kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

アロマのやさしさ・シャンプーのクチコミと解析

aromanoyasasisa1.jpg

私のお店でも取り扱っているシャンプー「アロマのやさしさ」。髪や頭皮の健康を気にされるお客様へのサービスとして、アロマのやさしさで洗うようにしています。”ヘアケアの本質”を考えたとき、本当に良いといえるシャンプーがなかったのですが、唯一このシャンプーだけは違ってました。10年後20年後の髪の健康を維持できるシャンプーとだといえます。そんなアロマのやさしさは、どんなシャンプーなのか詳しく述べてみたいと思います。


スポンサードリンク


●”お客様の髪を育てる”と考えて選んだシャンプー

シャンプー台2

この仕事を長くやっていると、人それぞれに髪の悩みがあることを思い知らされます。コシがなくなった、抜け毛が多い、さらには髪が薄くなったなど、お客様によって悩みは様々です。そんなお客様との会話の中でいくつかの解決策を提案しています。

そのひとつとして述べているのが、普段どれくらいヘアケアに気を使っているか?ということ。なかでも洗髪については重要と考えていて、シャンプー剤の選び方次第で、今後の髪は良い状態にも悪い状態にも変わってくるといえるのです。

nama22.jpg

それは、これまでたくさんの市販シャンプーをレビューしてきて分かったことです。シャンプーの成分が与えている頭皮への負担がどうしても大きいのです。そういった成分の危険性を研究することによってみえてきたのが、10年後20年後の髪の心配。お客様の髪が強く美しく伸びるよう健全であってほしいと切に願うのです。それがなければ私はこの仕事で食べていくことができないのですから。

そんなお客様へ私が感じている本当の髪への思いを伝えたい、そう思ったとき試してみた「アロマのやさしさ」がとても好印象で、これまでにない将来性を感じたのです。それについては、以下の「まとめ記事」を参考にしてください。




●すごいのは不安要素を完全になくしているところ

aromanoyasasisa2.jpg

「アロマのやさしさ」には市販のシャンプーで得られるような劇的な髪質の変化などはありません。ヘアサロンの運営で毎日髪を触ってる理・美容師の立場でいえば、そんな劇的な髪質の変化を求めるのは当然ともいえます。ただ私は、ヘアサロンの現場主義で髪の健康を述べたくないのです。お客様の”髪を育てる頭皮の健康”を真剣に考えたとき、そのような 劇的な髪質の変化はなくても良い と思いました。

一時的に髪質が良くなったという「演出」と引き換えに、頭皮の健康を脅かすような成分がいろいろ使われているという事実に違和感があります。ですから、そういった不安要素を完全に排除する為のシャンプーを探していて、それが唯一「アロマのやさしさ」だったというわけです。そんなアロマのやさしさの注目点は、おもに以下のとおりになります。

1.もっとも上質な植物由来のアミノ酸系洗浄成分使用
2.パラベンなどの強力な殺菌力のある防腐剤不使用
3.頭皮にダメージを与える「コーティング剤」不使用
4.エッセンシャルオイル専門店ならではのオイル効果
5.敏感肌にも使えて、シャンプーだけで全身洗いも可能
6.トリートメント不要&泡パックによる潤い仕上げ◎

アロマのやさしさは、大きなコストのかかる雑誌広告やTVコマーシャル等の宣伝広告は行なっていません。あと、シンプルなボトルデザインからも分かりますが、商品の容器にもお金をかけないようにしています。このように 無駄な製造コストを抑え、その分を高品質なシャンプーの内容に充てている みたいです。高価なアミノ酸洗浄成分を主成分としていて、それを高配合しながらも、リーズナブルな販売価格は企業努力として凄いなと思いました。



●アロマのやさしさシャンプー全成分

aromanoyasasisa3.jpg

水(精製水)、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロアンホ酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウラミノプロピオン酸Na、ココイルアラニンTEA、ラウラミンオキシド、ホホバ油、コムギ胚芽油、オレンジ油、ローズマリー油、ティーツリー油、ラベンダー油、ベルガモット果実油、オニサルビア油(クラリーセージ油)、グリセリン、カミツレエキス(カモミールエキス)、セイヨウハッカエキス、メリッサエキス、セージエキス、レモングラスエキス、ユズ果実エキス、乳酸オレイル、クエン酸、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-10、BG、塩化Na、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

これらの成分に注目していただきたいです。とにかく天然成分にこだわっているということがよく分かります。まず始めのココイル~ラウラミンオキシドまで、すべてが頭皮に刺激の少ない天然洗浄成分。市販のシャンプーほとんどに使用される刺激の強い「硫酸系」「スルホン酸系」の洗浄成分は一切使われていません。

そして次に多く含まれるのが天然の精油など。販売元が「Tea-treeの森」という 精油専門店の強みを生かした精油のブレンド となっています。

aromanoyasasisa4.jpg

オレンジオイル~クラリセージまでどれもが頭皮ケアに適したエッセンシャルオイルですが、これらの精油のチョイスは専門店ならではの知識から生まれた髪や頭皮への思いやりだと感じています。

このブログではオイルシャンプーの作り方など実践したものを紹介していますが、ここまで徹底したものは作れませんでした。だからこそ、このシャンプーは魅力的で多くの人に有効性をお伝えしたいと思ったのです。アロマのやさしさに使われているオイルの効能については、以下の記事を参考にしてください。




●レビュー用としてあらためて購入してみました

aromanoyasasisa5.jpg

既にお店では取り扱っているのですが、購入時の付属品など参考にしていただけければと思い、今回あらためて自分用として購入してみました。いつもは市販のシャンプー購入にアマゾンを利用するのですが、アロマのやさしさはアマゾンに無いようなので公式サイトの方で注文しました。楽天にもありますが、以前シャンプーを注文して嫌な思いをした経験があるので楽天では買いません。

aromanoyasasisa6.jpg

高額な育毛剤購入の時と同じようにしっかりと包装されて送られてきました。

aromanoyasasisa7.jpg

付属されているのは、いくつかの冊子類と代表者からのお手紙です。
ちなみに商品を2本以上、または定期コースで注文すると送料が無料になり、
ハーブティーなどおまけが付いてくるようです。

aromanoyasasisa8.jpg

付属の冊子・お手紙には「アロマのやさしさ」に込められた思いが詳しく書かれていて、将来の髪の健康について今現在の頭皮ケアがいかに大切かをあらためて知ることができました。



●実際にアロマのやさしさシャンプーを使用した感想

aromanoyasasisa9.jpg

初めてアロマのやさしさを試用したのは1ヶ月ほど前になりますが、実際にアロマのやさしさで洗ったときの感想を報告したいと思います。まずシャンプー液はアミノ酸シャンプー特有の少しとろみのあるテクスチャー。無色透明ですが、エッセンシャルオイル配合のため少し黄色みがかった感じもします。

ラベンダーオイルが効いていて癒される香りですね。人工香料を使ったようなきつい香りではないので、その点では名前の通りアロマのやさしさを感じることができます。泡立ちはアミノ酸シャンプーとしては良く泡が立つ方だと思います。公式サイトでは2度洗いを推奨していますが、個人的には1度洗いで充分でした。

aromanoyasasisa10.jpg

ただここで注意したいことがあります。それは 推奨どおり2度洗いをした方が良い ということです。多くの人の場合、1度洗いでは泡立ちがあまり良くありません。1度洗いでしっとり泡立ち、2度洗いでもこもこ泡立ちます。それは実際にお客様に使用して分かったことですが、これまで使っていたシャンプーのコーティング剤の影響が始めに出るからです。

なぜ私が1度洗いで泡立ったのかというと、それはコーティング剤など含まない石鹸シャンプーをやっているからです。これまで石鹸シャンプーやノンシリコンシャンプーをやってきた人は、私と同じ様に1度洗いで良く泡立つと思われますが、基本的に2度洗いは必須と考えておいた方が良いでしょう。

aromanoyasasisa12.jpg

そして2度洗いすることで起こりえる「軋み」について。アロマのやさしさを使用していただいているお客様の話では、使い始め3日間くらいは軋みがあったそうで、1週間使っているとだんだん軋みがなくなって洗いやすくなったといいます。これはその前に使っていたシャンプーのコーティング成分が落ちはがれ、本来の自分の髪に戻るときにそのような状態になります。これは難しいとされる石鹸シャンプーが、だんだん髪に馴染んでくるときの状態と非常に似ています。

そうなると本来の髪の美しさが引き出されるのですが、アロマのやさしさを使用しているお客様の髪についてもツヤとサラサラ感が際立つようになっていました。また、頭皮の湿疹についても悩んでおられましたが完全に治っていました。公式サイトの推奨する洗い方をやっていたそうですが、抜け毛も減ったということで、その洗い方にはぜひ注目しておきたいところです。



●公式サイトの推奨する「泡パック」はとてもおすすめ

aromanoyasasisa11.jpg

公式サイトの推奨する洗い方とは、①2度洗いすること ②泡パックすること ③リンスなしで仕上げる ということ。ここで有効だったのは間違いなく②の泡パックすること です。

2度目洗った後、しばらくこのまま放置しますが、放置中に刺激を感じなければ2分間ほど時間をおきます。普通のシャンプーならこういう事はしないほうが良いのですが、アロマのやさしさならそれが可能。良質のアミノ酸成分(ココイルグルタミン酸)には、それ自体に髪に浸透してダメージ部分に吸着する働きがあります。それを利用して2分程度放置の「泡パック」すると、高いトリートメント効果が得られ、さらには頭皮にも栄養を与えられるというわけです。ココイルグルタミン酸の有効性は こちらの記事 で詳しく述べています。

aromanoyasasisa13.jpg

画期的なヘアケア方法といえる「泡パック」ですがとても良いと思います。私は「泡パック」をしてその間は湯船に浸かるようにしていましたが、これをして熱を持たせるとアミノ酸成分や精油の有効成分がさらに良く浸透します。


私は乾燥肌なので、シャンプーを変えると洗浄成分の影響(タンパク質変異など)で頭皮が荒れてしまうことが多いのですが、このシャンプーに関してはそれがまったくありませんでした。バランスの良い精油のブレンドもおそらく効いているのでしょう。また、その精油の香りが良いことからアロマバスのような効果もあるので、心身ともに癒されるというW効果が見込めます。バスタイムがいっそう楽しくなりますので、この方法はぜひおすすめしたいですね。



●アロマのやさしさシャンプーのクチコミ

aromanoyasasisa14.png

累計販売本数は10万本以上というアロマのやさしさなので、これまでに使ったことのある人も割と多いのではないでしょうか。使用者のクチコミもたくさんあるようなので、その中で特に参考になりそうなクチコミを載せておきたいと思います。

aromanokutikomi1.png
aromanokutikomi2.png

美容師が褒めたというクチコミがありました。
aromanokutikomi6.png
aromanokutikomi7.png

美容師が勧めたというクチコミも。
aromanokutikomi8.png
aromanokutikomi4.png
aromanokutikomi5.png

美容師さんから褒められた・勧められた、というクチコミは特に信用できると思います。美容師は髪の質感に敏感なので、変化がみられたときはすぐ気付きます。また、お勧めされたというクチコミはとても良いなと思います。美容師だからといって現場主義でサロンシャンプーをおすすめしていないのは、お客様の髪の健康を思っているからなのかもしれません。

いろんな特徴のあるシャンプーが次々に発売されます。新商品で洗って、その髪の変化をみるのもシャンプー選びの楽しみといえるのですが、髪や頭皮の健康のことを考えるとやはり今回のような労わるシャンプーを勧めたいと思うのです。

これからも自分の髪を楽しみたいというのは誰もが思います。ただそれは 健全な頭皮があってこそ ということを分かっておかないといけません。それがないとしっかりとした髪が育ってくれないのですから。これまで、市販のシャンプーはあまりおすすめしなかったのですが、このシャンプーは使ってみてほしいと思いました。417円で30mlサイズがあるのでそちらで試されてみるのも良いと思います。



↑詳しくは公式サイトで確認してください。


関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

夜分  

ありがとうシャンプー

石鹸シャンプーとアミノ酸シャンプーの良いところを合わせた「ありがとうシャンプー」という評判の良いシャンプーがあるのですが、「アロマのやさしさ」と成分を比較すると髪に良いシャンプーはどちらのシャンプーだと思いますか?

2016/05/16 (Mon) 03:50 | EDIT | REPLY |   

管理人  

No title

夜分様、ご訪問とコメントありがとうございます。

「髪の毛に良い」と限定して考えるならアロマのやさしさだと思います。どちらもアミノ酸洗浄成分(ココイルグルタミンとラウロイルメチルアラニン)という、それぞれの特性でみると、そこまで洗浄力に差がないと思います。ただ髪を美しく健康に見せることについては、エッセンシャルオイル等を豊富に使っているアロマのやさしさの方が明らかに部がある感じです。

ただ、髪ではなく「頭皮」に限定して良いものとするなら少し複雑になってきます。これは使う人の頭皮の状態や質によって意見も変わるのではないでしょうか。例えば、アロマのやさしさは濃厚な成分の配合というところで、皮脂分泌が過剰な脂性の人には難しいと感じるかもしれません。ただその場合、2度洗い&すすぎを徹底することでデメリットは回避できます。

それに対し、ありがとうシャンプーの方はアミノ酸シャンプーでありながら石鹸(ヤシ油脂肪酸)という特性上、脂性という人にはちょうど良い洗浄力・脱脂力だと思います。ただ、石鹸のヤシ油脂肪酸という点で頭皮への刺激がありますし、決して頭皮に良いとはいえないと思います。私は乾燥肌なので、こういった石鹸は避けて、ヤシ油脂肪酸ではなくオリーブオイル石鹸を洗髪に使うようにしています。

ありがとうシャンプーは研究を重ねて作られた素晴らしい製品だと存じております。過去の記事のコメントでも、石鹸シャンプーが難しいときの「慣らし」としてアミノ酸石鹸シャンプーをおすすめしてますが、この製品化はとても難しいのではないかと思います。その点で素晴らしいアミノ酸シャンプーだといえます。

ただ個人的には、アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプーはまったく別物と考えています。それぞれの特徴を明確に感じるためには、それぞれが独立したシャンプーでないと、そのメリットやデメリットがはっきり分からなくなるのです。そこはサロン運用として使用するうえでも、特に大切に思うところなのです。

お店では石鹸のデメリットの部分を考慮して、アロマのやさしさを使用しております。無難に髪・頭皮に良いシャンプーとするなら、やはりアロマのやさしさではないでしょうか。

2016/05/17 (Tue) 16:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク