サイトへ



●毛穴の1/1000のナノ化で浸透、女性専用「BELTA」

belta1.jpg

ベルタ育毛剤は完全な女性専用になります。わざわざ買って、使う事もなくお蔵入りした育毛剤のひとつです。私が女性だったら間違いなく使っていたと思われる、浸透力に長けた育毛エッセンスです。こちらは医薬部外品になるので「育毛剤」とされていますが、浸透力が強いというところでは、スカルプエッセンスの扱いで良いと思います。男性薄毛の原因の代表といえるAGA(男性型脱毛症)に対し、ベルタ育毛剤にはその発症を抑える成分は含まれません。ミノキシジルなど副作用が心配なものは一切使わず、完全無添加の育毛成分で作られてます。

20151118094604.jpg

産後の使用や授乳中も安心して使えるということですが、その辺りでは、やはり女性だけの為に開発されたものなのだと思わされます。ベルタ育毛剤のいちばん売りにしているのは、やはり頭皮への浸透力とされていて、毛穴の1/1000のナノ化された有効成分が、しっかり浸透してしっかり吸収するとのこと。私のように、男性がベルタ育毛剤を使っても、ナノ化された成分が浸透するか分かりません。何故なら男性は女性に比べて皮脂量が多く、浸透の妨げが考えられるからです。男性に比べ、女性に育毛剤は効き易いとされるのは、それがひとつの理由。売れているらしく、最近の雑誌でよくベルタが掲載されてます。

→ 詳しくはベルタ公式サイトへ

その他、私が"浸透型"スカルプエッセンスに至った理由はまだ色々あります。
よろしくれば以下の記事も参考にして下さい。
1) 今後の"自然派のヘアケア"の為に使うべき育毛アイテム
2) 頭皮が硬い"コリ地肌"の危険と、今の髪を守る為に必要なこと
3) 育毛に良い豆腐とカプサイシンはどう摂るべきか






関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「炭シャンプーの優れた効果とその反面で危惧されること

BEFORE「頭皮が硬い"コリ地肌"の危険と、今の髪を守る為に必要なこと

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。