kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

白いアレッポの石鹸の品質と今後使用する上での心得

ratakia7.jpg

先月中頃からアレッポの石鹸の新物が出ており、石鹸洗髪に必要としている私としては、新物の品質などいろいろ気になったりしています。以前と比べて"白い"など石鹸が変わってしまったという話も幾つかあるようですが、私としては、そのことを深刻に考えていません。その理由を含めて「以前の石鹸との違い」などをここで述べてみたいと思います。

スポンサードリンク

●愛用者なら誰もが気になる"新物の品質"

siroiareppo5.jpg

アレッポの石鹸をずっと愛用している人にとって、ここ数年のシリア情勢は心配の種になっているのではないでしょうか。ただ、工場の移転などによって引き続き生産が可能になり、アレッポの石鹸は現在も日本入国に至っています。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。そして色々な事が心配されつつも、2015年11月からは新物の出荷が始まっていて、アレッポ石鹸愛用者の方々は、その新しい石鹸の品質にとても注目しているものと思います。

アレッポの石鹸をリピートしてきた年数が長いほど、これ以外の石鹸を使う気になれない。と、多くの愛用者がそのように言います。安心して使っている中では多少、品質に異変があっても気にならなかったりするのですが、やはりここ数年のシリア情勢のことが頭にあると、少しの変化でも気になったりするものですね(そう思うのは私だけではないはずですきっと)。そんな気持ちの上で使っているとよく分かる「以前の物との違い」をここで取り上げてみたいと思います。ただ冒頭で述べているように、個人的にはその「以前の物との違い」について"深刻ではない"とみています。



●石鹸表面の白っぽいのは何故なのか?

siroiareppo4.jpg

"新物"のアレッポの石鹸を手にした人が、まず最初に思われるのが以前になかった「石鹸表面の白っぽさ」だと思います。これは、疎開した第2工場での生産というところで考えれば、仕方ないのかなと私は割り切っています。疎開した第2工場生産という事情の中では、

①熟成や乾燥の期間が短かったこと
②若手の職人で刻印を打つのが未熟だったこと
③仕上げの作業のおばさんたちの数不足

これは事実として分かっていますが、風土ならではの石鹸づくりに精通した以前の石鹸職人がいなくなってしまったことが、主にそこの問題を生み出していると考えられます。ただ①については、白っぽくなった原因とは考えられません。アレッポの石鹸は長い成期間をおいてあの表面の色になります。熟成期間が短いと中身のようにグリーンになるわけですから、①は関係していないはずです。

何がいちばん関係しているかというとおそらく"オリーブ"です。実は以前、同じようにアレッポの石鹸表面が白いものをみたことがあり、気になって調べたところ、熟成期間にオリーブの成分が表に出ると「白く粉をふいた状態」になるというのを知りました。そのオリーブオイルについても一番搾りなのか二番搾りなのか、そこもいろいろ関係してくるはずです。また仮にオリーブの酸化などがあるとすれば、やはり素材そのものに問題があり、それを厳重にチェックできる石鹸職人がいなかった、ということになるのです。



●さらに強く感じられるという「臭い」の理由

siroiareppo3.jpg

次に感じられるのが「以前よりも臭いがきつい」ことだと思います。アレッポの石鹸はもともとが油っぽく粘土のような香りなのですが、今回の新物の香りはさらにそれが強くなっているとされています。人によっては"汚物"の臭いがするとも言っていますが、もしそれが本当なら私もおそらく使えなくなると思います。この臭いの原因についても上記と同じようにオリーブにあるのではないでしょうか。

これはその他のオリーブ石鹸にもいえることですが、「臭いの当たり外れ」がたまにあります。"汚物の臭い"っぽいのはオリーブの実そのものにそういう風味があるわけで、そのオリーブがどういう状態で配合されているか?というところが「臭いの当たり外れ」を作ってしまうのです。新物のアレッポの石鹸がどういう状態のオリーブを使用しているか?ですね。熟しすぎて傷んだ実だったり、酸化してしまった実だったりすると、臭いはきつくなるのかもしれませんね。私はそういった臭いでも大丈夫なので、その辺はやはり個人それぞれだと思います。



●過去にもあった事例では使用上問題なし

siroiareppo1.jpg

上記で述べている事は私の憶測でもありますが、ある程度の要点は捉えていると思います。今回の内容はいずれも過去に経験しましたが、心配されている石鹸の品質や安全性に関しては、まったく問題はありませんでした。そういったものはB級品などとして、安くで売られたりしてますが、それは石鹸の見た目が良くないというだけで、使ってみると通常の石鹸と何ら変わりないのです。今回のアレッポ石鹸の新物についても、おそらくそういったものが出回っているのかもしれません。

新しい石鹸工場での生産など、様々な事情を私たち消費者が考慮しなければならない状況ですが、どうしてもそれを避けたいときは、ネット購入するのではなく、自分でお店に足を運び、実際に見て石鹸を選ぶようにした方が良いと思います。家で熟成させるつもりで大量にネット購入する人がいますが、しばらくの間はやめておいた方が良いのかもしれませんね。ネット購入だといわゆる「石鹸の当たりはずれ」がありますので、損をしない為に個別での購入をおすすめします。

今後もアレッポの石鹸の"新物"については、色々と検証していきたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク