kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

頭皮の乾燥フケに効くビタミンを"ぜんざい"で摂る

zennzai1.jpg

冬の髪のお手入れは、いろいろと手間がかかったりします。空気の乾燥で髪がパサついたり広がったりして、まとめるのも大変だったりしますね。ただそれらはスタイリングで抑えることができても、頭皮のケアまではなかなか難しいと言えるのではないでしょうか。私の場合は頭皮が乾燥してしまうとフケや痒みを生じますし、それを放置して悪化すると抜け毛が増えることもあるので、対策はしっかりやるようにしています。その対策とは、髪や頭皮の健康に欠かせないビタミンB群を忘れずに摂ることです。ビタミンB群は育毛・抜け毛予防にも絶対というくらいに欠かせません。それを摂るために"ぜんざい"を食べるようにしています。いつも年末年始は食べていますが、頭皮の乾燥フケ予防に効くのでおすすめです。

スポンサードリンク

●ビタミンB群を欠かさないようにしたい

ドライヤーの冷風は頭皮に悪い?雑菌を避ける為の使い方

これまでの記事でも何度か述べていますが、髪や頭皮のためにビタミンB(Bl・B2・B6・B12・ビオチン・ナイアシン・パントテン酸・葉酸)の摂取は継続してやった方がいいです。髪や頭皮の乾燥は、保湿させると効果的なのですが、それは一定のあいだの対策となり、根本的なところを補っていかないと、頭皮の乾燥やフケはなかなか治らないのです。ですからそこは食べ物から栄養を摂るようにして、根本的なところをしっかり補っていった方が良いと思うのです。私は特にビタミンB2とB6は欠かさないようにしています。

ビタミンB2の摂取は、髪を健康にするというよりも髪の発育を助ける働きがあるので、強く潤いのある髪が生成されやすく、弱い髪にありがちなパサつき・広がりを抑えることができます。また、ビタミンB2が不足すると糖質や脂質の代謝がうまくいかなくなるので、それが大きな問題です。頭皮の皮脂分泌のバランスが難しくなり、少ない場合は髪や頭皮は潤いを無くします。そうなると頭皮が敏感になりますから、フケや皮膚炎など様々な頭皮トラブルの原因になってしまう、というわけです。




●さらに育毛・抜け毛予防ならビタミンB6を

髪12

そしてもうひとつ、ビタミンB6についてもとても大事なものだと私は考えています。ビタミンB6というのは「亜鉛」と同様に、髪の基でもある「たんぱく質」の吸収というところで必要な栄養素なのです。亜鉛と同じくビタミンB6というのは、たんぱく質をアミノ酸に変えて髪の毛をつくる働きをするので、欠かしてはならないのです。私の場合でも、髪や体づくりとして大豆などからタンパク質を摂ってますが、タンパク質を多量に摂取する人ほどビタミンB6の必要量が増えると考えてください。極論をいえば、たんぱく質やアミノ酸を多く摂っていたとしても、亜鉛やビタミンB6が不足していれば、育毛や抜け毛予防など髪の毛の生成には役立っていないともいえます。なので個人的にもビタミンB6摂取は欠かせないのです。

さらに徹底するなら"造血ビタミン"といわれる「ビタミンB12」を摂るようにします。私が Deeper3Dを使っている理由 のひとつは、ビタミンB12を補えるというところにもあります。




●おすすめは小豆、今年も「ぜんざい」を食べます

zennzai2.jpg

特に今年は、ビタミンB群のものを摂ることについて色々と拘ってきました。例えば"うなぎ"や"かつお"など、髪に良いという栄養が豊富なものを、これまでと違う目線でみて味わったりしました。
→ うなぎに育毛効果があるので骨も肝も食べてみた
→ 血を作る食べ物として魚(カツオ)と玉ねぎが凄いと思う

この他にも、髪を含めた健康の為の"食養生"として、あちこちに出向きましたが、さすがに冬になると自転車に乗るのも面倒くさくなってきました。なのでこの冬は以前から好んでよく食べていた"ぜんざい"で髪の栄養を補いたいと思っています。素材となる小豆はかなり髪に良い食材といえるので、ぜひおすすめしたいです。ただし甘いぜんざいはいけません。

ぜんざい(小豆)が髪や頭皮に良い理由


1 ビタミンB群が豊富である
  脂質の代謝・皮脂分泌(ビタミンB2)
  細胞、頭皮、髪などタンパク質の分解を促進(ビタミンB6)
  皮脂の分泌バランスが整って乾燥やフケを防ぐ
2 ミネラルが豊富で髪・頭皮が潤う
  小豆のミネラルはカリウムと鉄が多く含む
3 必須アミノ酸の基準をほぼ満たしている
  健全な皮膚・体をつくることができる
4 ポリフェノールによる抗酸化活性
  強力な抗酸化物質であるポリフェノール含有
  髪や肌を綺麗にするなどのアンチエイジング効果


特に十勝で栽培された品種の豆が高い活性が認められてますので、産地に拘ってみても良いかもしれません。また、ビタミンB群は水に溶けやすい水溶性ビタミンということもあり、過剰に摂取してしまっても体外に排出されます。甘くしていない"ぜんざい"ならば、ある程度多く食べても大丈夫です。ぜんざいのレシピなど、詳しくは以下の記事を参考にして下さい。
→ 腎臓が弱ると抜け毛が増えるので小豆をたくさん食べる

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク