kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アロマのやさしさ」取扱いで伝えたい本当の”髪への思い”②

shabonndama2.jpg

私自身の洗髪方法は、ずっと石鹸シャンプー(アレッポの石鹸)をやっています。市販シャンプーを使わず、ノンケミカルのヘアケアによって薄毛からの髪の回復がありました。シャンプーへのこだわり、そして以下のような

①化学物質を取り込まない頭皮ケア
20140116014144805-1.jpg

②髪に良い栄養を摂り入れること
亜鉛レシピ

これらを正しく続けていれば、多少時間がかかっても髪は回復すると分かりました。私以外の例でみても分かることですが、石鹸シャンプーによって自分本来の強く美しい髪が戻ったという人は結構多いです。過去のブログ記事でも、その有効性をたくさん述べてきました。

ただ 石鹸シャンプーが肌に合う人と合わない人がいる という事については否定できません。石鹸シャンプーはある意味、危険ともいえる洗髪方法です。間違った認識で石鹸シャンプーをすると頭皮の状態が悪くなり、最悪の場合、髪が抜けてしまうこともありえます。以前は石鹸シャンプーを推奨していましたが、そういった理由もあり現在はあまりお勧めしていません。

ただ、石鹸シャンプーを含めたケミカルフリーのシャンプーだと、自分本来の髪の強さ・美しさを引き出せる、それが何よりも魅力です。10年後、20年後の髪の将来にあらゆる可能性がみえてくるのです。そこに興味を持ってもらいたいと思います。それは別に石鹸シャンプーじゃなくても良いので。

olm2.jpg
オイリム・シャンプーの成分と口コミ、6つのオイル効果の評価をみる

来店されるお客様、それ以外の多くの人にそれを体感してもらいたい。
そういう気持ちが以前からありました。それを伝えるためにブログ上で何をするべきなのか。その答えは、数年間続けてきたシャンプーのレビュー・解析の経験からみつけることができました。

本当に良いといえる成分、本当は悪いという成分。そこにあるのは シャンプー業界のややこしい事情 です。そこから学んだことをブログでアウトプットすれば、私の伝えたいことが分かっていただけると思います。次の記事で、そのシャンプー業界のややこしい事情というものをお話したいと思います。よろしければ以下のリンクへどうぞ。




関連記事

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。