kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

育毛剤を使う、生活を変える、実践でわかった成功法

(2017年1月20日更新)
ササミ3

私は3年前から育毛剤を使い始めました。髪が薄くなる原因と対策を理容師の経験から学んでの決断でしたが、それまで避けていた育毛剤の使用も現在は欠かせないものとして継続しています。このブログではシャンプーや育毛剤の効果など細かく検証していますが、それを何度もやっていると”髪の発育に必要な本当のこと”が少しずつ分かるようになりました。

2016ikumou2.jpg

写真は市販育毛剤のカロヤンプログレです。なぜこういった育毛剤に効果が無いといわれるのか?そう思う人はその理由を模索しなければいけません。体から髪へと栄養を届けるために必要なものは何でしょうか。その根本的なことを理解できれば、選んだ育毛剤は成功だったと喜びを感じられるはずです。

そんな私が強くお伝えしたいのは 育毛剤使用をメインとして考えてはいけない ということ。抜け毛や育毛に悩まれる人は以下の方法を試してみてほしいです。何らかの良い変化を感じられるはずです。

スポンサードリンク


●愛用するDeeper3Dの凄いと思うところ

Deeper3Dを購入、青とピンクに感じる発毛の力3

2017年現在、私が続けている育毛・抜け毛予防に Deeper3D の使用は欠かせません。髪が多く抜けていた2年前、当時とても話題になったチャップアップ(育毛剤)を初めて使いました。専用サプリメントとの相乗効果を感じるようになり、その後はスカルプエッセンスのDeeper3Dへと移行しました。

そんなDeeper3Dは育毛剤というより"スカルプエッセンス"という位置づけになります。医薬品や医薬部外品ではありません。その理由は、これまでの育毛剤に認可されなかった グロースファクター(成長因子)の配合 にあります。

近年の世界最高レベルの毛髪再生医療としてグロースファクター再生療法がありますが、そこで用いられる成長因子を高濃度で配合しています。実は発毛・育毛剤といった医薬品や医薬部外品では、このグロースファクター(成長因子)の配合が認められていません。

sukarupuessennsu1.jpg

グロースファクター再生療法が注目され始めたのは、iPS細胞が注目され始めたここ数年のこと。毛髪再生治療をおこなうクリニックでは、自宅で使う育毛エッセンスとしてDeeper3Dとほぼ同等のものを推奨しています。クリニックで購入すると、とても高価なのですがDeeper3Dなら約1万円ほど安くで購入できる事を知って、それ以来継続して使っています。

なぜDeeper3Dを使い続けるのかというと、やはりプラセンタを含む8種類の成長因子の配合というのは、後にも先にも凄いことだといえるからです。実際に 抜け毛が止まり髪にコシが出てくる など良い反応がみられました。

DSCN0256.jpg

髪の薄くなっている箇所に、Deeper3Dをスポイド塗布することで発毛がみられます。ミノキシジルの3倍の発毛力という触れ込みでしたが、決して嘘ではないようです。はるな愛さんで話題になった「ブラックポムトン」のように産毛が濃くなる感じではなく、割としっかりとした髪の毛の発毛がありました。

あと、よく浸透するところもDeeper3Dの魅力のひとつではないでしょうか。髪に良い有効成分は 頭皮にしっかり浸透しなければ意味が無いもの と私は考えています。他の育毛剤では、そこまで感じなかった浸透力をDeeper3Dではよく感じることができます。Deeper3Dをはじめとした、幾つかのスカルプエッセンス系は高い浸透力が特徴。市販の安価な育毛剤がいかに効果が薄いか、これを使って理解できるようになりました。

■管理人のDeeper3Dレビュー■




●石けんorアミノ酸シャンプー

sreppoGP.jpg

頭皮環境が良い状態にあると抜け毛も減りますし、発毛や育毛もされやすくなります。スカルプエッセンスの有効成分を頭皮によく浸透させる為にもシャンプーへのこだわりは常に持っておきたいものです。市販の安価なシャンプーだと洗浄成分がどうしても強くなってしまい、頭皮を守る常在菌まで殺菌してしまうので、そういったシャンプーは避けます。

私の場合、石鹸シャンプーもしくはアミノ酸シャンプー で洗髪しますが、市販のシャンプーのような頭皮トラブルの心配もなく、健全な頭皮環境に整えてくれています。ちなみに使っている石鹸は"アレッポの石鹸"です。但し、石鹸洗髪についてはアルカリ性という点で体質によって合わないことがあります。なのでここでは参考程度にお考えください。

aromanoyasasisa11.jpg

シャンプーなら アロマのやさしさ が私はいちばん好きです。10年後20年後の髪の将来を本気で考えたとき、使うべきシャンプーは、こういったものを選ぶべきだと思います。



●普段のスカルプケア

aromanoyasasisa13.jpg

シャンプー中もシャンプー後も頭皮のケアをやっています。たまにアミノ酸シャンプーの泡パックを有効活用しています。育毛剤(スカルプエッセンス)を塗布する前にこの泡パックをおこなうと、有効成分の浸透がより高まっているのが感じられました。

シャンプー後は Deeper3D を頭皮に塗布します。入念にマッサージをしますが、首→頭皮の順番で血流を促すようにおこなっています。指でマッサージしても充分なのですが、私はパナソニックの"頭皮エステ"を使っています。

ikumouhou-1.png

血の巡りがよく感じられますし、頭皮が柔らかくなるのが分かります。これらすべてが終わると髪を乾かしますが、そのまま乾かさないで放置していると雑菌が繁殖しやすく、痒みが生じたりして頭皮トラブルを招きかねません。これを避ける為に最後はしっかりと乾かすようにしています。私が使っているドライヤーはパナソニックの"ナノケア"です。

DSCN0284.jpg

スカルプモードで乾かすと頭皮の潤いを保ちながらもしっかり乾かす事ができ、熱で頭皮を傷める事がありません。


●髪に良い食べ物を摂ること

まごわやさしい2

食べ物の欧米化が髪を薄くしているという話をよく聞きます。たしかにそれは有り得ると納得はしていますが、現代の食文化として考えれば、ある程度の受け入れも致し方ないと思っています。大事なのは人それぞれの体に必要な栄養バランスを整えておくことではないでしょうか。

私は髪の健康・体の健康維持を意識した"玄米菜食"が中心になっていますが、そこで摂れる栄養は育毛・抜け毛予防に活かされています。白米ではなく「玄米」、そして「大豆食品」、「根菜類」など抗酸化作用を持つ食べ物が基本です。体を温めると血行が良くなるので「しょうが」をとることもよくあります。

マクロビオティック での正食理論など、食材が持っている性質を理解して摂ると抜け毛も減ります。その辺はブログでたくさん述べているので参考にして下さい。

hoei1.jpg

また最近では大豆プロテインを飲んだりもしていますが、髪の元になるアミノ酸を摂るということを意識しておくと良いでしょう。体内で生成されない必須アミノ酸をプロテインまたはサプリで摂り入れるという感じです。食が細く、髪が弱いという人にはそれが特に有効だと思います。



●血流を促す運動と健康法

s-プラセンタ2

以前の私は数年間ずっと運動などしませんでしたが、育毛剤の効果を感じ始めた辺りから 有酸素運動(自転車)とウエイトトレーニングを始めました。これは有酸素運動が髪に良いということと、自分自身に自信をつける為に行なっています。二度と薄毛になりたくないという思いから始めました。あと、髪に悩まないように、山に登って心を落ち着かせています。


以前は髪が少なくなって自分の容姿に自信が持てない事を繰り返していましたが、今は違います。細かった髪も体も、今では割と太く大きくなったことが自信になっています。ある意味、こういった行動が今の私の育毛・薄毛予防の生命線なのかもしれません。

メンズ用の冷えとり靴下をレビュー、男が選ぶ‘‘カサネラボ‘‘7

そして健康法は 冷えをとること をずっと実践しています。「頭寒足熱」を意識した生活が髪の回復に有効でした。第二の心臓といわれている”足”を温めて血流を促します。これは欠かせません。自律神経のバランスを整えることと、体内を冷やさないこと。これらの努力は、間違いなく髪の回復に繋がっていると感じています。



●育毛剤を使用する上の成功法まとめ

Deeper3Dを購入、青とピンクに感じる発毛の力8

時間は多少かかりますが、以上の方法を確実に実践する事で髪の回復は充分に可能です。ネット上では育毛剤ランキングサイトなどで、育毛剤を使っているだけで髪が生えるといった表現がありますが、それはほとんど有り得ない話だと思っていた方が良いと思います。

ただ、そんななかでもDeeper3Dはちょっと違います。抜け毛が著しく減った今でも使用中。それだけ効果的なのですが、その成分を知れば多くの人が納得するのではないかと思います。ちなみに先日も、新配合というリニューアルがありました。


本当に大切なのは育毛剤をメインに取り入れるのではなく、髪が良く育つ習慣を今の生活に取り入れること。それはブログでずっと訴えてきました。これまでの生活習慣にプラスアルファを加えると、Deeper3Dなどスカルプエッセンスの類はかなり効いてくれます。個人的にもDeeper3Dが欠かせなくなりましたが、抜け毛対策や発毛を考える人にはぜひおすすめしたいと思います。

■Deeper3Dについては公式サイトで確認してください■




関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク