育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2015 12/20

炭シャンプーの優れた効果とその反面で危惧されること

sumi1.jpg

炭の不純物の吸着・消臭効果はよく知られています。髪や頭皮を健やかに保てるとして「炭シャンプー」が以前から人気があり、最近ではいろんな種類のものを見かけるようになりました。普通のシャンプーと違い、炭シャンプーは微粒子状の炭の力を利用して洗浄するため、頭皮にも優しくてスカルプケアに効果的です。炭の働きはとても優秀なのですが、炭のシャンプーとしては、その使い方や選び方にくれぐれも注意しておく必要があります。

スポンサードリンク


●なぜ髪や頭皮に炭が良いのか、その理由

sumi2.jpg

普段の生活の中で「炭」はなかなか便利に使えています。車の中に炭を置いておけば嫌な臭いが取れますし、電気ポットの中に入れておけば、美味しいお湯が飲めたりします。そういったところで、炭が持っている不純物の吸着・消臭効果を感じることができます。そんな優秀な炭の効果を髪や頭皮の健康維持に生かすことができる「炭シャンプー」が以前から人気です。

過去に炭シャンプーをいくつか試してみましたが、どの炭シャンプーにも共通していえるのは、やはり臭いを抑える効果はかなりある、ということでしょうか。頭が臭くなる時期というのは気温が高い夏~秋なので、その季節に特に効果を発揮するシャンプーだといえます。夏の頭皮の皮脂量は1年の中でもっとも多くなり、皮脂汚れや毛穴づまりが気になりますが、そういった不純物を炭が吸い取ってくれるので、頭皮が健やかになるというわけです。

この炭の働きについては「炭の小さな穴に不純物が吸い込まれている」とよくいわれていますが、ただ、それについては誤解という説もあります。それを説くとまず炭は分子量が大きく、その分子から伸びている結合肢が4本あるということ。その結合肢に、不純物が強くイオン吸着して取り込むという特性らしいです。そういった炭の働きでいえば、たしかに脂分が取れていると実感できますね。洗い上がりはとてもすっきりしていて、気持ち良さが感じることが出来ました。



●炭シャンプーで気をつけたいこと

sumi3.jpg

ただ、炭の特徴として挙げられる「分子量が大きい」という点では多少注意が必要だと思います。実際にいくつかの炭シャンプーで洗ってみて感じましたが、洗ったその日に痒みが生じたことが何回かありました。炭の分子量が大きいとした場合、頭皮への付着や毛穴に詰まることが予想されます。仮に毛穴に詰まるとまでは考えなくても、上の写真のように炭が分離しやすく、下に溜まるのを目にすると、炭は頭皮に残りやすいのかなと思ってしまうわけです。ですからそれを避ける為には、すすぎをいつも以上に丁寧にする必要があると思います。すすぎがちゃんと出来ていると、とても頭皮が綺麗になるので育毛剤などの有効成分は浸透しやすくなります。




●どんな炭シャンプーを選べば良いのか?

sumi5.jpg

炭シャンプーが向いているのは、頭皮が脂っぽい人だと思います。私のような乾燥肌の場合は、炭が脂分を吸い取ってしまうことがあるので、避けた方が良いのかもしれません。それでも炭シャンプーを使いたいというときは、洗浄成分に注意して使う事をおすすめします。例えば、以前記事にした デオウ という炭配合のシャンプーがありますが、デオウの洗浄成分はPOEラウリルエーテル酢酸Naとラウレス硫酸Naという高級アルコール系の頭皮に対して刺激が強過ぎるものを使っています。こういったものは避けた方が良かったりします。洗浄力が強く、さらに炭による不純物の吸着効果によって頭皮のぱさつきが強く感じます。ですからそういう洗浄成分が強いものではなく、洗浄成分がマイルドなものが良いですね。

市販の炭シャンプーで、私がおすすめできるのは ソフティモのスカルプシャンプーです。

sumi6.jpg

このシャンプーは「コカミドプロピルベタイン」というベビーシャンプーにも使われている刺激の少ない洗浄成分を使っているので、頭皮がかさついたりしません。炭シャンプーは正しい使い方で頭皮に合ったものを使えば、頭皮環境が良くなり髪も健やかになれます。育毛剤をよく浸透させることにも有効ですね。ですが肌に合わず適当にシャンプーしていると、逆に頭皮トラブルを招き、抜け毛にも繋がりかねませんので、充分に注意をして使いたいものです。


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「頭皮の乾燥フケに効くビタミンを"ぜんざい"で摂る

BEFORE「管理人が冬に使う効果的な"浸透型"スカルプエッセンス

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top