kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

頭皮を痛めつける薬液


■ パーマ・ヘアカラー・ブリーチをすることによって
  薄毛・抜け毛がおきることがあります。



スポンサードリンク


私のお店ではパーマ・ヘアカラー・ブリーチなどは
基本的におすすめはしていません。
お客さんからの強い要望がない限り、
おこなうことはまずないです。


これらの特殊技術は単価も良く、
営業する上で必要かもしれませんが
育毛・薄毛対策を考える私としては、やはり抵抗があります。


パーマ・ヘアカラー・ブリーチは、
その 薬液によって
髪と頭皮にかなりのダメージ
 を与えます。







● なぜ髪や頭皮を痛めつけるものが、
  昔から受け入れられているのでしょうか?



人には願望があるのはわかります。
綺麗に、格好良くしていたいのは当然なのですが、


そうなるためには
自分の持っている良いもの(体・髪)を壊さないといけません
壊して変形させるということです。


そのためには、

・薬液をつける ・髪をひっぱる ・熱を加える

といったような、
いかにも頭皮に悪影響で薄毛や脱毛が起こってしまう
ようなことをおこなわないといけません。


これらは、パーマ液などの薬液で頭皮・髪に
化学反応をおこさせ、その目的を果たす訳ですが、
これが危ないです
薄毛や脱毛がおこる可能性も十分あります。


こんな怖い話もあります。


以前勤めていたお店で、その薬液による被害を見ました。
お客さんの強い要望で、
パーマ・ブリーチを連続しておこなった わけですが、
前頭部を中心とした広範囲に脱毛が起こりました。


ただでさえ薄毛・脱毛が起こってしまうような、
化学薬品の使用を連続しておこなうことは、やはり怖いものです。






この話は、
お客さんの強い要望によってやむなくおこなった結果の事故です。
保健所からも、
最低一週間の間隔をおくことを指導
されています。


ですが実際のところ、
理美容室のよってはそれが守られていないように思えます。
上に書いたような
パーマ・ヘアカラー・ブリーチの連続使用を
普通に提供しているお店も多くあります。


理美容師はその道のプロなのです。
お客さんの頭皮の健康を第一に守らなければなりません

この業界で生き残るのは安易ではありません。
そのため、営業利益を優先に考えてるお店が多いのも事実です。


ここを観ていただいた人は、
育毛・薄毛対策を望んでいると思います。
その場合、やはり信頼できる理美容室をみつけるのが大切です。


こちらの記事 のように、
信頼できる行きつけの理美容室があれば
皆さんの育毛・薄毛対策に大きな効果が得られると思います。


そうでなければ、パーマ・ヘアカラー・ブリーチなどにおける、
「確かな安全性」があるかを自分で見抜くことが大事です。


信頼していない理美容室の言いなりでは、
大切な頭皮を守れないこともありますので。





私としては 
 ”世の中からパーマ・ヘアカラー・ブリーチなどの
健康を害するようなものは無くなって良い”
 
 とも考えます。


もともと健康だった頭皮や髪を、
薄毛や脱毛の危険にさらしてまですることではないと思ってます。








ランキング参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓↓↓ 
にほんブログ村 病気ブログ 髪の毛の病気へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク