育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2016 01/15

相葉雅紀・松本潤CMシャンプー・ジュレームリラックスの口コミと解析

jyure-mu1.jpg

特徴のある香りとオールノンシリコンで人気のヘアケアブランド・ジュレームから「リラックスシリーズ」が発売されました。先日から公開されたシャンプーのCMでは嵐の相葉雅紀さんと"先輩 "の松本潤さんの共演がとても好印象で、今回のジュレームもまたヒットしそうな感じです。早速、ジュレームリラックスを購入したのでレビューしてみます。使用感や口コミなどなど詳しく解析してみますので、商品購入の際は参考にしてください。

スポンサードリンク

2017年1月10日に ジュレームフルボス が追加発売されました。こちらは”フルボ酸”配合のブライトニングケアラインとなってます。 フルボ酸の効果が気になったので使ってみました。


●相葉さん松潤さんがいう「人の印象は髪質で決まる」に納得



CMのなかで述べられているように、確かに髪の質感がこれまでと変わると、その人の印象は結構変わるものです。硬くてまとまりにくい髪だったり、柔らかくて絡まりやすい髪など、人それぞれに髪の悩みがあると思います。その髪の悩みがもし解消されたとき、新しい自分に出会ったような気持ちになります。私自身、育毛に取り組んだことで少ない髪が多くなりましたが、そこで感じた「新しい自分」というのは周りからの印象も大きく変わりました。髪で自分も印象も大きく変わるのです。

前回、アジエンスめぐり を記事にしましたが、長澤まさみさんがCMの中で「生まれつきの髪も自由に選べたらいいのに」と述べられていたように、本当にそうなれば髪で悩むこともなく、自分にもっと自信が持てると思います。その悩みを、たかがシャンプーで解決されるはずはない、多くの人がそう思われがちですが、私自身はそう思っていません。なぜなら3年間、シャンプーのレビュー記事を書いてきて、ここ数年の市販シャンプーの品質向上がよく分かってきたからです。ジュレームについてもコーセーコスメポートさんのシャンプーは、創業以来のノンシリコンというこだわりに一貫性を感じます。サルフェートフリーといったところでも”髪や頭皮への労わり”という点で高く評価できるのです。



●ジュレームリラックスの選び方、”髪質コントロール成分”を解析

jyure-mu2.jpg

これまでのジュレームは、シャンプーだけでなくトリートメントまでもシリコンフリーにするという、「オールノンシリコン」をコンセプトにしていました。今回のジュレームリラックスはシャンプーのみがノンシリコンになっていて、まずそれがこれまでのジュレームと違うところです。そして、硬い髪や柔らかい髪など、それぞれの髪質を変えるという”髪質コントロール成分”がそれぞれに配合されています。硬くて太い髪質には「ソフト&モイスト」、細くて柔らかい髪質には「スリーク&モイスト」。この2種類に配合される”髪質コントロール成分”を解析すると以下のものになります。

まず硬くて太い髪質用の「ソフト&モイスト」。

jyure-mu3.jpg

こちらは細胞間脂質(CMC)補修成分・ソフトヴェール成分(保湿)配合となっています。1つ目は細胞間脂質(CMC)補修成分とされてますが、これはオリーブオイルの脂肪酸エステルのことをいっています。髪を柔らかくしたり、うるおいを与える効果がありますが、香料の香りを長く保つ作用もあるらしいので、そのあたりはジュレームの香り効果として有効なのかもしれません。そして2つ目はソフトヴェール成分。これはリピジュアのことをいいます。リピジュアの特徴は保湿ですね。人間の細胞膜と似ています。水に強い成分であるため、水洗いしても保湿効果を持続させることができるのです。保湿という点ではリピジュアはかなり有効。

次に「スリーク&モイスト」。こちらは細くて柔らかい髪質用です。

jyure-mu4.jpg

こちらに配合された”髪質コントロール成分”とは、毛髪細胞コルテックス補修成分 と キューティクルコート成分 です。毛髪細胞コルテックス補修成分 とは「加水分解ダイズタンパク」のことをいっています。これは、酵素を使って大豆を加水分解することで出来た液体です。天然成分で頭皮に優しく、保湿効果も高いので、頭皮ケア専用のシャンプーによく使われています。そしてもうひとつ キューティクルコート成分。これはPVPという合成ポリーマーのことですが、乾くとフィルム状になる成分で髪の毛をコーティングしてハリコシを与えます。髪が太く、弾力が出るところでは「スリーク&モイスト」として正解ですね。
以上のように解析してみると、髪質それぞれで選ぶべきシャンプーが分かってくると思います。



●ジュレームリラックスシャンプー・トリートメント全成分

jyure-mu5.jpg

とにかくそんな”髪質を変える”という成分が豊富なのですが、この他にもまだいくつかの有効成分があるので、以下の成分の詳細で確認してください。

(ソフト&モイスト) シャンプーの全成分

jyure-mu6.jpg

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PPG-2コカミド、ココアンホ酢酸Na、アンズ核油、センチフォリアバラ花エキス、トコフェロール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリクオタニウム-51、モモ葉エキス、加水分解ヒアルロン酸、BG、EDTA-2Na、PG、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、オリーブ脂肪酸エチル、クエン酸、グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、塩化Na、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

(スリーク&モイスト)シャンプーの全成分

jyure-mu7.jpg

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PPG-2コカミド、ココアンホ酢酸Na、アンズ核油、センチフォリアバラ花エキス、トコフェロール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、モモ葉エキス、加水分解ダイズタンパク、加水分解ヒアルロン酸、BG、EDTA-2Na、PG、PVP、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、クエン酸、グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、塩化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

主体になる洗浄成分は ココイルグルタミン酸TEA です。前作のジュレームアミノシャンプーから、このアミノ酸系洗浄成分が使われていて、より髪や頭皮に優しく、しっとりと洗い上げる、という目的が分かります。次にコカミドプロピルベタイン。こちらはヤシの実オイルが元になる両性界面活性剤で、髪の仕上がりのしっとり感を出す為に使われていると思います。あと、前作のジュレームアミノシャンプーになかったアプリコットシードオイル(アンズ核油)の配合も新しい試みだと思います。(前々作にはありました)   ノンシリコンアミノ酸シャンプーでありながらも、しっとり感を出すというメーカーさんの努力が伺えます。このようなジュレームの成分をみると、1000円を切る商品価格はとても安いです。それがジュレーム人気の理由のひとつなのでしょうね。

jyure-mu8.jpg

トリートメントは「ソフト&モイスト」「スリーク&モイスト」それぞれに”4種のケラチンケア成分”が新しく使われています。これは、アルギニン・グリシン・セリン・グリセリンといった、ほとんどがアミノ酸系の優しい保湿成分となっていて、これをトリートメントに配合し、髪の内側から潤わせることを目的にしていると思います。また、高密着・高浸透としているヒアルロン酸にも注目です。髪の水分が不足していて、内部がスカスカになると普通の保湿では補いにくい。そこでヒアルロン酸の隙間に入り込む性質を利用すれば、うまくたんぱく質と結合してくれるので、髪が補修されるというわけです。グリセリンが入っているのも、ヒアルロン酸との組み合わせで保湿効果を高める為だと思います。


●ジュレームリラックスで洗ってみる

jyure-mu9.jpg

トライアルセットを使用します。ジュレームリラックスは完全に女性向きなので、今回もまた姪っ子にモデルになってもらいました。姪っ子の髪の毛は硬くて太いので「ソフト&モイスト」を使い、髪が細くて絡みやすい私がとりあえず「スリーク&モイスト」を使用。まず、封を切ってシャンプー液を出すととても強く香ってきます。甘く華やかで少しアプリコットが強いかな、という印象。天然香料を使用との事ですが、洗っている最中でも決してほのかに香る感じではなく、強く匂ってきます。以前のシャイニーリペアなどは男性でも好めそうな香りでしたが、今回のリラックスラインの香りはかなり女性っぽさがあるので男性にはおそらく無理です。

jyure-mu10.jpg

シャンプー液は少し黄色っぽいですが、ほとんど無色透明です。ただ保湿成分が多いため、割と粘っこい液体ですね。洗浄成分がコカミドプロピルベタイン(粘りが出る)であることもその理由のひとつだと思います。その粘りのあるシャンプー液の良いところは、実際に洗ってみるとよくわかりました。とにかく、きしまず滑らかにシャンプーすることができます。

jyure-mu14.jpg

ノンシリコンシャンプーはナチュラルな洗い心地や仕上がりを感じさせるものが多いのですが、ジュレームリラックスは良い意味でそれを裏切っているような感じですね。濃厚なオイルシャンプーのようにうるおい感が強くあります。個人的には「スリーク&モイスト」を使いましたが、新しい成分の「加水分解ダイズタンパク」と「PVP」の効果なのか、細い髪にコシが出てボリュームが出ていました。この効果は男性用スカルプDシャンプーの使用でもみられた効果です。スカルプDにも「加水分解ダイズタンパク」が配合されています。

jyure-mu11.jpg

そして「ソフト&モイスト」を使った姪っ子の髪はというと、洗った直後ではまだ変化はみられていません。オリーブオイルの脂肪酸エステルとリピジュアの効果を期待しましたが、しばらく使い続けないと効果は分からないのかもですね。

jyure-mu15.jpg

ただ本人いわく、髪の中の方(頭皮と髪の間)がふわふわになって頭が軽くなったことを感じ、気分が良いと言っています。そういった目に見えないところで、アミノ酸ノンシリコンシャンプーの効果とトリートメントに含む”4種のケラチンケア”が生かされているのかもしれません。

jyure-mu12.jpg

肌に優しい洗浄成分だけあって痒みがまったく出ていないそうなので、そこも高く評価できます。ただ、毎日洗うとすれば少し考えてみたいです。アミノ酸シャンプーとはいえ、洗髪頻度には気をつけたいところです。
→ 洗髪の頻度は冬・夏など季節で回数を変え、湯シャンでフォローする



●ジュレームリラックスを使った人のクチコミ

@コスメさんのクチコミを掲載。まず始めに「ソフト&モイスト」です。
Je laime LM1
Je laime LM2
Je laime LM3
Je laime LM4


次に「スリーク&モイスト」のクチコミ。
「スリーク&モイスト」1
「スリーク&モイスト」2



その他の市販シャンプーのレビューいろいろやってます↓


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「ケラチンを作る食べ物は「アミノ酸スコア」で分かる

BEFORE「髪の健康の為に”月の満ち欠け”を利用する

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top