kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い髪を育てる為に必ずやっている4つの睡眠方法

bfc4d40eb79d001a11486a3f022a5189_s.jpg

年配の方でいつも元気で若くみられる人がいます。どうしたらそうなるのか、その秘訣を聞くと多くの場合「よく寝ること」と答えてくれます。実際にそんな人は、髪が多かったりスタイルが良かったりで、それを考えるとやはり睡眠を取ることはとても大事なんだと思わされるのです。とはいっても私自身も"質の良い睡眠"というところへのこだわりは負けていないと思っています。今回はそういった髪や体を育て、若くいる為に欠かせない4つの睡眠方法を述べたいと思います。

スポンサードリンク


●良い髪が育つのはノンレム睡眠に入っているとき

326cacbf9edde1b2a6d7ba58f6d58eaf_s.jpg

ご存知の通り、睡眠には深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」があります。髪や体づくりにとって大切なのはノンレム睡眠の時で、このとき髪を育てる為に必要な成長ホルモンが最も多く分泌されます。成長ホルモンは10代くらいの時に多く分泌され、20歳をピークに徐々に減少するといいますから、このノンレム睡眠の時間はとても貴重。特に入眠直後のノンレム睡眠時には、成長ホルモンの分泌が最も多く、1日に分泌される量の70%がここにあるといわれています。なので、いかにして速やかに眠れる環境を作るべきか、まずそこから工夫する必要があるわけです。そして出来るなら"質の良い睡眠"にもこだわりたいところです。以下は過去記事のからの引用ですが参考にして下さい。

睡眠は大切ですが、ただ寝るだけでなく睡眠の質にもこだわってほしいと思います。睡眠の質が良ければ良いほど髪の毛は成長してくれますので、その工夫は必要。自律神経の状態は髪の発育に影響を及ぼしますが、そのバランスを崩さないために、7時間以上の睡眠はとるようにします。髪が成長する11時~深夜3時を含めて7時間です。11時~深夜3時くらいが新陳代謝のピークなので、ここは絶対欠かせません。

睡眠障害になるような環境、レム睡眠がひどくなるような環境は避けたいですね。睡眠がうまくとれない環境で、レム睡眠が続くと新陳代謝が良くなるはずはないと思うのです。また、人間の体には サーカディアンリズム が存在しますが、それに睡眠を組み入れることを考えています。そうすると、睡眠を促すホルモンの「メラトニン」が多く分泌されるので、確実に深い眠りにつくことができ、質の良い睡眠がとれるようになるのです。




●質の良い睡眠を取る為にやっている4つのこと

メンズ用の冷えとり靴下をレビュー、男が選ぶ‘‘カサネラボ‘‘2

①湯船につかる、または半身浴・足湯をする
気持ち良く寝る為にこれは欠かせません。入眠前のリラクゼーションとして何よりも有効です。37~40度程度の少し温度が低いいらいのお湯に、ゆっくりとつかって心身をゆったりさせます。末端の血流を良くして、髪に栄養を届けることを目的にしますが、その際に首や足首など「首」がつくところを冷やさないようにします。特に湯上りは注意。私は靴下を重ねて履いたりしています。湯船につかるのがいちばん良いのですが、無理なときは半身浴や足湯をするようにしています。


thi-turi-1.jpg

②睡眠前に強い光を浴びないようにする
副交感神経(寝る神経)が正常に働くことで深い眠りに入れますが、この働きが阻害されないように強い光を浴びないようにします。睡眠前は、部屋ではだいたい150ルクスくらいの明るさで過ごすのが良いとされています。私は写真のようなアロマランプをつけて、睡眠前を過ごすようにしています。寝る前の外出は避けた方が良いのですが、例えばコンビニは、2000ルクスくらいあるそうなので、それくらい強い光を浴びてしまうと副交感神経とは逆の交感神経が刺激されてしまい、眠る前の体が一気に覚醒してしまうのです。また、テレビやパソコン、スマホなどから出ている光は、脳を活性化させるといわれています。髪にも良くない眼精疲労の原因にもなりますので、これも避けるべき行動のひとつですね。


c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_s.jpg

③プロテイン、または眠りを誘うハーブティーを飲む
個人的に眠れる効果を感じたのは、寝る前にハーブティーを飲むことです。ただし、カフェインが含まれるものは目が覚めてしまうので×です。私のおすすめはカモミールティーですが、髪に良いハーブティーといえばカモミールティーがいちばんだと思っています。その理由はこちら。ただ最近は、髪や体づくりの為のソイプロテインを飲んでいます。プロテインは基本的に夜の寝ている時によく吸収されるので、髪に良いと思われるものは摂っておいて良いと思うのです。最近、スカルプDの髪専用プロテインが発売されましたが、そちらでも睡眠前の摂取を推奨していますね。


onngakuryouhou1.jpg

④リラックス効果のある音楽を聴いて寝る
心身の健康法として"音楽療法"があります。その要素を取り入れるやり方も有効な手段です。私は寝る前にクラシック音楽を聴いてますが、とてもヒーリング効果があり、良い睡眠に誘ってくれます。音楽療法では主にクラシック音楽が使われます。眠りに誘うクラシック音楽の効果としては、例えばモーツァルトの曲には、3,500Hz~4,200Hzの高周波音が多く含まれているのだそうで、その高音の周波が人の延髄から視床下部にかけての神経系を非常によく刺激して、副交感神経を活発にすることで睡眠がしやすくなるという仕組みですね。私は最近ピアノを弾き始めましたが、その効果をかなり感じているところです。

以上がいま私がやっている「髪や体づくりに良い睡眠方法」になります。上記の一連の睡眠方法を始めだしてから特に体感できるのは、まずボディバランスが良くなったことです。痩せていた貧弱な体型ががっちりしてきました。また、髪の毛も抜けにくくなってコシが出てくるのも感じられます。ですがブログ更新が遅くなったりして、睡眠不足の時の翌朝は髪の毛がへなっていたりするので、そこで睡眠としっかりとることがいかに大事なのかを痛感させられます。

関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。